みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンニュージーランドオープン2015

バドミントンニュージーランドオープン2015
(ニュージーランド オークランド市 4/28-5/3)
 
【1日目】
上記大会 1日目の結果を報告します。
本日から行われましたニュージーランドグランプリゴールド大会初日は各種目予選が行われました。
日本からはWSで仁平が予選1回戦を危なげなく戦い勝利しました。つづく予選2回戦では同じく日本人の川上との対戦予定ですが、試合開始前に本戦で棄権者が出た為、予選試合を行うことなく両名とも本戦に進出しました。
つづくMDでは大学生の松居三浦ペアが予選を戦いこちらもまったく相手を寄せ付けづ圧倒し本戦に勝ち上がりました。
今年は昨年よりひとつ大会のランクがあがりグランプリゴールド大会となり苦戦が予想されますが、全力を尽くして上位進出を目指します。
明日は本戦のMS,WS,XDが行われます。

(コーチ:中西 洋介)
女子シングルス
予選1回戦
仁 平 菜 月
(富岡高校)
21- 5
21- 7
STERN Kelly
(NZL)
男子ダブルス
予選1回戦
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)
21- 5
21- 1
LIM Kai Yi
ANG Xiao
(NZL)
予選2回戦
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)
21- 7
21- 9
CHUA Ching Weng
AN Vi Hen
(マレーシア)
【2日目】
上記大会 2日目の結果を報告します。
本日はMS、WS、XDのベスト16が出揃うまで試合が行われました。
MSでは一回戦を快勝し二回戦に駒を進めた下農でしたが、インドネシア選手の強打に屈し敗退となりました。
つづくWSでは若い3名の日本選手がそれぞれ快勝し明日の二回戦に進出しました。最後に行われました、XDでは三浦米元ペアが相手を寄せ付けず快勝しベスト16入りを果たしました。
明日はまだ行われていないMD、WDの一回戦から始まり、その他すべての種目のベスト8まで出揃います。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
1回戦
下 農 走
(トナミ運輸)
21- 5
21- 9
ARBITAMA Julian
(インドネシア)
山 口 容 正
(トナミ運輸)
15-21
15-21
HUANG Yuxiang
(中国)
2回戦
下 農 走
(トナミ運輸)
6-21
15-21
RUMBAKA Dionysius Hayom
(インドネシア)
女子シングルス
1回戦
大 堀 彩
(NTT東日本)
21-12
21-13
HARTAWAN Russelli
(インドネシア)
仁 平 菜 月
(富岡高校)
21- 3
21- 5
OTENE Tamara
(NZL)
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
21- 7
21- 3
HORBACH Annika
(ドイツ)
混合ダブルス
1回戦
三 浦 光 將
(日本体育大学)
米 元 小 春
(北都銀行)
21- 4
21- 4
NG Alphonsus
ERASINGHE Ruwindi
(オーストラリア)
【3日目】
上記大会 3日目の結果を報告します。
本日は各種目ベスト8が決定するまで試合が行われました。
まず日本人3名が出場しているWSではそれぞれの選手が快勝し準々決勝に進出しました。なかでも高校3年生の川上は今大会第二シードのシンガポール選手を危なげなく破り安定したプレーを見せました。
つづくWDでも福島廣田ペアが先日の大阪インターナショナルチャレンジ決勝で敗れた中国ペアと対戦しました。序盤から激しいラリーの連続でしたが、レシーブ場面で崩れることなく粘りを発揮し見事にリベンジを果たしました。
またXD、MDともに競り合う場面はあったものの終盤で地力の差を見せられ惜しくも敗退しました。
明日は各種目準々決勝が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
女子シングルス
2回戦
大 堀 彩
(NTT東日本)
21-10
21-14
LIM Chiew Sien
(マレーシア)
仁 平 菜 月
(富岡高校)
21- 8
21- 6
HO Tiffany
(オーストラリア)
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
21-15
21-14
CHEN Jiayuan
(シンガポール)
男子ダブルス
1回戦
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)
21-15
21-10
Kaizar Bobby ALEXANDER
ULISTYO Nathaniel E
(インドネシア)
2回戦
松 居 圭 一 郎
三 浦 光 將
(日本体育大学)
16-21
16-21
HOON Thien How
IM Khim Wah
(マレーシア)
女子ダブルス
1回戦
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
21- 5
21-12
CHAPPLE Emma
AHURI Danielle
(NZL)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
21-15
21-19
CHEN Qingchen
IA Yi Fan
(中国)
2回戦
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
21-15
21-18
CHEN Hsuan Yu Wendy
OMERVILLE Gronya
(NZL)
混合ダブルス
2回戦
三 浦 光 將
(日本体育大学)
米 元 小 春
(北都銀行)
20-22
13-21
KIDO Markis
ERNADETH Pia Zebadiah
(インドネシア)

