みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

BWFワールドスーパーシリーズファイナルズ2014

BWFワールドスーパーシリーズファイナルズ2014
(ドバイ首長国 ドバイ市 2014/12/17-12/21)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 

女子ダブルス 髙橋・松友組 優勝!!        女子シングルス 山口選手 3位

 

男子ダブルス 早川・遠藤組 3位                      



予選リーグ組合せ


ドロー

【1日目】
本日は各種目予選リーグ第1戦が行われました。
女子シングルス山口選手は世界ランキング3位の中国選手と対戦。第1ゲームからスピードを上げて中盤から抜け出しこのゲームを奪います。第2ゲームは終盤の競り合いから奪われますが、第3ゲームは中盤から抜け出し連続ポイントで有利に試合を進めて見事勝利しました。
男子ダブルス早川・遠藤ペアは世界ランキング8位の中国ペアを寄せ付けず快勝。
女子ダブルス髙橋・松友ペアは世界ランキング3位のデンマークペアに第1ゲームを奪われたものの、第2・3ゲームは冷静な試合運びで立て直し勝利。前田・垣岩ペアはアジア大会金メダルで世界ランキング9位のインドネシアペアと対戦。第1ゲーム序盤から長いラリーの連続になり、このゲームを奪われます。第2ゲームも終盤の競り合いから抜け出せれ18-20とマッチポイントを奪われたものの追い付き逆転で奪い返します。第3ゲームは6-8とリードされた場面でインドネシア選手の足が痙攣し、試合を続ける事ができず棄権。この時点で93分経過していた。
男子シングルス田児選手、桃田選手は残念ながら敗れた。
明日は各種目の予選リーグ第2戦が行われます。

(コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
予選リーグ
1回戦
田 児 賢 一
(NTT東日本)
11-21
14-21
CHEN Long
(中国)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-15
16-21
10-21
SRIKANTH K
(インド)
女子シングルス
予選リーグ
1回戦
山 口 茜
(勝山高校)
21-16
17-21
21-15
WANG Yihan
(中国)
男子ダブルス
予選リーグ
1回戦
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21- 7
21-12
LIU Xiaolong
QIU Zhian
(中国)
女子ダブルス
予選リーグ
1回戦
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
14-21
21-16
21- 9
PEDERSEN Christinna
JUHL RYTTER Kamilla
(デンマーク)
前 田 美 順
垣 岩 令 佳
(ルネサス)
18-21
22-20
6 - 8
×
MAHESWAN Nitya Krishinda POLIII Greysia
(インドネシア)
【2日目】
本日は各種目予選リーグ第2戦が行われました。
男子シングルス田児選手は第4シードの韓国選手と対戦。第1ゲームを奪い、第2ゲームリードした場面で相手選手が棄権となった。韓国選手の棄権のため、韓国選手の試合はすべて無効となり勝敗はつかなかった。桃田選手は世界ランキング3位のデンマーク選手と対戦。第1ゲームを競り負けたものの、第2・3ゲームは我慢強いプレーで奪い取り勝利1勝1敗とした。
女子シングルス山口選手は世界ランキング6位のタイ選手と対戦。第1ゲームを奪い、第2ゲームも中盤まで大きくリードしたものの逆転で奪われます。第3ゲームは序盤から抜け出し見事勝利。昨日、勝利した中国選手が本日、途中棄権したため昨日の試合は無効となったものの、今日の勝利でタイ選手が2敗となり、上位2選手が進出できる準決勝進出が確定した。
男子ダブルス早川・遠藤ペアは世界ランキング2位のデンマークペアに第1ゲームを奪い、第2ゲームも終盤まで大きくリードして追い込んだものの敗退して1勝1敗となった。
女子ダブルス髙橋・松友ペアは韓国ペアと対戦。ファイナルゲームの末に勝利し、2勝目を上げて上位2ペアが進出できる準決勝進出を決めた。前田・垣岩ペアは世界ランキング3位の中国ペアに敗れ0勝1敗となった(昨日のインドネシアペアとの対戦は相手ペアの棄権のため無効) 。
明日は各種目の予選リーグ第3戦が行われます。

(コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
予選リーグ
2回戦
田 児 賢 一
(NTT東日本)
21- 9
11-3
棄権
×
SON Wan Ho
(韓国)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
20-22
21-18
21-12
JORGENSEN O Jan
(デンマーク)
女子シングルス
予選リーグ
2回戦
山 口 茜
(勝山高校)
21-15
16-21
21-12
INTANON Ratchanok
(タイ)
男子ダブルス
予選リーグ
2回戦
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-16
19-21
16-21
BOE Mathias
MOGENSEN Carsten
(デンマーク)
女子ダブルス
予選リーグ
2回戦
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-15
13-21
21-12
JUNG Kyung Eun
KIM Ha Na
(韓国)
前 田 美 順
垣 岩 令 佳
(ルネサス)
13-21
14-21
LUO Ying
LUO Yu
(中国)
【3日目】
本日は各種目予選リーグ第3戦が行われました。
女子シングルス山口選手は世界ランキング9位のタイペイ選手と対戦。第1ゲームを奪われたものの、第2ゲームは中盤で追い上げられたものの奪い返します。第3ゲームは中盤まで引き離されたものの、そこから追い付き逆転勝利となった。この結果、山口選手はリーグを2勝0敗の1位で準決勝に進出した。
男子ダブルス早川・遠藤ペアは先月の中国オープンで敗れていた世界ランキング4位のタイペイペアと対戦。第1・2ゲームともに完璧なディフェンスで相手の攻撃を封じ込め有利に試合を進めて見事勝利した。この結果、リーグを2勝1敗の2位で準決勝に進出した。
女子ダブルス髙橋・松友ペアは世界ランキング10位の韓国ペアと対戦。第1ゲーム序盤から相手の堅いディフェンスになかなか決まらず奪われると、第2ゲームも終盤の競り合いを奪い取る事ができず敗退した。しかし、リーグは2勝1敗で韓国ペアと並んだものの、直接対決で勝利していたため1位で準決勝進出を決めました。
男子シングルス桃田選手は世界ランキング8位のインドネシア選手と対戦。第1ゲームの競り合いを奪い取り、第2ゲームは奪われます。しかし、第3ゲームは中盤から抜け出し勝利した。リーグでは2勝1敗としたものの、2勝1敗で3選手が並びセット率で敗れ3位となり、準決勝進出はならなかった。
男子シングルス田児選手は世界ランキング11位のデンマーク選手に敗れ、リーグ0勝2敗で3位となり、女子ダブルス前田・垣岩ペア世界ランキング1位の中国ペアに敗れ、リーグ0勝2敗で3位となり、準決勝進出はなりませんでした。
明日は各種目の準決勝が行われます。

(コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
予選リーグ
3回戦
田 児 賢 一
(NTT東日本)
19-21
16-21
VITTINGHUS Hans-Kristian
(デンマーク)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
23-21
7-21
21-15
SUGIARTO Timmy
(インドネシア)
女子シングルス
予選リーグ
3回戦
山 口 茜
(勝山高校)
19-21
21-14
21-17
TAI Tzu Ying
(チャイニーズタイペイ)
男子ダブルス
予選リーグ
3回戦
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21- 8
21-14
LEE Sheng Mu
TSAI Chia Hsin
(チャイニーズ  タイペイ)
女子ダブルス
予選リーグ
3回戦
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
19-21
21-23
CHANG Ye Na
KIM So Yeong
(韓国)
前 田 美 順
垣 岩 令 佳
(ルネサス)
14-21
11-21
TIAN Qing
ZHAO Yunlei
(中国)
【4日目】
本日は各種目の準決勝が行われました。
女子ダブルス髙橋・松友ペアはB組2位で準決勝に進出した世界ランキング3位の中国ペアと対戦。第1ゲームから長いラリーの連続となったもののこのゲームを奪います。第2ゲームは相手のペースで試合が進み奪われます。しかし、第3ゲームは序盤から我慢強いラリーでリードを保ち、中盤から抜け出して見事勝利。96分の大激戦に加え、142ラリーを含む長いラリー戦を制して決勝に進出した。
女子シングルス山口選手はA組1位で準決勝進出した世界ランキング5位の韓国選手と対戦。連戦の疲れからか出足から思うように動く事ができず、本来のプレーができないままゲームが進み残念ながら敗退した。
男子ダブルス早川・遠藤ペアはA組1位で準決勝進出した世界ランキング7位の中国ペアと対戦。第1ゲーム序盤から大きくリードし、終盤で追い上げられたもののこのゲームを奪います。しかし、第2・3ゲームは中国ペアの完璧な試合運びになかなか得点に結び付けず敗退した。
明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。

(コーチ:舛田圭太)
女子シングルス
準決勝
山 口 茜
(勝山高校)
13-21
13-21
SUNG Ji Hyun
(韓国)
男子ダブルス
準決勝
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-18
15-21
12-21
CHAI Biao
HONG Wei
(中国)
女子ダブルス
準決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-14
13-21
21-14
LUO Ying
LUO Yu
(中国)
【5日目】
本日は大会最終日、各種目の決勝が行われました。
女子ダブルス髙橋・松友ペアは第1シードの中国ペアと対戦しました。
第1ゲーム序盤から抜け出しリードを奪いますが、中盤で追い付かれます。しかし、リードされる事なく連続ポイントで抜け出しこのゲームを奪います。
第2ゲーム序盤はお互い得点を奪い合い10-11でインターバルを迎えます。インターバル後の11-11に追い付くと一気に得点を重ね20-12と大きく引き離し、最後は21-14で見事優勝を果たした。
髙橋・松友ペアは1次リーグで世界ランキング4位のデンマークペア、準決勝で世界ランキング3位の中国ペア、決勝で世界ランキング1位の中国ペアと世界ランキング上位ペアをすべて破っての完全優勝となった。
本日の試合を持ちまして本大会すべての試合が終了致しました。
ご声援ありがとうございました。

(コーチ:舛田圭太)
女子ダブルス
決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-17
21-14
TIAN Qing
ZHAO Yunlei
(中国)