みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

YONEX OPEN JAPAN 2015

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

スディルマンカップ2015

スディルマンカップ2015
5月10日(日)~17(日) 中国 東莞市

スディルマンカップ2015観戦記

5/10 5/12 5/15(準々決勝) 5/16(準決勝) 5/17(決勝)

共同通信社運動部記者
森安楽人

5月10日
1次リーグB組ロシア戦

日本が4勝1敗で白星発進。3チームで構成されるグループの2位以上で8強入りできるため、準々決勝進出に大きく前進した。

第1試合(男子ダブルス)
●早川賢一、遠藤大由 19-21/12-21 Ivanov/Sozonov

長身ペアに終始押し込まれて完敗した。第1ゲーム3-1から連続攻撃を防ぎきれず6連続失点。低いロブが前衛に捕まることが多く、なかなか日本ペアが攻めの形に持ち込めないままストレート負けとなった。
早川が「ロビングの感覚が合わなかった」と分析するように、やや浅くなって気持ちよく打たせてしまった。「落としたりノーロブの展開にしようとしたりしたが、うまく対処されて元の展開に戻るという繰り返し」と完敗を認めた。
遠藤は「前回のスディルマン杯が駄目だったので強い気持ちで臨んだのに、全く成長していない」と悔しそう。「しっかり反省したい」と巻き返しを誓った。

第2試合(女子シングルス)
○山口茜 21-15/21-16 Perminova

デビュー戦の山口が圧倒した。2ゲームとも序盤は競ったものの、ラリーでは主導権を握り続けた。コース、高さ、緩急を自在に使い分けて振り回し、中盤で余裕を持って抜け出した。「そんなにミスが多くなかったし、みんなが応援してくれて楽しかった」と笑顔。「第2ゲームの後半で決め急いだ。もっと大きな展開にすれば点差はもっと付いた」と反省点を挙げるが、16-9と大勢が決してからの出来事で大きな問題ではないだろう。
「まずまず」と言いつつ手応えありの表情が印象的だった。「団体戦は好き」と公言し「これからはしっかり応援します」とチームの席に戻っていった。

第3試合(男子シングルス)
○桃田賢斗 21-15/21-9 Malkov

4月にシンガポール・オープンでスーパーシリーズ初優勝を果たして波に乗る20歳が問題なく格下を退けた。シンガポールから帰国後、右足首を捻挫してアジア選手権はキャンセル。今大会の直前合宿でもゲーム練習は積めず「不安で緊張した」と語る。それでも「試合に入ると踏み込みの恐怖感がなくなっていった」とゲームの中で勘を取り戻していった。
会場の「日産バスケットボールセンター」は日本で例えるなら「さいたまスーパーアリーナ」に匹敵する大きさで「ここまで大きな会場はあまり経験がない」と戸惑った。大きな体育館だとシャトルが遅く感じるという感覚面だけでなく、実際に使用するシャトルが飛ばなかったよう。冷房で風も吹いていたが「それよりもシャトル。コントロールも難しいので、明日しっかり練習で調整したい」と課題を挙げた。

第4試合(女子ダブルス)
○高橋礼華、松友美佐紀 21-9/21-10 Bolotova、Kosetskaya

世界ランキング1位のタカマツがわずか31分で一蹴した。競ったのは第1ゲームの6-6まで。松友は「コートに慣れなくて少し硬かった」と振り返るが、その後は盤石の展開だった。「コンビネーションが良かっただけでなく、レシーブもただ返すだけでなく考えてやれた」と高橋。さらに「わたしが前に出る形も何本か決まった」と昨季途中から取り組んでいる前後が入れ替わる攻撃パターンも織り交ぜた。
日本としては女子ダブルスでの1ポイントは計算に入れてしまう。もちろん2人も自覚していて、松友は「私たちの1本は絶対取らないといけない。きょうはその役割を果たせた」と安堵した。高橋も「個人的には全勝が目標。それが個人戦にもつながるので」といよいよ始まったリオデジャネイロ五輪レースも見据える。
そして「自分たちのプレーでチームのメダルに貢献したい」と締めくくった。

第5試合(混合ダブルス)
○数野健太、栗原文音 21-16/9-21/21-13 Dremin、Dimova

朴柱奉監督が「スペシャルペア」と名付けた2人が白星で国際大会デビューを飾った。速くて鋭いスマッシュの数野を生かそうと朴柱奉監督がピックアップして、直前合宿で熱血指導を施した。172センチの栗原も攻撃力があり、一般的なローテーションでのプレーも織り交ぜながら攻め込んだ。第2ゲームは2人の単調なアタックミスもあって大差で失ったが、最終ゲームは再びねじを巻き直して9-9から抜け出した。
数野は「一つ勝てて安心した」と会心の笑み。栗原は「国際大会の団体戦が初めてで、自分のことで精いっぱいだったが、数野さんが後ろで打ったりカバーしてくれたりしてくれて心強かった」と日本ユニシスの先輩に感謝した。
朴柱奉納監督も「思っていたよりも良かった」と喜びいっぱい。「数野はいい時と悪い時の差が激しいけど、今日はいい方のパワーとスピードだったね。栗原は後ろでも頑張った」と大絶賛だ。ランキングで見れば日本がスディルマン杯を戦う上で最も苦戦が予想される混合ダブルスで、希望の光となりそうだ。