みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

YONEX OPEN JAPAN 2015

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンUSオープン2015

バドミントンUSオープン2015
(アメリカ ニューヨーク市 6/16-6/21)
【1日目】
上記大会1日目の結果を報告します。
本日からはじまりましたUSオープングランプリゴールド大会初日は各種目予選と、MS本戦1回戦が行われました。日本選手はすべての選手が本戦からの戦いとなりました。
MSナショナルA代表の佐々木は中国選手と対戦。序盤から相手の攻撃に苦しみ劣勢に立たされます。2ゲームに入り頑張りは見せるものの惜しくも敗退となりました。
また坂井はマレーシアのLEEと対戦。連続攻撃を見せ一時は同点まで競り合うものの後半で引き離され、こちらも敗退となりました。その他の選手は危なげなく勝利しました。
明日は各種目ベスト16まで行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
1回戦
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
16-21
13-21
HUANG Yuxiang
(中国)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21- 7
21- 5
CABRERA William
(DOM)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
14-21
13-21
LEE Chong Wei
(マレーシア)
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-19
21-17
VELAQUEZ Emesto
(ESP)
西 本 拳 太
(中央大学)
21- 8
21- 7
SHEKHTMAN Alan
(アメリカ)
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
21- 7
21-11
COUTURE Luke
(CAN)
【2日目】
上記大会 2日目の結果を報告します。
本日は各種目ベスト16まで行われました。
MSでは西本が同年代の中国選手にオーストラリアSS大会で敗退したリベンジを果たし大きな勝利をあげました。
WSでは今別府、大堀、三谷が3ゲームまでもつれ込む接戦でしたが、粘り強く戦い勝利をあげ出場8選手がすべてベスト16まで進出しました。
つづくMDでは園田嘉村ペアが中国ペアと対戦しましたが、シード選手の貫録を見せストレートで勝利したほか、若い保木小林ペアも各上の第三シードのデンマークペアを接戦で下しました。
WDでは4ペアが明日の2回戦に残りました。
最後にXDでは苦戦する場面はあったものの2ペアとも勝ち上がりました。明日は各種目ベスト8まで行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
2回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-12
21-13
KARUNARATNE Niluka
(スリランカ)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21-10
19-21
21-14
DE OLIVEIRA Ygor Coelho
(ブラジル)
常 山 幹 太
(トナミ運輸)
11-21
18-21
OUSEPH Rajiv
(イギリス)
西 本 拳 太
(中央大学)
21-16
21-15
XUE Song
(中国)
女子シングルス
1回戦
今 別 府 香 里
(ヨネックス)
21- 5
16-21
21- 6
HONDERICH Rachel
(カナダ)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-15
21- 6
P.C.Thulasi
(インド)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
21-18
21-15
WANG Iris
(アメリカ)
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
12-21
21-15
21-13
SCHNAASE Karin
(ドイツ)
橋 本 由 衣
(NTT東日本)
21-17
21-11
RANE Saili
(インド)
山 口 茜
(勝山高校)
22-20
21-18
YIGIT Neslihan
(トルコ)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21- 5
21-15
VICENTE Lohaynny
(ブラジル)
大 堀 彩
(NTT東日本)
21-19
17-21
21-14
LI Yun
(中国)
男子ダブルス
1回戦
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
21-15
21-11
LI Kevin
AKURA Nyl
(カナダ)
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-15
21-19
HUANG Kaixiang
ANG Sijie
(中国)
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
14-21
21-13
21- 8
CHEW Phillip
ONGNAIRAT Sattawat
(アメリカ)
金 子 祐 樹
井 上 拓 斗
(日本ユニシス)
21-17
20-22
16-21
LEE Jhe Huei
EE Yang
(台北)
保 木 卓 郎
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
21-16
21-19
ASTRUP Kim
ASMUSSEN Anders
(デンマーク)
女子ダブルス
1回戦
前 田 美 順
垣 岩 令 佳
(再春館製薬所)
10-11
棄権
BRUCE Alex
HAN Phyllis
(カナダ)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21- 9
21-10
HSIEH Pei Chen
U Ti Jung
(台北)
永 原 和 可 那
松 本 麻 佑
(北都銀行)
16-21
14-21
GUTTA Jwala
ONNAPPA Ashwini
(インド)
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
21-11
21-17
BARNING Samantha
ABELING Iris
(オランダ)
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
21-18
22-20
GADRE Pradnya
.Sikki Reddy
(インド)
混合ダブルス
1回戦
井 上 拓 斗
(日本ユニシス)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
21-12
21-19
LABAR Ronan
EFEL Emilie
(フランス)
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
10-21
21-14
21-15
LEE Yang
U Fang Chien
