みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンニュージーランドオープン2013

バドミントンニュージーランドオープン2013
(ニュージーランド オークランド市 2013/4/10-4/14)

【1日目】
上記大会1日目の結果を報告します。
本日は各種目の予選と男子シングルス本戦1回戦が行われました。男子シングルスでは西本選手が予選
2試合ニュージーランド選手に危なげない試合で勝利し本戦に進みました。
本戦1回戦では武下選手がニュージーランド選手に勝利し2回戦に進みましたが、西本選手は韓国選手と対戦し攻めの良いラリーは出来るものの、先にミスをしてしまうという展開でラリー力に差があり2-0で敗退してしまいました。
男子ダブルスで松居・三浦組が予選を戦い2試合ともニュージーランド組に勝利し本戦に進みました。
明日は男子シングルス2回戦とそれ以外の4種目1回戦が行われます。

(コーチ 大束忠司)
男子シングルス
予選1回戦
西 本 拳 太
(中央大学)
21-10
21-4
0
Daxxon Vong
(ニュージーランド)
予選2回戦
西 本 拳 太
(中央大学)
21-11
21-8
0
Brent MILLER
(ニュージーランド)
1回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-16
21-9
0
Tjitte WEISTRA
(ニュージーランド)
西 本 拳 太
(中央大学)
15-21
13-21
2
Dong Keun LEE
(韓国)
男子ダブルス
予選1回戦
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)

21-12

21-8

0
Dylan HENTON
Brent MILLER

(ニュージーランド)
予選2回戦
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)

21-11

21-15

Jonathan CURTIN
Jie YANG

(ニュージーランド)
【2日目】
上記大会2日目の結果を報告します。
本日は男子シングルス本戦2回戦、それ以外の4種目本戦1回戦が行われました。
男子シングルスでは武下選手がマレーシア選手にスピード、パワーで圧倒し2-0で勝利しました。
女子シングルスでは今別府選手、山口選手、峰選手3人共に危なげない試合で勝利しました。
男子ダブルスでは松居・三浦組、井上・金子組が共にニュージーランドペアと対戦し2-0で勝利しました。
女子ダブルスでは三木・米元組、垣岩・福島組は両ペア共に相手を圧倒し勝利しました。福万・與猶組はタイの選手と対戦し一つ一つ長いラリーになりますが、大きい展開から我慢強く攻める事ができ2-0で勝利しました。本日試合があったメンバーは全員勝利しました。
明日は男子シングルス3回戦と準々決勝、それ以外の4種目は2回戦と準々決勝が行われます。

(コーチ 大束忠司)
男子シングルス
2回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-10
21-8

Kein Hiung CHONG
(マレーシア)

女子シングルス
1回戦
今 別 府 香 里
(ヨネックス)
21-12
21
-15
Chi Ya CHENG
(台北)
山 口 茜
(勝山高校)
21-16
21-11
Tara PILVEN
(オーストラリア)
峰 歩 美
(ルネサス)
21-2
21-11
Anna RANKIN
(ニュージーランド)
男子ダブルス
1回戦
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)
21-15
21-10
Samuel HO
Riga OUD

(ニュージーランド)
金 子 祐 樹
井 上 拓 斗
(日本ユニシス)
21-6
21-18

Kerwyn LEE
Maika PHILLIPS
(ニュージーランド)

女子ダブルス
1回戦
三 木 佑 里 子
米 元 小 春
(北都銀行)
21-8
21-9
Magali BRAVO
(ニューカレドニア)
Kelly STERN

(ニュージーランド)
垣 岩 令 佳
福 島 由 紀
(ルネサス)
21-4
21-5
Kaitlyn MCLEOD
Rayna PHILLIPS

(ニュージーランド)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
21-14
21-18
Pacharakamol ARKORNSAKUL Jongonphan KITTIHARAKUL
(タイ)
【3日目】
上記大会3日目の結果を報告します。
本日は各種目2試合、男子シングルス3回戦、それ以外の4種目2回戦と全種目準々決勝が行われました。
男子シングルスでは武下選手が1回目マレーシア選手に危なげない試合で勝利し、次の準々決勝台北選手
には、出だし相手のスマッシュネットに防戦一方で1ゲーム奪われます。2ゲーム目からはネット前から主導 権を握り相手に攻撃する隙を与えず逆転で勝利し準決勝に進みました。
女子シングルスでは山口選手が1回目第4シードのインドネシア選手に危なげなく勝利し、準々決勝はルネサスの峰選手に2-0で勝利し準決勝に進みました。
男子ダブルスでは松居・三浦組が第8シードのマレーシア組と、井上・金子組が第1シードのインドネシア組と対戦し両ペア共にスピード、パワーについていけず0-2で敗退してしまいました。
女子ダブルスでは福万・與猶組が1回目台北組に前半ミスが多くリードされるも1ゲーム後半からリズムが良くなりそのままの流れで2ゲーム目も奪い2-0で勝利しました。準々決勝第3シードを破って上がってきた中国組と対戦し、長いラリーで良いリズムを作ろうとするのだが、相手のパワー、スピードになかなかラリーが出来ず、最後は攻撃で打ち切られ0-2で敗退してしまいました。
明日は全種目準々決勝が行われます。
男子シングルス、女子シングルス共に決勝進出出来るよう頑張ります。

