みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンチャイニーズタイペイオープン2015

バドミントンチャイニーズタイペイオープン2015
(台湾 台北市 7/14-7/19)
【1日目】
上記大会1日目の結果を報告します。
本日からはじまりました台北オープングランプリゴールド大会初日は各種目予選が行われました。
日本からはMS常山とXD数野栗原ペアが予選から出場。まず最初に行われたMSでは常山が地元台湾の選手と対戦しました。1ゲームを得意のラリーで相手をまわし奪い先制します。しかし2ゲームに入るとネット前を制されリズムを失います。3ゲームは互いにリードを奪い合う激戦になりますが、最後にミスが出てしまい惜しくも敗退しました。
またもう一方の予選を戦ったXD数野栗原ペアは危なげなく予選を通過し明日の本戦に駒を進めました。
明日は本戦1回戦が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
予選1回戦
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
21-14
23-25
17-21
CHU Han Chou
(チャイニーズタイペイ)
混合ダブルス
予選1回戦
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-16
21-15
LAW Cheuk Him
YUEN Sin Ying
(ホンコンチャイナ)
予選2回戦
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
no match
DEWALKAR Akshay
SAWANT Prajakta
(インド)
予選3回戦
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-11
23-21
WU Hsiao Lin
HSIEH Pei Chen
(チャイニーズタイペイ)
【2日目】
上記大会 2日目の結果を報告します。
本日は各種目本戦1回戦が行われました。MSでは試合のあった3選手すべて敗退する結果に終わりました。
WSでは佐藤が韓国の1番手でもあるSUNG選手の激しい攻撃に耐え粘りを見せ逆転で勝利を挙げたほか奥原、高橋の2選手も勝ち明日の2回戦に駒を進めました。
MDでは金子井上ペアが世界ランキング3位の中国ペアと対戦し、ネット前での勝負で上回り見事に金星を挙げました。またWDでは日本人対決で勝利した高橋松友ペアを含む4ペアが1回戦を勝ち抜きベスト16入りを果たしました。
XDでは先のスディルマンカップでも活躍した数野栗原ペアが高い攻撃力を見せ予選を勝ち抜いた勢いそのままに1回戦を勝ち上がりました。
明日は各種目ベスト8が決定するまで試合が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
1回戦
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
15-21
21-17
16-21
ZAINUDDIN Iskandar Zulkarnain
(マレーシア)
武 下 利 一
(トナミ運輸)
12-21
13-21
WONG Wing Ki Vincent
(ホンコンチャイナ)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
2-7
棄権
POCHTAREV Artem
(ウクライナ)
女子シングルス
1回戦
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-19
21-16
SUNG Ji Hyun
(韓国)
大 堀 彩
(NTT東日本)
21-12
15-21
9-21
TAI Tzu Ying
(チャイニーズタイペイ)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-18
21-11
HSU Ya Ching
(チャイニーズタイペイ)
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
8-21
16-21
WANG Shixian
(中国)
橋 本 由 衣
(NTT東日本)
16-21
22-20
17-21
PORNPAWEE Chochuwong
(タイ)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
21-13
21-14
PAI Yu Po
(チャイニーズタイペイ)
今 別 府 香 里
(ヨネックス)
13-21
21-11
17-21
BURANAPRASERTSUK Porntip
(タイ)
男子ダブルス
1回戦
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-17
18-21
21-13
CHAI Biao
HONG Wei
(中国)
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-15
21-10
LIU Wei Chen
YANG Po Han
(チャイニーズタイペイ)
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
21-18
21-10
FADHILAH Irfan
KIDO Markis
(インドネシア)
嘉 村 健 士
園 田 啓 悟
(トナミ運輸)
21-18
26-24
KOO Kien Keat
TAN Boon Heong
(マレーシア)
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
19-21
13-21
KO Sung Hyun
SHIN Baek Choel
(韓国)
女子ダブルス
1回戦
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
21-16
22-20
LEE So Hee
SHIN Seung Chan
(韓国)
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-14
21-13
米元 小春
田中 志穂
(北都銀行)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21- 8
21-11
HSU Ya Ching
PAI Yu Po
(チャイニーズタイペイ)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
21-23
21-17
22-20
NGUYEN Thi Sen
VU Thi Trang
(ベトナム)
永 原 和 可 那
松 本 麻 佑
(北都銀行)
17-21
14-21
POON Lok Yan
TSE Ying Suet
(ホンコンチャイナ)
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
10-21
17-21
MAHESWARI Nitya Krishinda
POLII Greysia
(インドネシア)
混合ダブルス
1回戦
井 上 拓 斗
(日本ユニシス)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
16-21
12-21
