みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

YONEX OPEN JAPAN 2015

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントン中国オープン

バドミントン中国オープン
(中国 福州市 2014/11/11-11/16)
 
【1日目】
本日は各種目の予選が行われました。
日本チームはミックスダブルスに嘉村・松尾ペアが出場しました。予選1回戦で中国ペアに第1・2ゲームともに相手のペースで試合が進み0-2で敗退した。
明日は各種目の1回戦が行われます。

(コーチ:舛田 圭太)
ミックスダブルス
予選1回戦
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
16-21
4 -21
KANG Jun
LUO Ying
(中国)
【2日目】
本日は各種目の1回戦が行われました。
男子シングルス桃田選手は中国選手に第2ゲーム終盤で逆転勝ち。佐々木選手は第1・2ゲームともに安定した試合運びで終始リードを保ち勝利。
女子シングルス廣瀬選手は第1・2ゲームともに終盤の競り合いを制し、山口選手は第1ゲームの競り合いを奪いともに2-0で勝利しました。
男子ダブルス平田・橋本ペア、早川・遠藤ペアともにファイナルゲーム序盤大きくリードされた場面から逆転すると一気にリードを奪い2回戦に進んだ。
女子ダブルス松尾・内藤ペア、前田・垣岩ペアともに安定した試合運びで快勝し、シードのため試合がなかった髙橋・松友ペアとともに2回戦に進んだ。
明日は各種目の2回戦が行われます

(コーチ:舛田 圭太)
男子シングルス
1回戦
田 児 賢 一
(NTT東日本)
14-21
17-21
GAO Huan
(中国)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
18-21
17-21
WANG Zhengming
(中国)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-13
21-19
GUO Kai
(中国)
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
21-11
21-18
SAENSOMBOONSUK Tanongsak
(タイ)
女子シングルス
1回戦
髙 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
14-21
21-19
17-21
NEHWAL Saina
(インド)
廣 瀬 栄 理 子
(ヨネックス)
22-20
21-18
SHEN Yaying
(中国)
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
10-21
15-21
WANG Yihan
(中国)
山 口 茜
(勝山高校)
21-18
21-10
MAGEE Chioe
(アイルランド)
男子ダブルス
1回戦
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-15
18-21
21-15
HOON Thien How
TAN Boon Heong
(マレーシア)
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-11
19-21
21-23
JONGJIT Maneepong
PHUANGPHUAPET Nipitpohon
(タイ)
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
21-12
16-21
21-16
CWALINA Adam
WACHA Przemyslaw
(ポーランド)
女子ダブルス
1回戦
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
21-13
21-14
OU Dongni
YU Xiaohan
(中国)
前 田 美 順
垣 岩 令 佳
(ルネサス)
21-13
21-18
CHENG Chi Ya
PAI Hsiao Ma
(チャイニーズタイペイ)
ミックスダブルス
1回戦
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
前 田 美 順
(ルネサス)
15-21
11-21
PRAPAKAMOL Sudket
THOUNGTHONGKAM Saralee
(タイ)
早 川 賢 一
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
17-21
21-12
19-21
KANG Jun
LUO Ying
(中国)
【3日目】
本日は各種目の2回戦が行われました。
男子シングルス桃田選手は第6シードの中国選手と対戦。第1ゲームを逆転で奪い、第3ゲームは18-19から見事な逆転勝ちで勝利。
佐々木選手は第1ゲーム終盤で何度もゲームポイントを奪いながらも奪い切れず、第2ゲームも13-17と引き離されてからの大逆転勝ちで79分の大激戦を制しました。
女子シングルス山口選手は第2シードの中国選手を第1・2ゲームともに相手を寄せ付けず快勝で
金星を挙げました。
男子ダブルス早川・遠藤ペアは先月のデンマークオープン優勝ペアに第1ゲームを奪われたものの、第2・3ゲームは攻守ともに完璧なプレーで勝利。平田・橋本ペアは中国ペアに第2ゲームの競り合いを抜け出して準々決勝進出となりました。
女子ダブルス前田・垣岩ペアは韓国ペアに第1・2ゲームともに中盤から抜け出し、髙橋・松友ペアはストレート勝ちながら69分の激戦を制しました。
明日は各種目のが行われます

