みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

2015 K&Dグラフィックス/ヨネックスグランプリ

2015 K&Dグラフィックス/ヨネックスグランプリ
(開催地:アメリカ オレンジ市 12/7-12/12)
 
【1日目】
本日は全種目の予選と、男子シングルスの1回戦が行われました。男子シングルに予選からの出場の渡邉航貴選手と奈良岡功大選手は予選を共に勝ち抜き、本戦に進出した。
男子シングルスの1回戦、予選から進出の渡邉選手と奈良岡選手は共にファイナルまでもつれたが、最後まで落ち着いたプレーで勝利し2回戦へと進出しました。
また、本戦から出場の常山選手はベトナムのシード選手にストレート勝ちし、2回戦に進出した。
一方で、シードの佐々木選手は1ゲーム目2ゲーム目共に、相手のスピードについて行く事ができずストレートでの敗退となった。
明日は、男子シングルスの2回戦と、その他の種目の1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:藤本ホセマリ)
男子シングルス
予選1回戦
奈 良 岡 功 大
(浪岡中学校)
21-13
17-21
21-13
Yakura Nyl
(カナダ)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-7
21-9
Ong Meng-Yung
(アメリカ)
1回戦
奈 良 岡 功 大
(浪岡中学校)
21-11
24-26
21-18
Ludik Milan
(チェコ)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
19-21
21-16
21-15
Yu Kan Chao
(チャイニーズタイペイ)
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
15-21
14-21
Hsun Yang Chih
(チャイニーズタイペイ)
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
21-13
21-12
Nguyen Tien Minh
(ベトナム)
【2日目】
本日は、男子シングルスの2回戦とそのほかの種目の1回戦が行われました。
男子シングルスの常山選手、渡邊選手と奈良岡選手はストレートで勝利し3回戦進出となりました。
女子シングルに出場の三谷選手はハンガリー選手にストレート勝ちし2回戦進出しました。
男子ダブルスに出場に出場の、保木・小林組と渡辺・三橋組が出場した。  渡辺・三橋組はチャイニーズタイペイの選手と対戦し、終始リードを奪われ追いかける展開となりストレートで敗退した。
保木・小林組は地元選手と対戦し、積極的に攻撃を続けリードを許さずストレートで勝利した。
混合ダブルスには数野・栗原組が出場し第2シードのマレーシア選手と対戦した。点の取り合いとなるが、終盤で離され、ストレートで敗退しました。
明日は、男子シングルスの2回戦と、その他の種目の1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:藤本ホセマリ)
男子シングルス
2回戦
奈 良 岡 功 大
(浪岡中学校)
21-17
21-15
Wraber Luka
(オーストリア)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-10
21-6
Thongnuam Pannawit
(タイ)
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
21-19
21-11
Borg Mattias
(スウェーデン)
女子シングルス
1回戦
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
21-11
21-9
Szoke Monika
(ハンガリー)
男子ダブルス
1回戦
保 木 卓 郎
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
21-10
21-19
Lee Hock Lai
(アメリカ)
Yoo Yong Sung
(韓国)
三 橋 健 也
渡 辺 勇 大
(富岡高校)
16-21
16-21
Chia Yu Lin
Hsiao-Lin WU
(チャイニーズタイペイ)
混合ダブルス
1回戦
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
18-21
18-21
Chan Peng Soon
Goh Liu Ying
(マレーシア)
【3日目】
本日は、男子シングルスの3回戦とその他の種目の2回戦が行われました。
男子シングルスの常山選手は韓国のシード選手と対戦。序盤から点の取り合いとなる厳しい展開の中、ファイナルに入っても攻撃の手を緩めずに攻め続け21-18でとり、2-1で1時間以上の試合に勝利した。
渡邉選手は、スペインのシード選手にストレートで。奈良岡選手もチャイニーズタイペイの選手に敗退した。
女子シングルに出場の三谷選手はフィンランドの選手と対戦。1ゲーム目は競り合いの中でミスも出てリードされる場面もあったが、粘り図よくラリーをつなぎ23-21でとる。2ゲーム目も点の取り合いとなる苦しい展開が続くが、終盤抜け出し2ゲーム目もとって勝利し、ベスト8に勝ち進みました。
男子ダブルスに出場に出場の、保木・小林組はタイのペアと対戦。序盤から相手の強打に押し切られ主導権をつかめないままストレートで敗退した。
明日は、各種目の準々決勝が行われます。応援よろしくお願いいたします。

(日本選手団コーチ:藤本ホセマリ)
男子シングルス
3回戦
奈 良 岡 功 大
(浪岡中学校)
16-21
14-21
Wei Cheng Po
(チャイニーズタイペイ)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
14-21
20-22
Abian Pablo
(スペイン)
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
23-21
12-21
21-18
Keun Lee Dong
(韓国)
女子シングルス
2回戦
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
23-21
21-18
Vainio Nanna
(フィンランド)
男子ダブルス
2回戦
保 木 卓 郎
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
11-21
21-23
Dechapol Puavaranukroh
Kittinupong Kedren
(タイ)
【4日目】
本日は、各種目の準々決勝が行われました。
男子シングルスの常山選手は、第2シードのイングランド選手と対戦。長身な相手の角度のあるショットに苦しめられる中、序盤から積極的に攻撃を仕掛けていくも、リードされたまま1ゲーム目をとられる。
2ゲーム目もラリーについていくものの、相手に攻撃されポイントをうばわれストレートでの敗退となった。
女子シングルに出場の三谷選手は地元アメリカ選手と対戦した。1ゲーム目からラリーについていくが、相手にポイントを重ねられ1ゲーム目を落とすが、2ゲーム目は逆に粘って取り返す。ファイナルゲームは相手にミスが目立ち始める中、粘り強くシャトルを拾い続けて 流れを相手に渡さず勝利した。
明日は、各種目の準決勝が行われます。応援よろしくお願いいたします。

(日本選手団コーチ:藤本ホセマリ)
男子シングルス
準々決勝
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
13-21
12-21
Ouseph Rajiv
(イングランド)
女子シングルス
準々決勝
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
14-21
21-19
21-12
Zhang Beiwen
(アメリカ)
【5日目】
本日は、各種目の準決勝が行われました。
女子シングルに出場の三谷選手はチャイニーズタイペイ選手と対戦した。1ゲーム序盤はお互いにラリーを続けていくが、中盤から相手が攻勢に出ると、ミスが出始めて1ゲーム目を落とす。2ゲーム目は逆に粘り強くラリーを続けて相手のミスを誘いポイントをとりこのゲームを取り返す。 ファイナルゲームに入ると再び相手が攻撃を仕掛けてくると、守りきれず大きくリードされ、終盤で追い上げるものの敗退。
本日をもちまして、全日程が終了となりました。ご声援いただき誠にありがとうございました。

(日本選手団コーチ:藤本ホセマリ)
女子シングルス
準決勝
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
16-21
21-12
18-21
Po Pai Yu
(チャイニーズタイペイ)