みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンアジアジュニアU19選手権2015

バドミントンアジアジュニアU19選手権2015
(タイ バンコク市 6/28-7/5)
 


個人戦ドロ-
(エクセル)

個人戦結果

 
 
 
 
 
 
 

団体戦の結果はこちら

【1日目】
上記大会 4日目(個人戦)の結果を報告します。
本日、9時から行われました男女混合の団体戦は、中国が3-0で韓国を下し優勝しました。
午後3時より、個人戦が行われ以下のような結果となりました。
男子複の三橋・渡辺組は、マレーシア選手と対戦し、1ゲーム目序盤からドライブとスマッシュで攻め込まれ、このゲームを落としました。2ゲーム目は、終始リードを保ち19本まで
リードしましたが、最後は壮絶なラリーを落とし敗れました。
その他の試合は、順当に勝ち上がりましたが、終了したのが10時半を過ぎていました。明日、9時から男子シングルスが行われ、疲れが心配されますがしっかりとサポートして頑張らせたいと思います。

(コーチ:明神 憲一)

女子シングルス
1回戦
仁 平 菜 月
(富岡)
21-19
21-17
Nguyen Thuy Linh
(ベトナム)
齋 藤 栞
(埼玉栄)
21-3
21-6
Dayarathne Yasmitha Sankapale
(スリランカ)
川 上 紗 恵 奈
(富岡)
21-1
21-4
Dashdondov Bulgamaa
(モンゴル)
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
21-14
21-18
Na Ra Jang
(韓国)
男子ダブルス
1回戦
三 橋 健 也
渡 辺 勇 大
(富岡)
17-21
19-21
Teng Fong,Aaron Chia
Guo Zheng Sim
(マレーシア)
森 岡 秀 斗
小 川 桂 汰
(埼玉栄)
21-17
21-18
Chan Yin Chak
Lam Wai Lok
(ホンコンチャイナ)
酒 井 健 登
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
21-15
21-13
Moajjam Hossain
Minhaz Mohammad
(バングラディシュ)
混合ダブルス
1回戦
森 岡 秀 斗
(埼玉栄)
志 田 千 陽
(青森山田)
21-5
21-5
R.De Silva
H.Wijayarathne
(スリランカ)
小 野 寺 雅 之
(埼玉栄)
曽 根 夏 姫
(青森山田)
21-11
21-14
S.DeSilva
H.Ambalalangodage
(スリランカ)
酒 井 健 登
(埼玉栄)
斉 藤 ひ か り
(青森山田)
21-8
21-9
Sachintha Rajapakse
Thanushi Anuthara Ratnayaka
(スリランカ)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
松 山 奈 未
(九国大付)
21-7
21-3
Pui Ngai Che
Chan Kit Lei
(マカオ)

【2日目】
上記大会 5日目(個人戦2日目)の結果を報告します。
本日、全種目ベスト16での試合が行われ、以下のような結果となりました。
男子単の渡辺は、4回戦で第8シードのマレーシア選手と対戦し、1セット目相手の強打を封じ、終盤まで競ったが23本で取りました。2ゲーム目は、完全に相手のコースを読み、中盤まで競ったが、最後は渡辺の鋭いショットに戦意を喪失し12本で勝ちました。
男子単、渡辺。女子単、仁平、荒木、齋藤、川上。女子複、松山・志田、小野・高畑、曽根・斉藤。混合複、斉藤・酒井。以上が勝ち残りました。
明日は、各種目2試合、準々決勝まで行われます。ひとつでも多く勝ち残れるように、
サポートしたいと思います。

(コーチ:明神 憲一)