WIDIANTO Riky
DILI Puspita Richi
(インドネシア)
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-12
21-17
TAN Chee Tean
LAI Shevon Jemie
(マレーシア)
【3日目】
上記大会 3日目の結果を報告します。
本日は各種目ベスト8まで出揃いました。
WSでは奥原、佐藤は危なげなく勝利し準々決勝進出をあっさり決めました。一方、高橋は中国の強豪WANG選手と対戦しました。序盤から一進一退の攻防を見せ互角の戦いを演じます。3ゲーム16対20から粘りを見せ一時は同点まで追いつき
ますが、最後に押し切られ残念ながら敗退となりました。
またMDでは早川遠藤、金子井上の両ペアは好調を保ち快勝しましたが、平田橋本、嘉村園田ペアは強敵に果敢に挑みますが、惜しくも敗退となりました。
WDでは日本人対決を制した高橋松友ペアとベテランの松尾内藤ペアがしぶとく勝利を挙げ明日の準々決勝に駒を進めました。
XDでは数野栗原ペアが世界ランキング1位の中国ペアに真っ向から勝負を挑みますが、延長ゲームまで持ち込む粘りは見せたものの敗退しました。明日は各種目準々決勝が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
女子シングルス
2回戦
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-17
21- 7
KIM Hyo Min
(韓国)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-14
21-16
JINDAPOL Nitchaon
(タイ)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
18-21
21-10
22-24
WANG Shixian
(中国)
男子ダブルス
2回戦
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-11
21-13
PANKARYANIRA Arya Wahyu Nayaka
YUSUF Ade
(インドネシア)
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-17
21- 8
KURUNIAWAN Femando
YEUNG Shing Choi
(ホンコンチャイナ)
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
19-21
15-21
KO Sung Hyun
SHIN Baek Choel
(韓国)
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
16-21
14-21
AHSAN Mohammad
SETIAWAN Hendra
(インドネシア)
女子ダブルス
2回戦
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
16-21
22-20
21-12
CHAYANIT Chaladchalam
MUENWONG Phataimas
(タイ)
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21- 9
21-12
福島 由紀
廣田 彩花
(再春館製薬所)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21-17
16-21
16-21
MAHESWARI Nitya Krishinda
POLII Greysia
(インドネシア)
混合ダブルス
2回戦
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
12-21
21-23
ZHANG Nan
ZHAO Yunlei
(中国)
【4日目】
上記大会 4日目の結果を報告します。
本日は各種目準々決勝が行われました。WSでは佐藤が地元台湾代表のTAI選手と対戦。完全アウェーという厳しい状況で粘りを見せますが、惜しくも敗退しました。また奥原はロンドンオリンピック金メダリストのLI選手の高速ラリーに必死の抵抗を見せますが、残念ながら敗退しました。
WDではナショナルA代表の高橋松友ペアが韓国ペアと対戦。多彩な技を武器に攻め込みますが、相手に粘られ長いラリーが続く試合は2ゲームで70分を超える試合となります。最後は29対29で一本もぎ取り勝利となりました。
最後に行われましたMDでは金子井上ペアが、同じようにシードペアを破って勝ち上がってきたインドネシアペアと対戦。競り合いを見せますが、最後に押し切られ敗退しました。なお早川遠藤ペアも強豪中国ペアと内容のある試合を見せますが、惜しくも敗退しました。
明日は各種目準決勝が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
女子シングルス
準々決勝
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
14-21
18-21
TAI Tzu Ying
(チャイニーズタイペイ)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
12-21
12-21
LI Xuerui
(中国)
男子ダブルス
準々決勝
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
24-26
14-21
FU Haifeng
ZHANG Nan
(中国)
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
19-21
18-21
FERNALDI Gideon Markus
SUKAMULJO Kevin Sanjaya
(インドネシア)
女子ダブルス
準々決勝
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
10-21
3-21
MAHESWARI Nitya Krishinda
POLII Greysia
(インドネシア)
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-19
30-29
GO Ah Ra
YOO Hae Won
(韓国)
【5日目】
上記大会 5日目の結果を報告します。
本日は各種目準決勝が行われました。
日本選手で準決勝まで勝ち残ったのは高橋松友のみとなりました。その高橋松友の対戦相手は今大会第4シードでアジア大会の個人戦決勝でも対戦したインドネシアペアです。
1ゲーム序盤から相手のリズムで試合が進み微妙なラインジャッジも相手に優位な方に働くなどして先制を許します。
2ゲームに入り積極的に攻撃を仕掛け、自分たちのペースに引き戻そうとしますが、リードを奪うまでには届かず惜しくも敗退しました。
この試合を持ちまして台北オープンGPG大会の日本人選手の全日程が終了いたしました。
ご声援ありがとうございました。

(コーチ:中西 洋介)
女子ダブルス
準決勝
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
12-21
16-21
MAHESWARI Nitya Krishinda
POLII Greysia
(インドネシア)