みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントン韓国オープングランプリ2014

バドミントン韓国オープングランプリ2014
(韓国 全州市 2014/11/4-11/9)
 
【1日目】
上記大会1日目の結果を報告します。
大会初日の本日は各種目予選が行われました。
MDでは日本体育大学の島田・竹内ペアが予選から戦い長身を生かした攻撃力で勝り二試合を勝ち抜きました。
またWDではルネサスの福万・與猶ペアが、危なげないラリー展開を見せこちらも予選突破を果たしました。
明日は各種目本戦が行われベスト16まで出揃います。
上位進出をめざし全力で頑張ります。

(コーチ:中西 洋介)
男子ダブルス
予選1回戦
島 田 大 輝
竹 内 義 憲
(日本体育大学)
21-19
21-12
CHO Sung Joon
KO Gyung Bo
(韓国)
予選2回戦
島 田 大 輝
竹 内 義 憲
(日本体育大学)
21-17
21-19
KIM Seung Pyo
RA Min Young
(韓国)
女子ダブルス
予選1回戦
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
21- 6
21- 7
LIM Hye Bin
LIM Soo Bin
(韓国)
予選2回戦
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
21-12
21- 6
SUNG Shuo Yun
YU Chien Hui
(チャイニーズタイペイ)
【2日目】
上記大会 2日目の結果を報告します。
本日はベスト16まで行われました。MSでは武下、西本が3ゲームに及ぶ接戦を勝ち抜き3回戦まで
進出しました。またWSでは出場全選手がすべての試合で1ゲームも落とさず1回戦を勝ち明日の2
回戦に駒を進めました。MDでは日本体育大学の島田・竹内ペアが予選からの快進撃で本日も勝
ちました。WDでは久後・宮内ペア、福島・廣田ぺアは順当に勝利。福万・與猶ペアもシード選手
相手に素晴らしい内容の試合を見せ勝ち上がりました。最後にXDでは数野・宮内ペアが第一シー
ドの韓国ペアをストレートで破る大金星をあげ明日に勝ち進みました。
明日はベスト8まで行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
1回戦
下 農 走
(柏原高校)
21-19
21-14
HAN Seung Yeop
(韓国)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
21-14
21-12
LAI Yu Hua
(チャイニーズタイペイ)
武 下 利 一
(トナミ運輸)
17-21
21-15
21-15
SON Seong Hyun
(韓国)
西 本 拳 太
(中央大学)
21-11
17-21
21-19
LEE Jun Su
(韓国)
2回戦
下 農 走
(柏原高校)
9-21
10-21
WANG Tzu Wei
(チャイニーズタイペイ)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
21-15
21-16
HEO Kwang Hee
(韓国)
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21- 4
21-12
LIU Shinan
(オーストラリア)
西 本 拳 太
(中央大学)
21-18
21-17
SEO Seung Jae
(韓国)
女子シングルス
1回戦
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-11
21- 9
LIM Yin Fun
(マレーシア)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-11
21-13
ROVITA Ana
(インドネシア)
今 別 府 香 里
(ヨネックス)
21-13
21- 8
YANG Ran Sun
(韓国)
打 田 し づ か
(日本ユニシス)
21-14
21-10
LIM Chiew Sien
(マレーシア)
大 堀 彩
(富岡高校)
21-16
21-12
SUNG Shuo Yun
(チャイニーズタイペイ)
峰 歩 美
(ルネサス)
21-14
21-16
PAI Hsiao Ma
(チャイニーズタイペイ)
伊 東 可 奈
(ルネサス)
24-22
24-22
LEE Min Ji
(韓国)
男子ダブルス
1回戦
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-11
21-15
HAN Seung Yeop
LEE Jae Woo
(韓国)
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
10-21
21-17
18-21
CHUNG Eui Seok
