みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンベトナムオープン2012

バドミントンベトナムオープン2012
(ベトナム ホーチミン市 2012/8/20-8/26)

準優勝の上田 拓馬選手
写真提供:badpal.net
【1日目】
本日より、ベトナムオープン2012が始まり、予選・1回戦目が行われました。
女子シングルス・楠瀬が、初戦としては、良い立ち上がりで、2-0で勝利し、予選・2回戦に進んでいます。
明日は、その予選2回戦が行われます。また、男子シングルス・女子ダブルスの本戦1回戦も行われます。
上位に食い込めるよう、頑張ります。

(コーチ:米倉加奈子)
女子シングルス
予選1回戦
楠 瀬 由 佳
(北都銀行)
21-17
21-16
TAN Wei Han
(シンガポール)
【2日目】
男子シングルス・桃田は、今大会第9シードのタイの選手と対戦し、逆転勝ちしました。
1ゲーム目は、肝心な場面で強打を打たれ、ラリーを切られてしまいましたが、2ゲーム目からは、スピードを上げ、得意のネットショットで有利な展開に持ち込めました。それが、相手の体力を奪うことにつながり、大きな1勝となりました。
同じく男子シングルス・上田も、ネット際のショットが勝り、2回戦へ進出しました。
女子ダブルス・松尾/内藤組も、2回戦に進んでいます。韓国ペアとの対戦でしたが、落ち着いた球回しが良かったです。
明日は、男子シングルス2回戦、女子シングルス1回戦が行われます。

