みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

アジア選手権2012(グランプリゴールド)

アジア選手権2012(グランプリゴールド)
(中国・青島市 2012/4/17-4/22)

【1日目】
本日は各種目の予選と男子シングルスの1回戦が行われました。
女子シングルスの奥原選手は予選1回戦は不戦勝、予選2回戦ではチャイニーズタイペイ 選手を相手に第1ゲーム終盤こそリードを奪われたものの、逆転してからは危なげない試合運びで勝利して本戦に進みました。男子シングルスの1回戦では上田選手、桃田選手が不戦勝で2回戦に進んだものの、武下選手、和田選手は敗れた。
明日は男子シングルスの2回戦とその他の種目の1回戦が行われます。

(コーチ:舛田圭太)
【2日目】
本日は男子シングルスの2回戦とその他の種目の1回戦が行われました。
男子シングルスの桃田選手はマカオ選手に快勝で3回戦に進みました。女子シングルス の三谷選手はファイナルゲーム14-18からの見事な逆転勝ちで勝利。男子ダブルスの 佐藤・川前ペア、早川・遠藤ペアは快勝、平田・橋本ペアはファイナルゲームの末に勝利 して2回戦に進出。ミックスダブルスの佐藤・松尾ペアも競り勝った。女子ダブルスの3ぺ アは本日試合がなく明日からの登場となります。

(コーチ:舛田圭太)
【3日目】
本日は男子シングルスの3回戦とその他の種目の2回戦が行われました。
男子ダブルスの早川・遠藤ペアは第1ゲーム中盤まで競り合うもののそこから抜け出すと第2ゲームは快勝で勝利。
平田・橋本ペアは第1・2ゲームともに終盤まで競り合うものの最後は抜け出してストレート勝ち。
女子ダブルスの松尾・内藤ペアはストレート勝ちで準々決勝進出を決めました。
明日は各種目の準々決勝が行われます。

(コーチ:舛田圭太)
【4日目】
本日は各種目の準々決勝が行われました。
男子ダブルス早川・遠藤ペアはマレーシアペアと対戦。第1・2ゲームを奪い合い、ファイナルゲームとなります。
ファイナルゲームも1点を争う展開が終盤まで続いたものの勝利しました。
女子ダブルスの松尾・内藤ペアも韓国ペアを相手に第1ゲームゲームポイントを奪われたもののそこから逆転で奪い、第2ゲームは失ったものの、第3ゲームは立て直して準決勝進出を決めました。明日は各種目の準決勝が行われます。

(コーチ:舛田圭太)
【5日目】
本日は各種目の準決勝が行われました。男子ダブルスの早川・遠藤ペアは中国ペアと対戦。
第1ゲーム出足から絶妙な配給に相手の持ち味である、スピードと攻撃を完全に封じ込めます。
その後も終始リードで危なげない試合運びで勝利して決勝進出を決めました。
女子ダブルスの松尾・内藤ペアは中国ペアと対戦。第1ゲームは序盤、第2ゲームは中盤までリードしたものの奪うことができず敗退した。
明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。

(コーチ:舛田圭太)
【6日目】
本日は大会最終日決勝が行われました。
男子ダブルスの早川・遠藤ペアは韓国ペアと対戦。第2ゲーム中盤で追いつき競り合ったものの、終盤で抜け出され0-2で敗退した。
本日をもちまして日本勢すべての試合が終了いたしました。
ご声援ありがとうございました。

(コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
1回戦
武下 利一
(トナミ運輸)
0
13-21
8-21
2
LIN Dan
(中国)
上田 拓馬
(ユニシス)
棄権
×
HIDAYAT Taufik
(インドネシア)
桃田 賢斗
(富岡高校)
棄権
×
ESCUETA Philip Joper
(フィリピン)
和田 周
(日本体育大学)
0
13-21
14-21
2
ALCALA Malvinne Ann Venice
(タイ)
2回戦
上田 拓馬
(ユニシス)
0
16-21
20-22
2
ZHOU Wenlomg
(中国)
桃田 賢斗
(富岡高校)
2
21-7
21-4
0
LAM Chi Man
(マカオ)
3回戦
桃 田 賢 斗
(富岡高校)
10-21
10-21
CHEN Jin
(中国)
女子シングルス
予選
1回戦
奥原 希望
(大宮東高校)
棄権
ALCALA Malvinne Ann Venice
(フィリピン)
予選
2回戦
奥原 希望
(大宮東高校)
21- 17
21-10
HUNG Shih Han
(チャイニーズ  タイペイ)
1回戦
廣瀬 栄理子
(パナソニック)
0
13-21
18-21
2
WANG Yihan
(中国)
後藤 愛
(NTT東日本)
0
18-21
18-21
2
TAI Tzu Ying
(チャイニーズ  タイペイ)
三谷 美菜津
(NTT東日本)
2
21-10
19-21
21-19
1
GU Juan
(シンガポール)
奥原 希望
(大宮東高校)
1
11-21
21-17
19-21
2
HAN Li
(中国)
佐藤 冴香
(日本体育大学)
0
15-21
14-21
2
JINDAPON Nichaon
(タイ)
今別府 香里
(パナソニック)
0
9-21
12-21
2
NEHWAL Saina
(インド)
2回戦
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
18-21
10-21
WANG Shixian
(中国)
男子ダブルス
1回戦
佐藤 翔治
川前 直樹
(NTT東日本)
2
21-11
21-15
0
LEE Chun Hei
WONG Wai Hong
(香港)
早川 賢一
遠藤 大由
(日本ユニシス)
2
21-18
21-14
0
CHOPRA Pranav
DEWALKAR Akshay
(インド)
平田 典靖
橋本 博且
(NTT東日本)
2
21-15
19-21
21-13
1
CHALARDCHALEAM Patipat
PUANGPUAPECH Nipitphon
(タイ)
2回戦
佐 藤 翔 治
川 前 直 樹
(NTT東日本)
13-21
16-21
KIM Ki Jung
KIM Sa Rang
(韓国)
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-17
21-10
LI Gan
LIU Cheng
(中国)
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
21-19
21-17
PRATAMA Annga
SAPUTRA Ryan Agung
(インドネシア)
準々決勝
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-18
16-21
21-18
GOH V Shem
LIM Khim Wah
(マレーシア)
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
17-21
11-21
HONG Wei
SHEN Ye
(中国)
準決勝
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-12
21-17
HONG Wei
SHEN Ye
(中国)
決勝
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
12-21
16-21
KIM Ki Jung
KIM Sa Rang
(韓国)
女子ダブルス
1回戦
末 綱 聡 子
前 田 美 順
(ルネサス)
12-21
21-12
15-21
CHENG Shu
PAN Pan
(中国)
松 尾 静 香
内 藤 真 実
(パナソニック)
21-13
21-16
CHENG Wen Hsing
CHIEN Yu Chin
(チャイニーズ  タイペイ)
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
(ルネサス)
22-24
21-
8
8 -21
BAO Yixin
ZHONG Qianxin
(中国)
2回戦
松 尾 静 香
内 藤 真 実
(パナソニック)
21-13
21-16
CHENG Wen Hsing
CHIEN Yu Chin
(チャイニーズ  タイペイ)
藤 井 瑞 希
垣 岩 令 佳
(ルネサス)
22-24
21-
8
8 -21
BAO Yixin
ZHONG Qianxin
(中国)
準々決勝
松 尾 静 香
内 藤 真 実
(パナソニック)
22-20
13-21
21-15
JUNG Kyung Eun
KIM Ha Na
(韓国)
準決勝
松 尾 静 香
内 藤 真 実
(パナソニック)
16-21
19-21
BAO Yixin
ZHONG Qianxin
(中国)
混合ダブルス
1回戦
佐藤 翔治
松尾 静香
(NTT東日本  パナソニック)
2
22-20
21-18
0
HONG Wei
PAN Pan
(中国)
平田 典靖
前田 美順
(トナミ運輸   ルネサス)
2
21-15
21-16
0
CHOPRA Pranav
SAWANT Prajakta
(インド)
2回戦
佐 藤 翔 治
松 尾 静 香
(NTT東日本  パナソニック)
21-12
21-16
IRFAN Fadhilah
WENI Anggraini
(インドネシア)
平 田 典 靖
前 田 美 順
(トナミ運輸   ルネサス)
11-21
14-21
KANG Ji Wook
EOM Hye Won
(韓国)
準々決勝
佐 藤 翔 治
松 尾 静 香
(NTT東日本  パナソニック)
15-21
13-21
ZHANG Nan
ZHAO Yunlei
(中国)