男子シングルス
2回戦
渡 辺 勇 大
(富岡)
21-9
21-11
Pang Fong Pui
(マカオ)
小 倉 由 嵩
(東大阪大学 柏原)
16-21
21-16
19-21
Panji Ahmad Maulana
(インドネシア)
三 橋 健 也
(富岡)
15-21
19-21
Kantaphon Wangcharoen
(タイ)
小 川 桂 汰
(埼玉栄)
22-20
21-9
Kittipong Imnark
(タイ)
3回戦
渡 辺 勇 大
(富岡)
25-23
21-12
Sathintha Rajapakse
(マレーシア)
小 川 桂 汰
(埼玉栄)
19-21
13-21
Siril Verma
(インド)
女子シングルス
2回戦
仁 平 菜 月
(富岡)
21-16
21-12
Vrushali Gummadi
(インド)
齋 藤 栞
(埼玉栄)
21-9
21-8
Mariya Anghela Sevilla
(フィリピン)
川 上 紗 恵 奈
(富岡)
21-15
21-9
Sarah Joy Barredo
(フィリピン)
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
21-16
21-10
Wen Chi Hsu
(チャイニーズタイペイ)
男子ダブルス
2回戦
酒 井 健 登
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
23-21
12-21
16-21
Hung Ju Chien
Yong Sheng Lin
(チャイニーズタイペイ)
森 岡 秀 斗
小 川 桂 汰
(埼玉栄)
10-21
10-21
Lee Hong Sub
Lim Su Min
(韓国)
女子ダブルス
1回戦
小 野 菜 保
(金沢向陽)
高 畑 祐 紀 子
(大宮東)
21-8
21-12
Anoushka Parikh
Sanjana
(インド)
2回戦
曽 根 夏 姫
斉 藤 ひ か り
(青森山田)
21-8
21-4
B.Galagamage
H.Wijayarathne
(スリランカ)
小 野 菜 保
(金沢向陽)
高 畑 祐 紀 子
(大宮東)
21-9
21-17
R.Iamratanamaetheekul
Supamart Mingqchua
(タイ)
志 田 千 陽
(青森山田)
松 山 奈 未
(九国大付)
21-9
21-18
Anna Ching Yik Cheong
Desiree,Hao Shan Siow
(マレーシア)
混合ダブルス
2回戦
森 岡 秀 斗
(埼玉栄)
志 田 千 陽
(青森山田)
17-21
19-21
Kantawat Leelavechabutr
Kilasu Ostermeyer
(タイ)
小 野 寺 雅 之
(埼玉栄)
曽 根 夏 姫
(青森山田)
19-21
17-21
Fachriza Abimanyu
Apriani Apriani
(インドネシア)
酒 井 健 登
(埼玉栄)
斉 藤 ひ か り
(青森山田)
21-17
21-12
Joaquin Raphael Deato
Thea Marie Pomar
(フィリピン)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
松 山 奈 未
(九国大付)
20-22
16-21
Chol Jong Woo
Kim Hye Jeong
(韓国)

【3日目】

上記大会 6日目(個人戦3日目)の結果を報告します。
本日、各種目ベスト8までと準々決勝が行われ、男子単渡辺、女子単荒木、女子複志田・松山が準決勝進出を決めました。
準々決勝男子単の渡辺は、1ゲーム目、一進一退の攻防が終盤まで続いたが、緩急を織り交ぜた配球で渡辺が大接戦を取りました。2ゲーム目は、スピードを上げて早いタッチで相手を翻弄。一気に相手を引き離しストレートで下しました。同じく女子単荒木は、持ち前の粘りを発揮し、終始リードを保ち1セット目を取りました。2ゲーム目は、相手の息が上がってスピードが落ちたところを、一気に攻め込み勝利しました。
同じく女子複の志田・松山は、第一シードを倒した勢いそのままに、台湾選手に隙を与えず勝ちました。明日、現地時間3時より準決勝が行われます。ひとつでも多く決勝に進めるよう、しっかりとサポートしたいと思います。
明日の対戦は
男子単 渡辺対Lin Gui Pu(中国)(昨年世界ジュニア優勝)
女子単 荒木対ChoChuwong Pornpawee(タイ)
女子複  志田・松山対Chen Qingchen・Jia Yi Fan(中国)(昨年世界ジュニア優勝)

(コーチ:明神 憲一)

