みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

第2回日台小学生バドミントン交流競技大会

第2回日台小学生バドミントン交流競技大会
(日本 東京都 2014/7/2-7/4)
 
【1日目】
本日より、日台小中学生バドミントン交流競技大会が始まりました。
1日目の午前中は合同練習、午後は交流試合をおこないました。
試合開始後、男女とも日本選手全員で円陣を組み、 チーム一丸となって試合に臨みました。
男子は奈良岡選手・河村選手・武藤選手のシングルスがストレート勝ちで3連勝すると、 その後の林選手・川本選手も危なげない試合で勝利し、シングルス5連勝でスタートしました。
ダブルスは奈良岡・河村組と 武藤・川本組が相手をまったく寄せ付けない力強い攻撃で勝利し日本チームは7連勝と波に乗り、続く山下・吉村組 は3ゲーム目までもつれたが、仲間の応援に後押しされて勢いづき3ゲーム目は9本に抑え相手を翻弄した。 最終第4ダブルスの木田・中村組も17本、16本で競り勝ち、9戦全勝を果たした。
女子は第1シングルスの内山選手が1ゲーム目を落としたが、2ゲーム目は長身を活かした鋭いショットからの攻撃で 相手を振り切り、3ゲーム目は12本に抑え苦しい試合に競り勝った。福井選手・渡邊選手・宮崎選手・染谷選手も 終始安定したプレーで相手のペースを崩し、シングルス5連勝でチームが勢いづいた。
ダブルスでも中学生の内山・ 宮崎組、染谷・福井組が粘り強いラリーでポイントを重ね勝利した。続く、郡司・森山組、森川・山浦組のダブルスは 前半は緊張感からコントロールミスが見られたが、後半はそれを二人で上手く集中力に変えて勝利し、女子も 9戦全勝を果たした。明日も日本チーム全員で一致団結し、勝利できるよう頑張りたいと思います。
(コーチ:畠山 亜矢子)
【2日目】
日台小中学生バドミントン交流競技大会2日目の試合結果を報告します。
男子はシングルスで奈良岡選手と河村選手が快勝で先制し、第1ダブルスの林・川本組が苦戦したものの 粘り強いプレーで勝利した。続く、第2ダブルスの内野・稲光組は2ゲーム目を競り勝ち3ゲーム目までもつれたが、 惜しくも粘り負けた。その後、シングルスは武藤選手・吉村選手・山下選手が強打からの速い展開を攻めきり勝利した。 第4ダブルスの木田・中村組、柴田・江口組は相手の緩急ある巧みなショットに自分たちのプレーを振り切られ 敗れたが、日本はシングルスで全勝し6対3で勝利した。
女子はシングルスの内山選手・福井選手が攻守ともに正確なショットで相手の足を止め、ストレートで先制した。
ダブルスの 貴田・渡邊組は相手の鋭いスマッシュからの攻撃に苦しみ接戦となったが、最後は守りきって勝利した。続く、 宮崎選手・染谷選手・郡司選手も最後まで落ち着いたプレーで勝利し、昨日に続きシングルスは全勝した。 ダブルスの森川・山浦組、杉山・藤田組、石森・久湊組は少ない練習の中で善戦したが、惜しくも力及ばず敗れた。 元気な応援と最後まで諦めないプレーで男子同様、6対3で勝利した。
明日も勝利できるよう頑張りたいと思います。
(コーチ:畠山 亜矢子)
【3日目】
日台小中学生バドミントン交流競技大会3日目の試合結果を報告します。
男子は奈良岡選手・河村選手が最後まで安定したプレーで相手の攻撃を断ち切り勝利した。第3シングルスの川本選手は 3ゲーム目を24-22で競り勝ち、チームが勢いづくと、続くシングルスの稲光選手・柴田選手も勝利した。
ダブルスは林・武藤組が積極的な攻撃でポイントを重ね勝利し、第2ダブルスの吉村・山下組は1ゲーム目を先取したが 最後は攻撃をかわされ惜しくも敗れた。第3ダブルスの木田・中村組、第4ダブルスの武井・後藤組は相手との 体格差もありパワーのある攻撃に押し切られ敗れたが、男子は6対3で勝利した。
女子はシングルスの内山選手・福井選手が最後まで相手にリードを許すことなくポイントを重ね勝利した。第1ダブルスの 貴田・渡邊組は攻守で長いラリーの展開になるが、3ゲーム目は21-19で競り勝ち勝利した。 シングルスの宮崎選手・杉山選手は安定したプレーで快勝し、染谷選手は1ゲームを惜しくも落としたが、2、3ゲーム を粘り強いプレーで勝ち取った。
ダブルスの山浦・森川組は2ゲーム目に善戦するも敗れ、郡司・森山組と中静・長谷川組は 最後まで攻め抜いてストレートで勝利し、日本が8対1で勝利を果たした。
本日をもちまして日台小中交流競技大会の日程がすべて終了しました。ご声援ありがとうございました。
(コーチ:畠山 亜矢子)