みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

第66回 全日本総合選手権大会

12/6(木)の見どころ

男子シングルス

昨年と同じく2回戦で桃田賢斗(富岡高校)と竹村純(JR北海道)が顔を合わせる。昨年は桃田がファイナルゲームを制して勝ち上がり田児への挑戦権を得たが、今年はどうなるか。世界ジュニア王者の桃田に対して、竹村も今年は全日本社会人を制し、日本リーグも3連勝中と好調をキープしている。次代のエースが相手とはいえ負けられない戦いだ。
他にも上田拓馬と池田雄一(共に日本ユニシス)、武下利一と古財和輝(共にトナミ運輸)といった意地をかけた同チーム対決など、多くの熱戦が期待される。

女子シングルス

中学生として初となる全日本総合での勝利を掴んだ山口茜(勝山南部中)が07年総合王者の今別府香里(パナソニック)と対戦する。先月の世界ジュニアで準優勝、そして昨日の快勝と飛躍を続ける中学3年生の山口茜は、今日もシンデレラストーリーを紡いでいくのか、大きな期待が集まる。

男子ダブルス

今勢いに乗っているペア同士、園田啓吾/嘉村健士(トナミ運輸)と小松崎佑也/竹内宏気(NTT東日本)がぶつかり合う。国際大会で次々と結果を残し、総合優勝を虎視眈々と狙う園田/嘉村はここで立ち止まるわけにはいかない。

女子ダブルス

昨年の総合王者、髙橋礼華/松友美佐紀(日本ユニシス)は阿萬絵里香/土井杏奈(ヨネックス)と対戦する。昨年の総合優勝になったのを皮切りに国際大会でも著しい活躍をつづけ、スーパーシリーズファイナルへの出場も決まっている髙橋/松友がどのような戦いを繰り広げるのか注目だ。

混合ダブルス

小松崎佑也(NTT東日本)/今別府靖代(ヨネックス)が堂本克樹/西川由衣(パナソニック鳥取)と対戦する。入れ替わり、組み換えの激しい混合ダブルスにおいて5年連続総合出場と安定感を誇る堂本/西川に対して今別府は言わずと知れた実力者。試合巧者の熱い戦いが予想される。