LEE Sang Joon
(韓国)
佐 伯 祐 行
垰 畑 亮 太
(日本ユニシス)
21-13
21-15
KIM Dong Joo
KIM Sung Hyo
(韓国)
島 田 大 輝
竹 内 義 憲
(日本体育大学)
21-19
20-22
21-18
KIM Jun Soo
KIM Kyung Tae
(韓国)
女子ダブルス
1回戦
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(ルネサス)
21- 8
21- 9
HONG Hee Yang
KIM Cho Hee
(韓国)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
21-13
21-14
ANDINI Suci Rizky
NURAIDAH Tiara Rosalia
(インドネシア)
宮 内 唯
久 後 あ す み
(ルネサス)
21-10
21-13
CHAYANIT Chaladchalam
SAENGCHOTE Natcha
(タイ)
ミックスダブルス
1回戦
数 野 健 太
(日本ユニシス)
宮 内 唯
(ルネサス)
21-18
22-20
KO Sung Hyun
KIM Ha Na
(韓国)
井 上 拓 斗
(日本ユニシス)
福 島 由 紀
(ルネサス)
17-21
9-21
YOO Yeon Seong
Eom Hye Won
(韓国)
【3日目】
上記大会 3日目の結果を報告します。
本日は各種目ベスト8まで行われました。
MSでは日本人対決となった試合は坂井が攻撃力に勝り逆転で勝利しました。
WSでは今別府、佐藤は危なげなく勝ち上がりました。また日本人対決となった大堀対峰、伊東対打田の試合は、峰と伊東が意地を見せ勝利をあげました。
女子シングルスでは、奥原を含めベスト8に5人の日本選手が駒を進めました。
MDでは佐伯・垰畑ペアが貫録を見せ危なげなく勝利し、また井上・金子ペアも1ゲームを取られる苦しい展開となりますが、逆転で勝利しました。
つづくWDでは福島・廣田ペア、福万・與猶ペアが好調を維持し準々決勝に駒を進めました。
残念ながらXDでは日本勢はすべて姿を消しました。
明日は各種目準々決勝が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
3回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
15-21
11-21
JEON Hyeok Jin
(韓国)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
13-21
21-12
21- 8
西本 拳太
(中央大学)
女子シングルス
2回戦
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
19-21
21-16
21- 7
HUNG Shin Han
(チャイニーズタイペイ)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-16
21-17
KIM Hyo Min
(韓国)
今 別 府 香 里
(ヨネックス)
21-11
21-16
SONG Min Jin
(韓国)
伊 東 可 奈
(ルネサス)
21-11
21-16
打田 しづか
(日本ユニシス)
峰 歩 美
(ルネサス)
12-21
24-22
21- 8
大堀 彩
(富岡高校)
男子ダブルス
2回戦
佐 伯 祐 行
垰 畑 亮 太
(日本ユニシス)
21-18
21-18
LIN Chia Yu
WU Hsiao Lin
(チャイニーズタイペイ)
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
19-21
21-10
21-15
JANG Seung Hoon
KIM Seung Min
(マレーシア)
島 田 大 輝
竹 内 義 憲
(日本体育大学)
16-21
19-21
JUN Bong Chan
KIM Dae Eun
(韓国)
女子ダブルス
2回戦
宮 内 唯
久 後 あ す み
(ルネサス)
13-21
17-21
CHANG Ye Na
YOO Hae Won
(韓国)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(ルネサス)
21-14
23-21
KIM Min Jung
SONG Ki Bbeum
(韓国)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
21-10
17-21
21-14
CHAE Hyun Hee
KO Hye Ryeon
(韓国)
ミックスダブルス
2回戦
数 野 健 太
(日本ユニシス)
宮 内 唯
(ルネサス)
21-19
16-21
12-21
TSENG Min Hao
LAI Chia Wen
(チャイニーズタイペイ)
【4日目】
