みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

YONEX OPEN JAPAN 2015

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

ロシアオープン2011

ロシアオープン2011
(ロシア ウラジオストク市 2011/6/28-7/3)

【1日目】
 本日はMS1、2回戦、WS1回戦が行われました。今回MSには日本チームはエントリーして
いないので、WSの後藤、栗原、佐藤の3選手の試合が行われました。
栗原選手と佐藤選手は共に対戦相手がロシア選手で危なげない試合で勝利しました。
後藤選手は北京オリンピック3位のインドネシア選手と対戦し1ゲーム目20-15のリードから
追いつかれ苦しい流れになりますがなんとか押し切り、そのままの流れで2-0のストレートで
勝利しました。明日はMS3回戦、WS、MD、XD2回戦まで、WD1回戦が行われます。
今回日本選手はシードになっている選手が多いので上位に入れるよう頑張ります。
       (コーチ:大束 忠司)
【2日目】
 本日はMS3回戦、WS、MD、XD2回戦まで、WD1回戦が行われました。
MDの遠藤・早川組がインドネシア組に1ゲームを取った後、2ゲーム目を取られ、ファイナル
ゲームにもつれる試合を行いますが、最後は攻めきり2-1で勝利しました。それ以外の種目は
順当に勝利し明日の準々決勝に進出しました。今回エントリーした選手は今のところ全員勝ち
上がっており明日の準々決勝を戦います。今日と同じくまた明日も全員勝てるように頑張ります。
       (コーチ:大束 忠司)
【3日目】
 本日は全種目準々決勝が行われました。WSでは後藤選手が北朝鮮の選手に2-0のストレー
トで勝利し、佐藤選手がスイスの選手にファイナルの接戦で勝利しました。栗原選手は中国選手
相手に1ゲーム目は取りますが2,3ゲームとスタミナが切れてしまいミスを連発、逆転されて負け
てしまいました。XDでは池田・潮田組がシンガポール選手に1ゲームを取られてマッチポイントを
握られ危ない状況になりますがそこから逆転しファイナルゲームも取り勝利しました。それ以外の
MD、WDは1ゲーム目は少し競りますが2-0のストレートで勝利し明日の準決勝に進みました。
明日は全種目準決勝が行われます。一つでも多く決勝に残れるように頑張ります。
       (コーチ:大束 忠司)
【4日目】
 本日は全種目準決勝が行われました。WSでは後藤選手、佐藤選手共に中国選手が相手でした
が、両選手ともに中国選手のパワーとスピードについていけず2-0のストレートで敗退してしまい
ました。MDでは佐藤・川前組が1ゲーム目ロシア選手のサービスまわりに対応できず攻め込まれ
てしまいますが接戦をものにし、2ゲーム目は終始リードで取り2-0のストレートで勝利しました。
遠藤・早川組、WDの高橋・松友組は危なげない試合で勝利しました。XDでは池田・潮田組が
中国選手相手に1ゲーム目デュースの苦しい戦いをしますが、それを攻めきり奪うとその流れで
2ゲーム目を奪い2-0のストレートで勝利しました。早川・松友組は1ゲーム目攻撃するショットが
決まり良い流れになりますが、2ゲーム目それを取られだすとミスをしてしまい逆に相手ペースに
なってしまいます。流れを変える事が出来ずファイナルも奪われ敗退してしまいました。
明日は全種目決勝が行われます。日本選手はMD、WD、XDに出場しますが優勝できるよう
頑張ります。
       (コーチ:大束 忠司)
【5日目】
 本日は全種目決勝が行われました。日本選手はMD、WD、XDで決勝を戦いました。MDでは
佐藤・川前組と早川・遠藤組の日本人対決でした。試合は終始低い展開での戦いで序盤から
拮抗した戦いになりますが、1ゲームの後半に佐藤・川前組が抜け出ると集中力が増し2-0の
ストレートで勝利しました。WDでは高橋・松友組がロシア選手相手に1ゲーム序盤リードします
が、後半追いつかれ逆転で1ゲームを奪われてしまいます。それからは相手の流れになりそれを
変える事が出来ず2-0のストレートで敗退してしまいました。XDでは池田・潮田組がロシア選手
と対戦しました。1ゲーム目中盤まで競り合いますが1ゲームを相手に奪われてしまうと崩れて
しまい、立て直す事が出来ず2-0のストレートで敗退してしまいました。3種目で決勝に進みま
したが残念ながら優勝は1つでした。応援してくれた皆様ありがとうございました。
       (コーチ:大束 忠司)
男子ダブルス
2回戦
佐 藤 翔 治
川 前 直 樹
(NTT東日本)
21-10
21-16
Bang Duc Bui
Manh Thang Dao
(ベトナム)
遠 藤 大 由
早 川 賢 一
(日本ユニシス)
21-13
18-21
21- 8
Wijaya Rendra
Rian Sukmawan
(インドネシア)
準々決勝
佐 藤 翔 治
川 前 直 樹
(NTT東日本)
27-25
21-17
Vladimir Ivanov
Ivan Sozonov
(ロシア)
