みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンインドオープン2014

バドミントンインドオープン2014
(インド ニューデリー市 2014/4/1-4/6)
 
【1日目】
「インドオープンスーパーシリーズ2014」大会1日目の試合結果をご報告いたします。
本日は各種目の予選が行われました。
ミックスダブルス嘉村・新玉ペアは昨日のマネージャーミーティングでリザーブから予選に繰り上がりました。
予選1回戦、予選2回戦ともにインドペアを寄せ付けず快勝で本戦進出となりました。
明日は各種目の1回戦が行われます。
(コーチ:舛田圭太)
混合ダブルス
予選1回戦
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
新 玉 美 郷
(NTT東日本)
21-13
21-15
KUMAR B Kiran
HASINI R Santoshi
(インド)
予選2回戦
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
新 玉 美 郷
(NTT東日本)
21-12
21-15
SANYAL Jishnu
GUTTA Jwala
(インド)
【2日目】
「インドオープンスーパーシリーズ2014」大会2日目の試合結果をご報告いたします。
本日は各種目の1回戦が行われました。
男子シングルス佐々木選手はマレーシア選手に大激戦の末に、上田選手はインド選手を第2ゲーム逆転で勝利。
女子シングルス打田選手はファイナルゲームの末に、三谷選手、高橋選手は危なげない試合運びでそれぞれインド選手に勝利。男子ダブルス早川・遠藤ペアはインドペアに第1ゲームは奪われたものの、第2・3ゲームは落ち着いて奪い返し、平田・橋本ペアはインドペアに快勝。園田・嘉村ペアは相手ペアの棄権で勝利。
女子ダブルス前田・垣岩ペア、樽野・新玉ペア、高橋・松友ペアも快勝で勝ち上がった。明日は各種目の2回戦が行われます。
(コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
1回戦
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
21-12
15-21
21-19
CHONG Wei Feng
(マレーシア)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21-18
21-18
SRIKANTH K
(インド)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
19-21
14-21
VITTINGHUS Hans Kristian
(デンマーク)
女子シングルス
1回戦
廣 瀬 栄 理 子
(ヨネックス)
13-21
10-21
LI Xuerui
(中国)
打 田 し づ か
(日本ユニシス)
21-18
17-21
21-18
THULASI P C
(インド)
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
21-16
21- 8
RANE Saili
(インド)
髙 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
21-12
21-12
PANTAWANE Arundhati
(インド)
男子ダブルス
1回戦
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
15-21
21-11
21-13
CHOPRA Pranaav Jerry
DEWALKAR Akshay
(インド)
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
21-13
21-12
K T Rupesh kumar
THOMAS Sanave
(インド)
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
棄権
×
LATIF Mohd Zakry Abdul TAZARI Mohd Fairuzizuan Mohd
(マレーシア)
女子ダブルス
1回戦
前 田 美 順
垣 岩 令 佳
(ルネサス)
21-11
21-16
GHORPADE Sanyogita
K Maneesha
(インド)
樽 野 恵
新 玉 美 郷
(NTT東日本)
21-14
21-16
SAENGCHOTE Natcha
SUWANNAKITBORIHAN Sarita
(タイ)
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21- 4
21- 2
DAHIYA Teenu
SINGH Meenu
(インド)
混合ダブルス
1回戦
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
新 玉 美 郷
(NTT東日本)
24-26
18-21
JORDAN Praveen
SUSANTO Debby
(インドネシア)
早 川 賢 一
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
15-21
21-
8
21-23
CHAN Peng Soon
LAI Pei Jing
(マレーシア)
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
前 田 美 順
(ルネサス)
13-21
9 -21
AHMAD Tontowi
NATSIR Liliyana
(インドネシア)
【3日目】
