第66回 全日本総合選手権大会

12/5(水)の見どころ

男子シングルス

明日から始まる本選、男子シングルスでは1回戦でいきなり佐藤翔治(NTT東日本)と佐々木翔(トナミ運輸)が対戦する。ご存知の通り同級生にして最大のライバル、これまでのバドミントンキャリアで常にハイレベルな争いをしてきた2人が1回戦から会場を盛り上げる。昨年は準決勝で対戦しファイナルゲームで佐々木が勝利しているが、常に何が起こるかわからないこの対戦だけに大きな注目が集まる。

女子シングルス

本日の予選を突破した脇田侑(岐阜トリッキーパンダース)が明日の本選1回戦、世界ジュニアで準優勝した中学3年生の山口茜(勝山南部中)と対戦する。昨年の総合王者である奥原ですら達成できなかった中学生での総合本選での勝利を山口はつかめるのか、大きな注目だ。

男子ダブルス

男子ダブルス明日の注目ペアは井上拓斗/金子祐樹(埼玉栄高校)だ。井上/金子は先月の世界ジュニアでは日本の男子ダブルス初となる準優勝を飾り、世界と戦う次世代ホープ。より世界へ羽ばたいていくために、まずは総合での勝利を1ずつ掴んでいく。

女子ダブルス

女子ダブルスの明日の注目カードは、長谷川由季/星千智(金沢向陽高校)と末綱聡子/前田美順(ルネサス)の一戦だ。今年度インターハイ王者の長谷川/星が、オリンピック2大会連続出場など日本あの女子ダブルスを牽引し続ける末綱/前田を相手にどう立ち向かっていくのか、非常に楽しみだ。