【4日目】
上記大会 4日目の結果を報告します。
本日は各種目準々決勝が行われました。
WSでは大堀が中国選手と対戦し1ゲームを奪われる苦しい展開となりましたが、最後までスタミナが切れることなく逆転で勝利しました。また川上は
地元ニュージーランドの選手を危なげなく破り、予選スタートでしたが準決勝まで勝ち上がりました。
WDでは米元田中ペアが第一シードのインドネシアペアと対戦。1ゲームを失い2ゲームもマッチポイントを奪われる苦しい展開でしたが踏ん張りこのゲームを逆転で奪うと3ゲームは足が止ま
った相手を振り切り逆転で勝ちました。同じく準々決勝を戦った福島廣田ペアも勝ち明日の準決勝は日本人対決となりますた。
明日は各種目準決勝が行われます。

(コーチ:中西 洋介)

女子シングルス
準々決勝
大 堀 彩
(NTT東日本)
15-21
21-18
21-11
LI Yun
(中国)
仁 平 菜 月
(富岡高校)
19-21
20-22
HE Bing Jiao
(中国)
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
21-16
21-11
CHEN Hsuan Yu Wendy
(NZL)
女子ダブルス
準々決勝
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
25-27
24-22
21-15
BERNADETH Pia Zebadiah
RADIPTA Rizki Amelia
(インドネシア)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
22-20
21-17
CHENG Wen Hsing
HUAI Pei Ling
(チャイニーズタイペイ)

【5日目】
上記大会 5日目の結果を報告します。
本日は各種目準決勝が行われました。
WSでは大堀がユースオリンピックでの優勝経験もある中国選手と対戦しました。お互いにキレのある球を打ちあい競り合いを見せますが、ネット前での変化に次第にタイミングをずらされる展開になり惜しくも敗退しました。つづく高校生の川上は豊
富な運動量を武器にコートを動き回り相手を根負けさせる展開で見事に勝利しました。
最後に行われたWDでは日本人対決となりました。序盤から攻撃、守備とハイレベルなラリーとなりますが、ペアとしての経験が長い福島廣田ペアに軍配が上がり決勝進出となりました。
明日は大会最終日、各種目決勝戦が行われます。

(コーチ:中西 洋介)

女子シングルス
準決勝
大 堀 彩
(NTT東日本)
17-21
15-21
HE Bing Jiao
(中国)
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
21-10
15-21
21-15
CHEUNG Ngan Yi
(ホンコンチャイナ)
女子ダブルス
準決勝
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
21-18
21-15
米元 小春
中 志穂
(北都銀行)

【6日目】
上記大会 6日目の結果を報告します。
最終日の本日は各種目決勝戦が行われました。
まず初めに行われましたWSでは川上が登場。
相手は今大会日本選手を二度下して決勝まで進出してきた中国選手です。川上のラリー力 対中国選手の攻撃力という試合でしたが、最後までしつこいラリーをした川上に軍配があがり、見事に予選からの出場でグランプリゴールド大会で優勝するという快挙を成し遂げました。
つづいて行われましたWDでは福島廣田対中国選手という対戦になりました。
相手のひとりはYOJ大会でも優勝経験のある強敵でしたが、1ゲームを先取すると2ゲームも終盤までリードします。ここで中国選手の猛攻にあいマッチポイントから追いつかれ逆転を許します。3ゲームに入り勢いそのままに12-16まで離され苦しい展開となりますが、盛り返し19-19となります。しかし最後は強打に屈し100分に及ぶ長時間の試合を制することはできませんでした。
この試合を持ちましてニュージーランドGPG大会の全日程が終了いたしました。ご声援ありがとうございました。

(コーチ:中西 洋介)

女子シングルス
決勝
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
21-16
21-18
HE Bing Jiao
(中国)
女子ダブルス
決勝
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
21-17
22-24
19-21
XIA Huan
HONG Qianxin
(中国)