上記大会 4日目の結果を報告します。
本日は各種目準々決勝が行われました。MSでは坂井がお互いに何度もマッチポイントを握る長い
延長ゲームを制してベスト4まで進出しました。続くWSでは伊東、峰のルネサスメンバーが接戦を
制して勝利。また日本人対決となった奥原対今別府の試合は長いラリーを粘りで制した奥原が勝ち
ました。台北選手に勝利した佐藤とあわせて日本選手がベスト4を独占する形となりました。
またMDでは同チーム対決となりましたが、パワーに勝る佐伯・垰畑ペアが競り合いをものにし明日
の準決勝に駒を進めました。最後にWDですが、こちらは3ゲームに及ぶ大接戦となりましたが、
最後に押し切られ惜しくも敗退しました。明日は各種目準決勝が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
準々決勝
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
21-12
15-21
28-26
TAN Kian Meng
(マレーシア)
女子シングルス
準々決勝
峰 歩 美
(ルネサス)
17-21
21-12
21-16
KOH Eun Byelo
(韓国)
伊 東 可 奈
(ルネサス)
22-20
26-24
LEE Jang Mi
(韓国)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-18
21-23
21- 8
CHENG Chi Ya
(チャイニーズタイペイ)
奥 原 希 望
(ユニシス)
21-12
21-17
今別府 香里
(ヨネックス)
男子ダブルス
準々決勝
佐 伯 祐 行
垰 畑 亮 太
(日本ユニシス)
21-15
15-21
21-14
井上 拓斗
金子 祐樹
(日本ユニシス)
女子ダブルス
準々決勝
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(ルネサス)
21-15
18-21
8-21
HOO Vivian Kah Mun
NG Hui Lin
(マレーシア)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
19-21
21-18
18-21
GO Ah Ra
KIM So Yeong
(韓国)
【5日目】
上記大会 5日目の結果を報告します。
本日は各種目準決勝が行われました。
MSでは坂井が第一シードの韓国選手と対戦。序盤から相手の守備を崩せず粘られます。中盤以降スピードを上げリードを奪う場面もありましたが惜しくも逆転を許し敗退しました。
日本人対決となったWSでは奥原が峰に対し終始リードを奪う展開を見せ勝利したほか、佐藤は長時間に及ぶ接戦のすえに伊東を振り切り逆転で勝ちました。
またMDでは佐伯・垰畑ペアが第一シードの韓国選手と対戦。完全アウェーの試合会場の雰囲気の
中にもかかわらず、1ゲームは接戦を展開します。しかしこのゲームを17点で失うと2ゲームは相手
の正確なプレーを崩せず敗退しました。
明日は各種目決勝戦が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
準決勝
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
10-21
18-21
LEE Dong Keun
(韓国)
女子シングルス
準決勝
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-13
21-17
峰 歩美
(ルネサス)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
19-21
21-17
21-17
伊東 可奈
(ルネサス)
男子シングルス
準決勝
佐 伯 祐 行
垰 畑 亮 太
(日本ユニシス)
17-21
11-21
LEE Yong Dae
YOO Yeon Seong
(韓国)
【6日目】
上記大会 6日目の結果を報告します。
本日は各種目決勝が行われました。WSでは奥原対佐藤の日本人対決となりました。
序盤から正確なラリーで守りを固める奥原と、力強いクリアー、スマッシュで攻める佐藤という構図で試合が進みました。1ゲーム終盤まで一進一退の攻防を見せますが、最後に佐藤にミスが出て
しまい奥原が先制します。つづく2ゲームも同じように高いクリアー、ロビングを使い大きなラリーで勝負する奥原の守備が功を奏し佐藤は思うように攻めれない時間が続きます。
このまま最後まで自分のペースを貫いた奥原がストレートで佐藤を下しベトナムGPに続く国際大会制覇となりました。
この試合をもちまして日本選手団のすべての試合が終了いたしました。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
決勝
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-17
21-13
佐藤 冴香
(ヨネックス)