みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

第13回世界学生バドミントン選手権大会

個人戦

第13回世界学生バドミントン選手権大会
(スペイン コルドバ市 2014/7/24-7/29)
 
【1日目 - 団体戦】
上記大会1日目の結果を報告します。
本日は国別対抗戦が行われました。国別対抗戦は4つのグループに分かれており、各グループ4チームずつ、日本はグループC、ロシア、スリランカ、スイスと同じグループになり、本日は2戦、スイス、スリランカと対戦しました。
スイス戦は男子ダブルスからスタートし、松居・三浦組が2-0で勝利すると、続く女子シングルスで高木選手がエアコンによる風でコントロールがうまくいかず0-2で敗退し1-1になります。
それ以降の男子シングルス、女子ダブルス、ミックスダブルスは危なげない試合で勝利しスイスに4-1で勝利しました。
続くスリランカ戦はすべての試合順調に勝ち、5-0で勝利しました。明日はリーグ最終戦と決勝トーナメント準々決勝が行われます。
(コーチ:大束 忠司)
グループリーグ
1回戦
日本
4-1
×
スイス
男子ダブルス
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)
21-10
21-15
Thomas Heiniger
Christoph Heiniger
(スイス)
女子シングルス
高 木 美 季
(日本体育大学)
11-21
17-21
Sabrina Jaquet
(スイス)
男子シングルス
堀 内 研 人
(法政大学)
21-10
21-12
Christian Kirchmayr
(スイス)
女子ダブルス
田 中 志 穂
市 丸 美 里
(法政大学)
21-15
21-14
Sabrina Jaquet
Ayla Huser
(スイス)
混合ダブルス
古 賀 輝
(早稲田大学)
浦 谷 夏 未
(専修大学)
21-19
21-12
Thomas Heiniger
Cendrine Hantz
endrine Hantz
(スイス)
グループリーグ
2回戦
日本
5-0
×
スリランカ
男子ダブルス
古 賀 輝
齋 藤 太 一
(早稲田大学)
21-5
21-6
Asanka Gayan Jayasundara Bandara
Akila Upendra Silva
(スリランカ)
女子シングルス
下 田 菜 都 美
(龍谷大学)
21-5
21-3
Sandaru Nisansala Weerasinghe
(スリランカ)
男子シングルス
西 本 拳 太
(中央大学)
21-7
21-10
Abeysinghe Mudiyanselage Chamil Gyanthaka Wijerathna
(スリランカ)
女子ダブルス
篠 田 未 来
浦 谷 夏 未
(専修大学)
21-1
21-6
Chathuni Kavindya Rajasooriya
Wikrama Archi Withanaralalage Dona Candramali Wikramasinghe
(スリランカ)
混合ダブルス
松 居 圭 一 郎
(日本体育大学)市 丸 美 里
(法政大学)
21-17
21-12
Kasun Gayantha Lokugamage
Ruvini Audarya Weihena Palliyaguruge Guruge
(スリランカ)
【2日目 - 団体戦】
上記大会2日目の結果を報告します。
本日は国別対抗戦グループリーグ最終戦と決勝トーナメント準々決勝が行われました。
グループ最終戦はロシアと対戦し、一つも落とすことなく5-0で勝利しました。
決勝トーナメント8チームが出揃い、日本は準々決勝Dグループ2位のマレーシアと対戦することになりました。
準々決勝では、まず男子ダブルスに松居、三浦組が出場し、相手の低い展開に対応出来ず0-2で敗退しました。
続く女子シングルスでは下田選手が粘り強いプレーで相手のミスを誘いファイナルの接戦の末勝利しました。次に男子シングルスには西本選手が出場し、相手の攻撃を封じ込めるネット長めの低い展開からリズムを掴み2-1で勝利しました。
続く女子ダブルスでは田中、市丸組が出場し、今回体育館の風の影響に対応することが出来ずまったく自分達のプレーが出来ないまま0-2で敗退しました。
2-2でまわっての最後混合ダブルスには、古賀、浦谷組が出場し相手のパワー、スピードについていけず0-2で敗退してしまいました。
結果2-3でマレーシアに敗退しベスト8という結果でした。明日は国別対抗戦準決勝、決勝が行われます。
(コーチ:大束 忠司)
グループリーグ
3回戦
日本
5-0
×
ロシア
男子ダブルス
古 賀 輝
浦 谷 夏 未
(早稲田大学専修大学)
19-21
21-15
23-21
Arsenii Fistin
Viktoriia Vorobeva
(ロシア)
男子シングルス
西 本 拳 太
(日本体育大学)
21-18
21-13
Andrey Dolotov
(ロシア)
女子シングルス
下 田 菜 都 美
(龍谷大学)
21-9
21-7
Dariia Dzhedzhula
(ロシア)
男子ダブルス
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)
21-7
21-11
Andrey Dolotov
Gordei Kosenko
(ロシア)
女子ダブルス
田 中 志 穂
市 丸 美 里
(法政大学)
21-15
10-21
21-17
Anastasiia Dobrynina
Viktoriia Vorobeva
(ロシア)
決勝トーナメント
準々決勝
日本
×
2-3
マレーシア
男子ダブルス
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)
17-21
17-21
Vountus Indra Mawan Saniru
Mohd Lutfi Zaim Abdul Khalid
(マレーシア)
女子シングルス
下 田 菜 都 美
(龍谷大学)
21-14
17-21
21-13
Lydia Li Ya Cheah
(マレーシア)
男子シングルス
西 本 拳 太
(中央大学)
21-19
17-21
25-23
Iskandar Zulkarnain Zainnuddin
(マレーシア)
女子ダブルス
田 中 志 穂
市 丸 美 里
(法政大学)
15-21
19-21
Amelia Alicia Anscelly
Fei Choo Soong
(マレーシア)
混合ダブルス
古 賀 輝
浦 谷 夏 未
(早稲田大学専修大学)
13-21
9-21
Mohd Arif Ab Latif
Meng Yean Lee
(マレーシア)