「インドオープンスーパーシリーズ2014」大会3日目の試合結果をご報告いたします。
本日は各種目の2回戦が行われました。
男子シングルス上田選手は第8シードで3月の全英OP3位の韓国選手と対戦。第1ゲームを奪われ、第2ゲームは3-9、第3ゲーム13-18からの大逆転で勝利。
男子ダブルス早川・遠藤ペアはインドネシアペアに、平田・橋本ペアは中国ペアにそれぞれ第3ゲーム中盤から抜け出し勝利。
この結果、明日の準々決勝はこの両ペアが対戦する事になりました。
女子ダブルス高橋・松友ペアは韓国ペアに第1ゲーム序盤こそ攻め込まれリードされたものの、第2ゲームの競り合いもしっかり奪い準々決勝進出を決めました。明日は各種目の準々決勝が行われます。
(コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
2回戦
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
19-21
17-21
DU Pengyu
(中国)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
12-21
21-15
21-19
SON Wan Ho
(韓国)
女子シングルス
2回戦
打 田 し づ か
(日本ユニシス)
8 -21
21-13
12-21
WANG Yihan
(中国)
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
17-21
15-21
SUNG Ji Hyun
(韓国)
髙 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
17-21
22-20
12-21
WANG Shixian
(中国)
男子ダブルス
2回戦
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-15
17-21
21-16
ARYA PANKARYANIRA Wahyu Nayaka YUSUF Ade
(インドネシア)
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
21-15
18-21
21-15
KANG Jun
LIU Cheng
(中国)
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
13-21
22-20
19-21
CHEN Hung Ling
LU Chia Pin
(チャイニーズ  タイペイ)
女子ダブルス
2回戦
前 田 美 順
垣 岩 令 佳
(ルネサス)
18-21
15-21
CHENG Wen Hsing
HSIEH Pei Chen
(チャイニーズ  タイペイ)
樽 野 恵
新 玉 美 郷
(NTT東日本)
22-20
10-21
18-21
TANG Yuanting
YU Yang
(中国)
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-15
21-19
LEE So Hee
SHIN Seung Chan
(韓国)
【4日目】
「インドオープンスーパーシリーズ2014」大会4日目の試合結果をご報告いたします。
本日は各種目の準々決勝が行われました。
日本対決となった男子ダブルスでは第1ゲームを早川・遠藤ペアが奪ったものの、第2ゲームは平田・橋本ペアが中盤から終盤で大きく引き離し、追い付かれたもののこのゲームを奪い返します。第3ゲームは序盤で平田・橋本ペアがリードしたものの早川・遠藤ペアが追い付くと、終盤で競り合ったもののリードを続けた早川・遠藤ペアが勝利しました。
男子シングルス上田選手はシードのデンマーク選手に前日の激戦での疲れが見えたか本来の動きができず敗退。
女子ダブルス高橋・松友ペアは中国ペアに第1・2ゲームともに中盤から離され追いかける展開が続き敗退した。
明日は各種目の準決勝が行われます。
(コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
準々決勝
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
11-21
13-21
JORGENSEN O Jan
(デンマーク)
男子ダブルス
準々決勝
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-15
23-21
21-18
平田 典靖
橋本 博且
(トナミ運輸)
女子ダブルス
準々決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
13-21
18-21
MA Jin
WANG Xiaoli
(中国)
【5日目】
「インドオープンスーパーシリーズ2014」大会5日目の試合結果をご報告いたします。
本日は各種目の準決勝が行われました。
男子ダブルス早川・遠藤ペアは第3シードの中国ペアと対戦。
第1ゲーム序盤から抜け出し、中盤でも連続ポイントで18-12と大きくリードしたもののそこから連続失点で追い付かれ逆転でこのゲームを奪われます。
第2ゲームも序盤からリードを奪い、中盤では12-6と大きくリードしたものの、12-12に追い付かれ逆転されると、追いかける展開が続き残念ながら敗退した。
本日の試合をもちまして日本勢すべての試合が終了致しました。
ご声援ありがとうございました。
(コーチ:舛田圭太)
男子ダブルス
準決勝
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
19-21
19-21
LIU Ziaolong
QIU Zihan
(中国)