(コーチ 大束忠司)
男子シングルス
3回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-8
21-13
0
Beryno Jiann Tze WONG
準々決勝
武 下 利 一
(トナミ運輸)
13-21
21-14
21-15
1
Chia-Hsin WAN
女子シングルス
2回戦
今 別 府 香 里
(ヨネックス)
21-15
9-21
15-21
2
Hae Won KANG
山 口 茜
(勝山高校)
21-13
21-18
0
Yeni ASMARANI
峰 歩 美
(ルネサス)
21-15
21-18
0

(Renna SUWARNO)
準々決勝
山 口 茜
(勝山高校)
21-18
21-19
0
峰 歩美
男子ダブルス
2回戦
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)
16-21
18-21
2
Kah Ming CHOOI
Yao Han OW
金 子 祐 樹
井 上 拓 斗
(日本ユニシス)
18-21
17-21
2
Angga PRATAMA
Ryan Agung SAPUTRA
女子ダブルス
2回戦
三 木 佑 里 子
米 元 小 春
(北都銀行)
19-21
9-21
2
Aprilsasi Putri LEJARSAR VARIELLA
Vita MARISSA
垣 岩 令 佳
福 島 由 紀
(ルネサス)
21-15
17-21
18-21
2
Vivian Kah Mun HOO
Khe Wei WOON
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
21-19
21-19
0
Chi Ya CHENG
Ti Jung WU
準々決勝
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
14-21
18-21
2
Dongni OUYuanting TANG
【4日目】
上記大会4日目の結果を報告します。
本日は全種目準決勝が行われました。日本チームで残っているのは男子シングルス武下選手と女子シング
ルス山口選手の二人です。男子シングルスの武下選手は第2シードの台北選手と対戦し、相手が粘りのあ
るプレイヤーということもあり序盤から長いラリーでの展開になります。拮抗したまま1ゲーム後半武下選手が
相手よりも我慢強くラリーをすることができ、23-21の接戦で1ゲーム目を奪います。2ゲーム目は相手のス
タミナが切れてしまい2ゲーム目も奪い2-0で勝利し決勝に進みました。女子シングルスの山口選手は1ゲ
ーム目相手を四隅にしっかり動かしネット前からの攻撃がうまくいき21-16で奪います。2ゲーム目はサー
ブを打ってからの1発目の強打を相手コートに良い返球することができず防戦一方、2ゲーム目を14-21で
奪われます。ファイナルゲームは山口選手がサーブのタイミングを変えることで相手の強打を防ぎ、ラリーに
なってからはスピンヘアピンで相手を崩しそこからの攻撃で優位な展開を作る事ができ、21-18で奪い勝
利し決勝に進みました。明日は全種目決勝が行われます。2種目優勝できるよう頑張ります。

(コーチ 大束忠司)
男子シングルス
準決勝
武 下 利 一
(トナミ運輸)

23-21
21-7

0
Jen Hao HSU
(台北)
女子シングルス
準決勝
山 口 茜
(勝山高校)
21-16
14-21
21-18
1
Xue YAO
(中国)
【5日目】
上記大会5日目の結果を報告します。
本日はニュージーランドグランプリ大会最終日、各種目決勝戦が行われました。
WSでは高校生になったばかりの山口が中国選手と対戦。序盤からスマッシュが主体の攻撃に対応が遅れ
1ゲームを先制されます。2ゲームも6-13までリードを広げられますが、ここからショートサーブに切り替えた作戦が功を奏し逆転でこのゲームを奪い返しました。1-1で迎えた3ゲームも6-2でリードしますが、ここからミスの少ない相手に対し山口が先にミスをしてしまい再逆転されます。終盤も17-20から追い上げる健闘を見せますが、惜しくも敗退しました。
続くMSでは武下が世界ジュニアで準優勝した選手と対戦。コントロール重視のラリーで経験のある武下がリードをする形でゲームが進みます。2ゲームに入りスピードを上げ攻撃をしかけてくる中国選手ペースの展開ではゲームを失いますが、3ゲームは再度自分の展開に持ち込み、価値ある勝利を挙げました。3年前に同大会に続く優勝でした。この試合をもちましてニュージーランド大会におけるすべての日本人選手の試合が終了いたしました。ご声援ありがとうございました。

(コーチ 大束忠司)
男子シングルス
決勝
武 下 利 一
(トナミ運輸)

21-16
16-21
21-17

1
Xue SONG
(中国)
女子シングルス
決勝
山 口 茜
(勝山高校)
1
17-21
21-18
20-22
2
Deng XUAN
(中国)