(コーチ:舛田 圭太)
男子シングルス
2回戦
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-19
17-21
21-19
WANG Zhengming
(中国)
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
24-26
23-21
21- 6
CHONG Wei Feng
(マレーシア)
女子シングルス
2回戦
廣 瀬 栄 理 子
(ヨネックス)
14-21
14-21
LIU Xin
(中国)
山 口 茜
(勝山高校)
21-14
21-10
WANG Shixian
(中国)
男子ダブルス
2回戦
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
14-21
21-16
21-12
FU Haifeng
ZHANG Nan
(中国)
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
21-14
21-19
LI Junhui
LIU Yuchen
(中国)
女子ダブルス
2回戦
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
21-11
18-21
14-21
PEDERSEN Christinna
JUHL Kamilla Rytter
(デンマーク)
前 田 美 順
垣 岩 令 佳
(ルネサス)
21-15
21-17
GO Ah Ra
KIM So Yeong
(韓国)
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
23-21
21-18
EOM Hye Won
JUNG Kyung Eun
(韓国)
【4日目】
本日は各種目の準々決勝が行われました。
女子シングルス山口選手は中国選手と同世代対決となりました。第1・2ゲームともに安定した試合運びでリードを奪い見事ストレート勝ちで準決勝進出を決めました。
女子ダブルスでは日本対決の前田・垣岩ペア対髙橋・松友ペアの対戦はファイナルゲーム96分の大激戦の末に髙橋・松友ペアが勝利しました。
明日は各種目の準決勝が行われます。

(コーチ:舛田 圭太)
男子シングルス
準々決勝
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
17-21
21-23
SRIKANTH K
(インド)
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
18-21
24-26
LIN Dan
(中国)
女子シングルス
準々決勝
山 口 茜
(勝山高校)
21-18
21-14
SUN Yu
(中国)
男子ダブルス
準々決勝
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
19-21
21-14
19-21
LEE Sheng Mu
TSAI Chia Hsin
(チャイニーズ  タイペイ)
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
21-15
23-25
24-26
CHAI Biao
HONG Wei
(中国)
女子ダブルス
準々決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
19-21
21-15
21-15
前田 美順
垣岩 令佳
(ルネサス)
【5日目】
本日は各種目の準決勝が行われました。
女子シングルス山口選手は第5シードの韓国選手と対戦。第1ゲームは序盤からスピードを上げてリズムよく攻め込みこのゲームを奪います。第2ゲームに入っても展開は変わらず中盤まで有利に試合を進めます。しかし、ここから韓国選手も四隅をついた配球で山口選手のミスを誘い17-14から17-17に追い付かれます。そこからは1点を奪い合う展開となり19-20とゲームポイントを奪われたものの、20-20に追い付くと、21、22、23とマッチポイントを奪い24点目でようやく1点をもぎ取り25-23で勝利しました。アジア大会で敗れていた相手にリベンジしての決勝進出となりました。明日の決勝は第6シードのインド選手と対戦します。
女子ダブルス髙橋・松友ペアは第2シードで今年の世界選手権優勝ペアに第1・2ゲームともにテンポよくスピードで攻め込まれ敗退した。
明日は大会最終日各種目の決勝が行われます。

(コーチ:舛田 圭太)
女子シングルス
準決勝
山 口 茜
(勝山高校)
21-10
25-23
BAE Yeon Ju
(韓国)
女子ダブルス
準決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
15-21
16-21
TIAN Qing
ZHAO Yunlei
(中国)
【5日目】
「中国オープンスーパーシリーズ2014」大会6日目の試合結果をご報告いたします。
本日は各種目の決勝が行われました。
女子シングルス山口選手は、第6シードのインド選手と対戦。
第1ゲームは、序盤7-8と競りながらもバックアウトなどコントロールミスが多くなり、一気に7-15と大きくリードされてしまいます。このゲームは12本で奪われます。
第2ゲームに入り、徐々に山口選手の動きも良くなり、13-9と今度はリードをします。その後、またミスが多くなり、14-14と追いつかれます。しかし、気持ちをうまく切り替え、20-20となります。しかしながら、最後は山口選手のショットがバックアウトになり、20-22で敗退致しました。
本日の試合をもちまして本大会、すべての試合が終了致しました。
ご声援ありがとうございました。

(コーチ:舛田 圭太)
女子シングルス
準決勝
山 口 茜
(勝山高校)
12-21
20-22
SAINA Nehwal
(インド)