男子シングルス
4回戦
渡 辺 勇 大
(富岡)
21-18
21- 6
Chun-Wei Chen
(チャイニーズタイペイ)
準々決勝
渡 辺 勇 大
(富岡)
23-21
21-16
Firman Abdul Kholik
(インドネシア)
女子シングルス
3回戦
仁 平 菜 月
(富岡)
21-10
21- 9
Kunjira Khongdee
(タイ)
齋 藤 栞
(埼玉栄)
21- 6
21-19
Supanida Katethong
(タイ)
川 上 紗 恵 奈
(富岡)
21-11
21-17
Chen Xiaoxin
(中国)
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
21-14
19-21
21-10
Gregoria Mariska
(インドネシア)
準々決勝
仁 平 菜 月
(富岡)
7-21
21-13
13-21
He Bing Jiao
(中国)
齋 藤 栞
(埼玉栄)
18-21
21-14
18-21
Goh Jin Wei
(マレーシア)
川 上 紗 恵 奈
(富岡)
21-23
12-21
ChoChuwong Pornpawee
(タイ)
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
21-18
21-13
Thinaah M.
(マレーシア)
女子ダブルス
3回戦
曽 根 夏 姫
斉 藤 ひ か り
(青森山田)
19-21
8-21
Kim Hye Jeong
Park Keun Hye
(韓国)
小 野 菜 保
(金沢向陽)
高 畑 祐 紀 子
(大宮東)
21-10
21-13
Yi Ling Elaine Chua
Jia Ying Crystal Wong
(シンガポール)
志 田 千 陽
(青森山田)
松 山 奈 未
(九国大付)
21-19
22-20
Apriani Apriani
Jauza Fadhila Sugiaruto
(インドネシア)
準々決勝
小 野 菜 保
(金沢向陽)
高 畑 祐 紀 子
(大宮東)
11-21
11-21
Du Yue
Li Yin Hui
(中国)
志 田 千 陽
(青森山田)
松 山 奈 未
(九国大付)
21-17
21-14
Tai Wei-Ling
Yeh Jung-Tzu
(チャイニーズタイペイ)
混合ダブルス
3回戦
酒 井 健 登
(埼玉栄)
斉 藤 ひ か り
(青森山田)
14-2116-21
Drajat Beno
Yulfira Barkah
(インドネシア)

【4日目】

上記大会 7日目(個人戦4日目)の結果を報告します。
本日、全種目準決勝が行われ日本勢準決勝で敗退しました。
女子単荒木は、タイ選手と対戦し、1ゲーム目速いタッチと長身から繰り出されるショットに対応できず、13本で落とした。2ゲーム目風下となり、ための効いたショットが決まり14本で取り返したが、ファイナル14オールのサーブプッシュミスから連続得点を与え敗れました。
女子複志田・松山は、中国選手と対戦し序盤から相手のスピードについていけず11本で1ゲーム目落としました。2ゲーム目何とか食らいつき8-11で折り返した。しかし、そこからじわじわと離され、19-12となりましたが、諦めませんでした。3点差まで詰め相手が完全に動揺していたが、16本で敗れました。次につながるゲームでした。
男子単の渡辺は、中国選手と対戦した。1ゲーム目、序盤からハイスピードの展開に持ち込んだ中国選手に対し、若干対応に遅れた渡辺が受け身となり1ゲーム目を落とした。
2ゲーム目もネット前を高い打点で支配されるが、得意の低い展開に持ち込んで中盤3点差まで詰め寄る。しかし、後半にロビングの調整が甘くなったところを強打され、0対2で敗退した。
本日をもちまして日本チームはすべて敗退しました。
11月にペルーで行われる世界ジュニアに向け、頑張りたいと思います。ご声援ありがとうございました。

(コーチ:明神 憲一)

男子シングルス
準決勝
渡 辺 勇 大
(富岡)
10-21
12-21
Lin Gui Pu
(中国)
女子シングルス
準決勝
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
13-21
21-14
15-21
ChoChuwong Pornpawee
(タイ)
女子ダブルス
準決勝
志 田 千 陽
(青森山田)
松 山 奈 未
(九国大付)
11-21
16-21
Chen Qingchen
Jia Yi Fan
(中国)