遠 藤 大 由
早 川 賢 一
(日本ユニシス)
21-15
21-15
Vitalij Durkin
Alexandr Nikolaenko
(ロシア)
準決勝
佐 藤 翔 治
川 前 直 樹
(NTT東日本)
23-21
21-18
Fernando Kurniawan
Wifqi Windarto
(インドネシア)
遠 藤 大 由
早 川 賢 一
(日本ユニシス)
22-20
21-17
Andrej Ashmarin
Evgenij Dremin
(ロシア)
決勝
佐 藤 翔 治
川 前 直 樹
(NTT東日本)
21-18
21-17
遠 藤 大 由
早 川 賢 一
(日本ユニシス)
女子シングルス
1回戦
後 藤 愛
(NTT東日本)
22-20
21-17
Maria Kristin Yulianti
(インドネシア)
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-18
21-17
Elena Komendrovskaja
(ロシア)
佐 藤 冴 香
(日本体育大学)
21- 4
21-13
Darina Zhurba
(ロシア)
2回戦
後 藤 愛
(NTT東日本)
21-19
21-14
Evgenia Dimova
(ロシア)
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-16
21-10
Sabrina Jaquet
(スイス)
佐 藤 冴 香
(日本体育大学)
21- 1
21- 6
Alina Artamonova
(ロシア)
準々決勝
後 藤 愛
(NTT東日本)
21- 6
21-11
O Ye Gyong
(北朝鮮)
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-17
8-21
13-21
Xiao Jia Chen
(中国)
佐 藤 冴 香
(日本体育大学)
21-13
13-21
21-18
Jeanine Cicognini
(スイス)
準決勝
後 藤 愛
(NTT東日本)
10-21
10-21
Xiao Jia Chen
(中国)
佐 藤 冴 香
(日本体育大学)
14-21
17-21
Lan Lu
(中国)
女子ダブルス
1回戦
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-13
21- 7
Anastasia Kalinenko
Elena Larchenko
(ロシア)
準々決勝
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-13
21-10
Alina Artamonova
Ekanerina Bolotova
(ロシア)
準決勝
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-18
21-14
Iris Wang
Rena Wang
(アメリカ)
決勝
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
20-22
18-21
Valeri Sorokina
Nina Vislova
(ロシア)
混合ダブルス
1回戦
早 川 賢 一
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-14
21-15
DenisGrachev
Anastasia Chervaykova
(ロシア)
2回戦
池 田 信 太 郎
潮 田 玲 子
(日本ユニシス)
21- 8
21- 9
Iiya Zdanov
Ekanerina Bolotova
(ロシア)
早 川 賢 一
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-16
21-17
Anthony Dumartheray
Sabrina Jaquet
(ロシア)
準々決勝
池 田 信 太 郎
潮 田 玲 子
(日本ユニシス)
13-21
22-20
21-12
Danny Bawa Chrisnanta
Yu Yan Neo Vanessa
(シンガポール)
早 川 賢 一
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-16
21-14
Andrej Ashmarin
Elena Komendrovskaja
(ロシア)
準決勝
池 田 信 太 郎
潮 田 玲 子
(日本ユニシス)
24-22
21-12
Lu Kai
Qianxin Zhong
(中国)
早 川 賢 一
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-15
18-21
10-21
Alexandr Nikolaenko
Valeri Sorokina
(ロシア)
決勝
池 田 信 太 郎
潮 田 玲 子
(日本ユニシス)
18-21
14-21
Alexandr Nikolaenko
Valeri Sorokina
(ロシア)