みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

韓国オープングランプリゴールド2013

韓国オープングランプリゴールド2013
(韓国 全州市 2013/11/5-11/10)

【1日目】
上記大会 1日目の結果を報告します。
本日から始まりました韓国GPG大会ですが、大会初日の5日は各種目予選とMS本戦1回戦が行われました。
MSでは早稲田大学の古賀が韓国の大学生と試合し1ゲームを奪われ、2ゲームも13-17までリードを許しますが、そこから驚異の粘りを見せ逆転し、続く3ゲームも大接戦の末、勝利し2回戦に駒を進めました。残る武下、西本両選手も順当に勝ち上がりました。
予選が行われましたWSでは野尻野、廣田選手がそれぞれ勝ち抜き明日の本戦に勝ち上がりました。
明日はMS2回戦と残る種目の1回戦が行われます。

(コーチ 中西 洋介)
男子シングルス
1回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-13
24-22
Young Soo JANG
(韓国)
古 賀 輝
(早稲田大学)
18-21
21-18
21-19
Hong Je LEE
(韓国)
西 本 拳 太
(中央大学)
21-12
21-11
Sung Joon CHO
(韓国)
女子シングルス
予選1回戦
野 尻 野 匡 世
(日本ユニシス)
21-17
21-13
Min jin SONG
(韓国)
福 島 由 紀
(ルネサス)
18-21
10-21
Eun Byul KO
(韓国)
廣 田 彩 花
(ルネサス)
21-12
21-18
Se Jin KIM
(韓国)
予選2回戦
野 尻 野 匡 世
(日本ユニシス)
21-12
21-15
Joo I JUN
(韓国)
廣 田 彩 花
(ルネサス)
不戦勝
Hyun Jung KO
(韓国)
【2日目】
上記大会 2日目の結果を報告します。
本日はMS2回戦とその他の種目の1回戦が行われました。
MSでは武下、西本が危なげなく勝利し明日の3回戦に進出しました。
WSでは佐藤、野尻野は自分の持ち味を発揮しストレート勝ちを収めたほか、打田と伊東の両選手も劣勢な試合展開があったものの競り合いをものにし2回戦に駒を進めました。廣田、峰は粘りを見せましたが、惜しくも敗退しました。
またWDでは両ペアとも勝利しました。
明日は各種目ベスト8まで決定いたします。

(コーチ 中西 洋介)
男子シングルス
2回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-10
21-13
Seung Yeop HAN
(韓国)
古 賀 輝
(早稲田大学)
8-21
5-21
Houwei TIAN
(中国)
西 本 拳 太
(中央大学)
21-14
21-12
Misha ZILBERMAN
(ISL)
女子シングルス
1回戦
野 尻 野 匡 世
(日本ユニシス)
21-14
21-12
Chia Hsin LEE
(チャイニーズタイペイ)
打 田 し づ か
(日本ユニシス)
15-21
21-19
21-14
Ye Ji KIM
(韓国)
廣 田 彩 花
(ルネサス)
18-21
10-21
Hera DESI
(インドネシア)
峰 歩 美
(ルネサス)
21-19
17-21
16-21
Hsiao Ma PAI
(チャイニーズタイペイ)
伊 東 可 奈
(ルネサス)
16-21
21-16
21- 8
Soo Jin KIM
(韓国)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-18
21-18
Hsiao Huan CHEN
(チャイニーズタイペイ)
女子ダブルス
1回戦
久 後 あ す み
宮 内 唯
(ルネサス)
21-11
21-13
Maretha Dea GIOVANI
elvira OKLAMONA
(インドネシア)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(ルネサス)
21-10
16-21
21-16
Ga Hee KANG
han Mi KIM
(韓国)
【3日目】
上記大会 3日目の結果を報告します。
本日はMS3回戦とその他の種目の2回戦が行われました。MSでは武下が中国選手と対戦。
1ゲームは20-16とリードしゲームポイントを掴みますが、そこから相手の粘りにあい逆転を許します。2ゲームも接戦を演じますが、盛り返すことは出来ずに敗退しました。
WSでは伊東が 昨日、峰を破った台湾選手と対戦しストレート勝ちを収めチームメイトのリベンジを果たしました。
WDでは久後・宮内ペアは中国ペアに敗れましたが、福島・廣田ペアは快勝しベスト8に進出しました。
明日は各種目、準々決勝が行われます。

(コーチ 中西 洋介)
男子シングルス
3回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-23
17-21
Houwei TIAN
(中国)
西 本 拳 太
(中央大学)
19-21
18-21
Jung Woon HWANG
(韓国)
女子シングルス
2回戦
野 尻 野 匡 世
(日本ユニシス)
15-21
21-23
Bing Jiao HE
(中国)
伊 東 可 奈
(ルネサス)
21-13
23-21
Hsiao Ma PAI
(チャイニーズタイペイ)
打 田 し づ か
(日本ユニシス)
17-21
9-21
Ji Hyun SUNG
(韓国)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
19-21
18-21
Hera DESI
(インドネシア)
女子ダブルス
2回戦
久 後 あ す み
宮 内 唯
(ルネサス)
10-21
14-21
Xia HUAN
uang YAQIONG
(中国)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(ルネサス)
21-18
21-17
Hsiao Huan CHEN
hia Wen LAI
(チャイニーズタイペイ)
【4日目】
上記大会 4日目の結果を報告します。
本日は各種目準々決勝が行われました。
日本からはWSで伊東、WDで福島・廣田がベスト8まで勝ち残りました。
まず伊東は昨日野尻野を破って勝ち上がってきた中国選手と対戦。16歳ながら素晴らしい動きを見せる相手に必死に食らいつくも残念ながらストレートで敗退しました。
続く福島・廣田はシンガポール選手と対戦。1ゲームを接戦で失い嫌な流れになりますが、2ゲームを延長ゲームの末に取り返し1-1。勝負への執念を見せますが、最後は相手に離され15点で敗退しました。
この試合を持ちまして日本選手の全日程が終了いたしました。

(コーチ 中西 洋介)
女子シングルス
準々決勝
伊 東 可 奈
(ルネサス)
10-21
14-21
Bing Jiao HE
(中国)
女子ダブルス
準々決勝
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(ルネサス)
19-21
23-21
15-21
Shinta Mulia SARI
ei YAO
(シンガポール)