みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

YONEX OPEN JAPAN 2015

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

オーストラリアジュニアインターナショナル2015

オーストラリアジュニアインターナショナル2015
(開催地:オーストラリア バララト市 9/10-9/3)
 
 
 
【1日目】
本日は各種目の1回戦と2回戦が行われました。
男子シングルスに参加の、渡邉航貴と奈良岡功大は、序盤こそ硬さが見られたが、共に1回戦で地元選手に勝利し、2回戦へとコマを進めた。
シード選手で2回戦からの参加となった、三橋健也はスタートから素早い動きで相手を翻弄し、終始リードしたまま1ゲーム目を10点に抑える。2ゲーム目も相手を圧倒しストレートで勝利した。
渡邉航貴、奈良岡攻大も2回戦をむかえ、出だしから素早い動きとスピードのあるショットで、相手のミスを誘い共にストレートで勝利した。
明日は各種目の準々決勝と準決勝が行われます。

(コーチ:藤本 ホセマリ)
男子シングルス
1回戦
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-5
21-7
Marco Ma
(オーストラリア)
奈 良 岡 功 大
(浪岡中学校)
21-10
21-11
Elton Zhang
(オーストラリア)
2回戦
三 橋 健 也
(富岡高校)
21-10
21-7
Marcos Kong
(オーストラリア)
奈 良 岡 功 大
(浪岡中学校)
21-12
21-12
Justin Lee
(オーストラリア)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-6
21-8
Peter Yan
(オーストラリア)
【2日目】
 「オーストラリアジュニアインターナショナル2015」大会2日目の試合結果をご報告いたします。  本日は各種目の準々決勝と準決勝が行われました。 男子シングルスに参加の、三橋健也は準々決勝は相手を圧倒し勝利。準決勝は序盤でリードするものの途中集中力を欠き、追い上げを許す。しかし後半はたてなおし勝利をおさめた。
渡邉航貴と、奈良岡功大は共に準々決勝をストレートで勝利し、日本人対決となった準決勝へ進んだ。
渡邉と奈良岡の準決勝は、1ゲーム目を先取した奈良岡が2ゲーム目を落とすも、ファイナルゲームで終始リードをたもち勝利した。
男子ダブルスは準々決勝からのとスタートなり、三橋・渡邉組が出場した。初戦を危なげなく勝利する。
準決勝は、2ゲーム目で相手の追い上げをうけるものの、ストレートで勝利をおさめた。
明日は各種目の決勝が行われます。

(コーチ:藤本 ホセマリ)
男子シングルス
準々決勝
三 橋 健 也
(富岡高校)
21-14
21-9
David Seng Hong Lee
(オーストラリア)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-17
21-14
Austin Yu
(オーストラリア)
奈 良 岡 功 大
(浪岡中学校)
21-14
21-10
Keith Mark Edison
(オーストラリア)
準決勝
奈 良 岡 功 大
(浪岡中学校)
21-16
23-25
21-14
渡邉 航貴
(埼玉栄高校)
三 橋 健 也
(富岡高校)
21-17
21-12
Huaidong Tang
(オーストラリア)
男子ダブルス
準々決勝
三 橋 健 也
(富岡高校)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-10
21-9
Sagar Kumar
Austin Yu
(オーストラリア)
準決勝
三 橋 健 也
(富岡高校)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-7
21-18
Keith Mark Edison
Tristan Michael Edison
(オーストラリア)
【3日目】
「オーストラリアジュニアインターナショナル2015」大会3日目(最終日)の試合結果をご報告いたします。
本日は各種目の決勝が行われました。
男子シングルスは、三橋健也と奈良岡功大の決勝となりました。
1ゲーム目は奈良岡がリードするものの、中盤で追いつかれ15-15と並ばれる。20-20まで競り合いが続いたものの、三橋が先取する。
2ゲーム目、序盤から点の取り合いが続くくが、12-12から奈良岡が抜け出し2ゲーム目を取り返した。
ファイナルゲームは疲れが見えた奈良岡に対し、三橋は最後まで攻め続け勝利し、優勝を決めた。
男子ダブルス決勝は、三橋・渡邉組が出場した。1ゲーム目は相手の力強いショットでリードを守り切れず相手に取られてしまう。
2ゲーム目は、相手のミスが重なり取り返す。ファイナルゲームは再びシーソーゲームとなるが終盤で逃げ切り見事優勝を決めた。
本日の試合をもちまして、すべての試合が終了致しました。 ご声援ありがとうございました。

(コーチ:藤本 ホセマリ)
男子シングルス
決勝
三 橋 健 也
(富岡高校)
22-20
14-21
21-16
奈良岡 功大
(浪岡中学校)
男子ダブルス
決勝
三 橋 健 也
(富岡高校)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
16-21
21-17
21-16
Christian Bernardo
Alvin Morada
(フィリピン)