みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

YONEX OPEN JAPAN 2015

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

スウェーデン国際2012

スウェーデン国際2012
(スウェーデン ストックホルム市 2012/1/19-1/22)

【1回戦】
1ゲーム目、相手選手の力のあるショットに押され前半は競り合うが途中からコートを大きく使い
しっかりと相手を走らせ徐々にリードを広げ危なげなく勝利。
2ゲーム目に入り相手の打つショットに慣れて来たのかしっかりと相手のコートに打ち込む事が出来、
また相手のミスも重なり11-4と大量リードで折り返す。しかしここから開き直った
相手は一気にスピードをあげて攻撃し始め11-8と追いつかれるが、スピードをあげ疲れ始めた相手を
見逃さずここからは、後藤選手がスピードをあげ攻めこみ相手を突き放し危なげなく勝利。
2回戦に駒を進めた。
【2回戦】
1ゲーム目、長身で体格の大きい相手。長身から繰り出されるショットに中々反応出来ず、パワーの
あるクリアーにも押されて8-11と前半を折り返す。ここらか少し相手のショットにも慣れて逆転するが、
シーソーゲームが続き攻撃の手を休めない相手に対して焦ってミスを重ねてしまい最後はスマッシュ
レシーブミスで1ゲームをとられてしまう。
2ゲーム目に入り、後藤選手がしっかりと相手を奥まで追い込み相手をしっかり走らせると相手のミス
も増え終始長いラリーは続いたが、ラリーの主導権をしっかりと握って動いていた後藤選手が終始
リードし危なげなく勝利。
3ゲーム目に入り、相手のミスもあったが後藤選手の決め急いでのミスも重なりシーソーゲームが続く。
終盤戦後藤選手が受け身に入ってしまい、大きいラリーが出来ず、無理に攻撃を仕掛け続けてしまい、
逆にその攻撃を利用されてしまう。大きく相手を奥まで走らせる事が出来ず、痛恨の敗戦となった。
       (コーチ:田井 美幸)
女子シングルス
1回戦
後 藤 愛
(NTT東日本)
21-13
21-12
Nicole Schaller
(スイス)
2回戦
後 藤 愛
(NTT東日本)
20-22
21-13
16-21
Kristina Gavnholt
(チェコ)