みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンマレーシアマスターズ2015

バドミントンマレーシアマスターズ2015
(マレーシア クチン市 1/13-1/18)
 
【1日目】
上記大会 1日目の結果を報告します。
本日から始まりましたマレーシア マスターズ初日は各種予選が行われました。
MSでは高校生の常山が予選1回戦でインドネシアの選手と対戦。序盤からスマッシュを中心に攻撃を仕掛けてる相手に後手後手にまわってしまいリードを広げられます。2ゲームに入り一時は3点差までリードを広げますが、逆転を許し惜しくも敗退しました。
つづくXDでは今大会から組み始めた井上、栗原ペアが予選から出場しましたが韓国ペアに経験の差を見せられ敗退しました。
明日は各種目本戦1回戦が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
予選1回戦
常 山 幹 太
(柏原高校)
15-21
19-21
PANJI Akbar
(インドネシア)
混合ダブルス
予選1回戦
井 上 拓 斗
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
15-21
14-21
KIM Duck Young
O Ah Ra
(韓国)
【2日目】
上記大会2日目の結果を報告します。
本日は各種目1回戦が行われる予定でしたが、雨漏りの為、4面コートのうち2面が午後から使用不可能となり試合進行が大幅に遅れ、日本選手2ペアの試合を含む10数試合が明日へ持ち越しとなりました。
男子シングルスでは大学生の西本がシード選手を破る金星をあげ明日の2回戦に駒を進めました。
また女子シングルスでは8人中6人が勝ちベスト16に進出しました。
男子ダブルスでは数野山田ペアの試合は明日に持ち越しされ残る2ペアは順当に勝ちました。
女子ダブルスは福島廣田ペアがデンマークの世界ランキング上位ペアに果敢に挑むものの高い壁を跳ね返せず敗退しました。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
1回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-13
21-10
ALVINDO Saputra
(インドネシア)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
21-13
10-21
17-21
HUANG Chao
(シンガポール)
西 本 拳 太
(中央大学)
21-12
21-14
NG Ka Long Angus
(ホンコンチャイナ)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
18-21
15-21
LIEW Daren
(マレーシア)
女子シングルス
1回戦
今 別 府 香 里
(ヨネックス)
19-21
21-19
21- 9
打田 しづか
(日本ユニシス)
峰 歩 美
(ルネサス)
13-21
11-21
P.V.Sindhu
(インド)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
8-1
棄権
TEE Jing Yi
(マレーシア)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
21-15
21-14
CHENG Chi Ya
(チャイニーズタイペイ)
伊 東 可 奈
(ルネサス)
21-14
21-11
HUNG Shih Han
(チャイニーズタイペイ)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-10
21-13
MANUPUTTY Bellaetrix
(インドネシア)
橋 本 由 衣
(NTT東日本)
21-12
19-21
21-16
HSU Ya Ching
(チャイニーズタイペイ)
男子ダブルス
1回戦
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
明日
KONA Tarun
RAVURI Santosh
(インド)
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-19
21-13
HUANG Po Jui
LU Ching Yao
(チャイニーズタイペイ)
佐 伯 祐 行
垰 畑 亮 太
(日本ユニシス)
21- 7
21-15
M.RAJU Anilkumar
VENKAT Gaurav
(インド)
女子ダブルス
1回戦
内 藤 真 実
(ヨネックス)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
23-21
21- 8
CHEN Hsiao Huan
LAI Chia Wen
(チャイニーズタイペイ)
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
明日
HSU Ya Ching
PAI Yu Po
(チャイニーズタイペイ)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
21-11
21- 9
CHUA Yi Ling Elaine
TAN Wei Han
(シンガポール)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(ルネサス)
8-21
16-21
PEDERSEN Christinna
JUHL RYTTER Kamilla
(デンマーク)
【3日目】
上記大会 3日目の結果を報告します。
MSでは武下が1ゲームは失いますが逆転で勝利しベスト16入りを果たしました。
最多人数が出場してるWSでは高橋が伊東をやぶり日本人対決を制したほか、奥原、橋本、佐藤、今別府を含めた5名の選手がベスト8まで勝ち残りました。
つづくMDでは井上・金子ペアがマレーシアの第1ダブルスと対戦。1ゲームは攻撃が決まらず簡単に失いますが、2ゲームから配給に工夫を見せ互角の戦いを演じます。後半粘られ接戦になりますが、このゲームを奪うと勢いそのままに3ゲームも奪い大金星を挙げました。
WDでは松尾・内藤、福万・與猶ペアが危なげなく勝ち明日は日本人対決となりました。
明日は各種目ベスト4まで出揃います。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
2回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
7-21
21-12
21-13
ZAINUDDIN Iskandar Zulkarnain
(マレーシア)
西 本 拳 太
(中央大学)
19-21
21-9
16-21
WONG Zi Liang Derek
(シンガポール)
女子シングルス
2回戦
今 別 府 香 里
(ヨネックス)
21-17
21-14
LEE Mi Jang
(韓国)
橋 本 由 衣
(NTT東日本)
21-13
21-12
CHEN Jiayuan
(シンガポール)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-17
21-14
RAMADHINI Hana
(インドネシア)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-10
21-19
WIRANTO Millicent
(インドネシア)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
21-10
21-12
伊東 可奈
(ルネサス)
男子ダブルス
1回戦
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
21- 9
21-14
KONA Tarun
RAVURI Santosh
(インド)