(コーチ:米倉加奈子)
男子シングルス
1回戦
桃 田 賢 斗
(富岡高校)
19-21
21-14
21-17
SAENSOMBOONSUKTanongsak
(タイ)
和 田 周
(日本体育大学)
12-21
19ー21
RAMADHAN Arif
(インドネシア)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21-14
21-9
CHIANG Jiann Shiarng
(マレーシア)
女子シングルス
予選2回戦
楠 瀬 由 佳
(北都銀行)
16-21
21-16
21‐8
VU Thi Trang
(ベトナム)
女子ダブルス
1回戦
松 尾 静 香
内 藤 真 実
(パナソニック)
21‐13
21‐11
CHOI Hye In
KIM So Young
(韓国)
脇 田  侑
江 藤 理 恵
(岐阜トリッキーパンダス)
21-13
21‐9
FU Mingtian
XING Aiying
(シンガポール)
馬 上 愛 実
下﨑 彩
(北都銀行)
21‐12
21‐17
ARTIMA Serithammarak
CHAYANIT Chaladchalam
(タイ)
【3日目】
上記大会・3日目の結果をご報告致します。
今日は、男子シングルス2回戦、女子シングルス1回戦が行われました。
男子シングルス・上田は、相手のイージーミスに助けられ、1ゲーム目をすんなりと先取しましたが、2ゲーム目は、相手の強打に苦戦。しかし、勝負どころでの読みが勝り、3回戦に進みました。
女子シングルス・今別府は、粘る相手に対して、多彩なコースに攻め続け、快勝しました。
同じく女子シングルス・廣瀬は、1ゲーム目から、思うようにラリーを切れず苦戦しましたが、勝負どころは、気迫あるプレーで加点し、初戦を突破しました。
予選から勝ち上がった女子シングルスの楠瀬は、ベテランのタイ選手と対戦しましたが、正確な球回しに崩され、2回戦にはすすめませんでした。
明日は、男子シングルス3回戦、その他の各種目2回戦を行います。
(コーチ:米倉加奈子)
男子シングルス
2回戦
桃 田 賢 斗
(富岡高校)
13-21
21-11
21-7
TAM Chun Hei
(ホンコンチャイナ)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21-16
21-15
RHUSTAVITOShesar Hiren
(インドネシア)
女子シングルス
1回戦
今 別 府 香 里
(パナソニック)
21-19
21‐12
JINDAPON Nichaon
(タイ)
奥 原 希 望
(大宮東高校)
21‐12
21-16
CHEAH Sonia Su Ya
(マレーシア)
廣 瀬 栄 理 子
(パナソニック)
25-23
9-21
21-19
CHEN Hsiao Huan
(チャイニーズタイペイ)
楠 瀬 由 佳
(北都銀行)
19-21
19-21
PONSANA Salakjit
(タイ)
【4日目】
男子シングルス3回戦、女子シングルス、女子ダブルスの2回戦が行われました。
男子シングルス・上田は、相手のドライブショットに苦しみましたが、3ゲーム目、17-17から一気に攻め込み、勝利しました。同じく男子シングルス・桃田は、集中力が欠け、2ゲーム目を落としてしまいましたが、ファイナルゲームでは積極的に攻め、今大会第7シード選手に競り勝ちました。
女子シングルス・奥原は、序盤から積極的に攻め、1ゲーム目を奪いましたが、相手のネット際のショットに苦しめられ、逆転負け。同じく女子シングルス・今別府は、今大会第6シード選手との対戦で、1ゲーム目の競り合いの中、パワーで押し切れたのが良く、3回戦に進みました。
日本人対決となった女子ダブルスでは、馬上/下崎組が、今大会第1シードの内藤/松尾組を破り、ベスト8に進出。ファイナルゲーム17-13と大きくリードされた場面で、粘り強くレシーブできたことが勝因でした。明日は、それぞれの種目の準々決勝が行われます。
(コーチ:米倉加奈子)
男子シングルス
3回戦
桃 田 賢 斗
(富岡高校)
21-17
6-21
24-22
VARMA Sourabh
(インド)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21-14
17-21
21-17
H. S Prannoy
(インド)
女子シングルス
2回戦
今 別 府 香 里
(パナソニック)
23-21
21‐17
KUSUMASTUTI Maria Febe
(インドネシア)
奥 原 希 望
(大宮東高校)
21‐19
15-21
16-21
ONGBUMRUNGPAN Busanan
(タイ)
廣 瀬 栄 理 子
(パナソニック)
21-17
21-18
CHEN Jiayuan
(シンガポール)
女子ダブルス
2回戦
松 尾 静 香
内 藤 真 実
(パナソニック)
21‐14
18‐21
21-23
馬上 愛実
下﨑 彩
(北都銀行)
脇 田 侑
江 藤 理 恵
(岐阜トリッキーパンダ-ス)
21‐6
21‐19
MUNKITAMORN Peeraya
PONSANA Salakjit
(タイ)
【5日目】
(男子シングルス4回戦、女子シングルス、女子ダブルスの3回戦) 男子シングルス・上田は、イメージ通りの展開に持ち込み勝利し、準決勝に進みました。
同じく男子シングルス・桃田は、キレのあるショットで揺さぶることができ、2ゲーム目はリードする場面もありましたが、ラリー戦に持ち込まれ、敗退しました。 女子シングルス廣瀬は、2ゲーム目のコントロールミスが響き、逆転負けしました。
同じく女子シングルス・今別府は、完璧な配球で、20-17で、マッチポイントを握りましたが、決め急ぎのミスをし、ファイナルゲームへ。3ゲーム目も粘り強く動き回りましたが、後半リードを奪うことができず、敗退しました。
女子ダブルス・脇田/江藤は、出だしは、リズム良く攻めていましたが、後半から左右に振られ、1ゲーム目を落とすと、2ゲーム目は、パワーで押し切られ、準決勝には進めませんでした。
明日は、男子シングルス・上田のみとなりましたが、決勝進出できるよう頑張ります。
(コーチ:米倉加奈子)
男子シングルス
準々決勝
桃 田 賢 斗
(富岡高校)
14-21
18-21
Nguyen Tien Minh
(ベトナム)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21-8
21-17
BHAT Arvind
(インド)
女子シングルス
準々決勝
今 別 府 香 里
(パナソニック)
21-18
20‐22
19-21
ONGBUMRUNGPANBusanan
(タイ)
廣 瀬 栄 理 子
(パナソニック)
21-14
10-21
14-21
FANETRI Lindaweni
(インドネシア)
女子ダブルス
準々決勝
馬 上 愛 実
下 﨑 彩
(北都銀行)
14‐21
23‐21
21-23
CHIEN Yu ChinWU Ti Jung
(チャイニーズタイペイ)
脇 田 侑
江 藤 理 恵
(岐阜トリッキーパンダ-ス)
18 ‐21
20‐21
NG Hui Ern NgNG Hui Lin Ng
(マレーシア)
【6日目】
男子シングルス・上田は、今大会第2シードのインドネシア選手に2-0で、勝利しました。。
1ゲーム目の序盤、探り合いの中で、ネットの質で勝った上田が、抜け出し先取すると、2ゲーム目は、すんなりと11-2まで一気にリード。その場面から反撃され、16-16と、 一時は並ばれましたが、迷いなく攻撃を続け、決勝進出を決めました。
明日は、優勝目指して頑張ります。
(コーチ:米倉加奈子)
男子シングルス
準決勝
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21-17
21-16
RUMBAKA Dionysius Hayom
(インドネシア)
【7日目】
上田は、今大会第1シードのベトナム選手(現在世界ランキング14位)と対戦し、0-2で、敗退し、準優勝でした。
ドライブショットを多用した速いペースの試合展開で、1ゲーム目を先取されたので、2ゲーム目からは、我慢のラリーに持ち込みました。調子を掴みかけましたが、決定打をなかなか打てず、一度もリードを奪えずに敗退しました。
悔しさが残る試合でしたが、決勝戦に進めた経験を生かせるよう、今後も頑張ります。ありがとうございました。
(コーチ:米倉加奈子)
男子シングルス
決勝
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
14-21
19-21
NGUYEN Tien Minh
(ベトナム)