2回戦
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
25-23
21-15
HEE Yong Kai Terry
WIJAYA Hendra
(シンガポール)
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
9-21
21-19
21-15
HOON Thien How
TAN Boon Heong
(マレーシア)
佐 伯 祐 行
垰 畑 亮 太
(日本ユニシス)
18-21
21-19
19-21
LIM Khim Wah
OW Yao Han
(マレーシア)
女子ダブルス
1回戦
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
21-13
21- 9
HSU Ya Ching
PAI Yu Po
(チャイニーズタイペイ)
2回戦
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
10-21
17-21
PEDERSEN Christinna
RYTTER JUHL Kamilla
(デンマーク)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
21-17
26-24
HOO Vivian Kah Mun
WOON Khe Wei
(マレーシア)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
21-12
21-10
CHAN Kaka Tsz Ka
TSE Ying Suet
(ホンコンチャイナ)
混合ダブルス
1回戦
数 野 健 太
(日本ユニシス)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
21-12
21-15
MAWAN Vountus Indra
(MAS)
SAWANT Prajakta
(IND)
【4日目】
上記大会 4日目の結果を報告します。
本日は各種目準々決勝まで行われました。
MSでは武下がタイの左利き選手にストレートで敗れました。
つづくWSでの奥原対橋本の日本人対決は安定感に勝る奥原が勝利しました。また同社対決となった今別府対佐藤戦は1ゲームを逆転で奪った佐藤が勢いそのままにストレートで勝ち上がりました。
またMDではこれまた日本人対決となり数野山田ペアがスピードとパワーで井上金子ペアを押し切り勝利しました。
最後にWDですが、福万與猶ペアと松尾内藤ペアの試合は1ゲームを先制した福万與猶ペアが2ゲーム16対6までリードしますが、そこから逆転を許し長期戦となります。90分を超える消耗戦の結末は、18点で福万與猶ペアに軍配があがりました。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
3回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
16-21
16-21
SAENSOMBOONSUK Tanongsak
(タイ)
女子シングルス
準々決勝
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
18-21
21-9
21- 5
YIP Pui Yin
(ホンコンチャイナ)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-13
21-15
橋本 由衣
(NTT東日本)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-19
21-16
今別府 香里
(ヨネックス)
男子ダブルス
準々決勝
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
21-18
21-13
井上 拓斗
金子 祐樹
(日本ユニシス)
女子ダブルス
準々決勝
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
23-21
20-22
21-18
松尾 静香
(NTT東日本)
内藤 真実
(ヨネックス)
混合ダブルス
2回戦
数 野 健 太
(日本ユニシス)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
7-21
13-21
WIRAWAN Afiat Yuris
MARISSA Vita
(インドネシア)
【5日目】
上記大会 5日目の結果を報告します。
本日は各種目準決勝が行われました。WSでは高橋が佐藤との日本人対決を制して決勝に進出。
またもう一つの準決勝では奥原がインド選手と対戦。長身から繰り出される攻撃に必死の粘りで対抗しますが、1ゲームを奪われます。しかし2ゲームに入ると粘りのラリーでスタミナを奪われた
インド選手のミスが増え84分にも及ぶ死闘を制しました。
またMDでは数野山田ペアがインドネシアペアと対戦。終始攻撃に徹した作戦がはまり見事グランプリゴールド大会初の決勝進出を果たしました。
またWDでは福万與猶ペアが昨日に引き続き1時間を優に超える大接戦を制し明日の決勝に勝ち進みました。
明日は最終日、各種目決勝が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
女子シングルス
準決勝
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
19-21
21-13
21- 8
P.V.Sindhu
(インド)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
21- 7
14-21
21-10
佐藤 冴香
(ヨネックス)
男子ダブルス
準決勝
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
21-17
14-21
21-18
PRATAMA Angga
SUWARDI Ricky Karanda
(インドネシア)
女子ダブルス
準決勝
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
21-15
19-21
22-20
CHAE Yoo Jung
KIM Ji Won
(韓国)
【6日目】
上記大会 6日目の結果を報告します。
最終日の本日は各種目決勝戦が行われました。
まず最初に行われましたWSでは奥原対高橋の日本人対決の決勝となりストレートで奥原が勝利しました。昨日の疲れを見せずに終始ミスの無い安定したプレーを見せグランプリゴールド大会初優勝を果たしました。
またMDでは数野山田ペアが台北の強豪ペアと対戦。1ゲームから互いに激しい攻撃を見せ一進一退の戦いを見せます。コートの中で相手より一歩早く動き先手を貫いた数野山田ペアが押し切りこちらもグランプリゴールド大会初優勝を遂げました。
最後にWDですが、福万與猶ペアがデンマークペアと対戦しましたが、こちらは長身からの攻撃を防げず惜しくも準優勝となりました。
本日の試合をもちましてマレーシアマスターズ大会の全日程が終了いたしました。ご声援ありがとうございました。

(コーチ:中西 洋介)
女子シングルス
決勝
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-13
21-17
高橋 沙也加
(日本ユニシス)
男子ダブルス
決勝
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
21-19
14-21
21-17
CHEN Hung Ling
WANG Chi Lin
(チャイニーズタイペイ)
女子ダブルス
決勝
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ルネサス)
14-21
14-21
PEDERSEN Christinna
JUHL RYTTER Kamilla
(デンマーク)