(台北)
【3日目】
上記大会 3日目の結果を報告します。
本日は各種目ベスト8まで行われました。
MSでは大学生の西本がストレートで武下をやぶり日本人対決を制したほか、上田もインド選手を大接戦の末にファイナルゲームで振り切り勝利しました 。
続いてWSでは佐藤が昨年の覇者でもあるアメリカ選手に快勝し準々決勝に駒を進めたほか、計5選手が勝ち上がりました。
つづいてMDでは惜しくも平田橋本ペアは敗退しましたが、残る3ペアが勢いある試合を見せ勝利しました。WDでも松尾内藤対米元田中という日本人対決になりましたが、実績にまさる先輩ペアが安定感をみせ勝ちました。
XDではスディルマンカップでも活躍した数野栗原ペアが実力あるオランダペアに挑み互角の戦いを見せますが、終盤で離され惜しく も敗退しました。
本日は各種目準々決勝が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
3回戦
西 本 拳 太
(中央大学)
21-13
21-10
武下 利一
(トナミ運輸)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
22-20
13-21
21-16
R.M.V Gurusaidutt
(インド)
女子シングルス
2回戦
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-19
21-14
ZHANG Beiwen
(アメリカ)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
21-16
21-18
CHENG Chi Ya
(台北)
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
17-21
21-12
21-18
橋本 由衣
(NTT東日本)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
22-20
21-10
大堀 彩
(NTT東日本)
山 口 茜
(勝山高校)
21-13
22-20
今別府 香里
(ヨネックス)
男子ダブルス
2回戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-13
21-19
KAESBAUER Peter
AMSFUSS Mark
(ドイツ)
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
24-22
21-10
LIN Chia Yu
U Hsiao Lin
(台北)
保 木 卓 郎
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
18-21
21-19
21-17
COLES Christopher
(イギリス)
AN Rietvelde
(スコットランド)
平 田 典 靖
橋 本 博 且
(トナミ運輸)
18-21
21-14
19-21
ATTRI Manu
.Sumeeth Reddy
(インド)
女子ダブルス
2回戦
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
19-21
21-15
21-15
POON Lok Yan
SE Ying Suet
(ホンコンチャイナ)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
21- 7
22-20
米元 小春
田中 志穂
(北都銀行)
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
21-10
21-12
LEE Eva
BANANA Paula Lynn
(アメリカ)
混合ダブルス
2回戦
井 上 拓 斗
(日本ユニシス)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
13-21
14-21
MIDDLETON Robin
HOO Leanne
(オーストラリア)
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-13
19-21
17-21
ARENDS Jacco
IEK Selena
(オランダ)
【4日目】
上記大会 4日目の結果を報告します。
本日は各種目準々決勝が行われました。
まずMSでは上田、西本ともに上位ランカーとの対戦となりましたが、終盤競り合うものの惜敗しました。
つづくWSでは、ナショナルAの山口、奥原とナショナルBの高橋、佐藤の4名の日本人が上位を独占する形となり日本人同士による優勝を争う形になりました。
またMDでは園田嘉村、保木小林というトナミ運輸勢が勢いそのままに勝利しベスト4入りを果たしました。数野山田ペアはファイナルゲームまでもつれ込む大接戦となりましたが、最後に押し切られ悔しい敗戦となりました。
最後にWDですが、栗原篠谷ペアは快勝。日本人対決となったもう一戦は福万與猶ペアが2ゲームの競り合いをものにし、準決勝に進出しました。
明日は各種目準決勝が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
男子シングルス
準々決勝
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
11-21
19-21
CHOU Tien Chen
(台北)
西 本 拳 太
(中央大学)
10-21
16-21
VITTINGHUS Hans Kristian
(デンマーク)
女子シングルス
準々決勝
山 口 茜
(勝山高校)
21-23
21-13
21-16
GILMOUR Kirsy
(スコットランド)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21- 8
21-15
三谷 美菜津
(NTT東日本)
高 橋 沙 也 加
(日本ユニシス)
21-17
22-20
CHEUNG Ngan Yi
(ホンコンチャイナ)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21- 7
8-21
21- 9
YAYING Shen
(中国)
男子ダブルス
準々決勝
数 野 健 太
山 田 和 司
(日本ユニシス)
13-21
21-19
18-21
JUNHUI Li
UCHEN Liu
(中国)
嘉 村 健 士
園 田 啓 悟
(トナミ運輸)
21-13
19-21
21-18
LEE Jhe Huei
EE Yang
(台北)
保 木 卓 郎
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
21-18
21-15
DECHAPOL Puavaranukroh
ITTINUPONG Kedren
(タイ)
女子ダブルス
準々決勝
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
22-20
21-14
HUANG Mei Ching
IU Shu Chih
(台北)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21-11
21-19
松尾 静香
(NTT東日本)
内藤 真実
(ヨネックス)
【5日目】
上記大会 5日目の結果を報告します。
本日は各種目準決勝が行われました。
WSでは両試合とも日本人対決となりました。 
奥原対高橋の試合はラリー戦を制した奥原に軍配があがりました。
またもう一方の山口対佐藤の試合は、山口が1ゲームを先制しますが、途中で痛めた足首の影響からか2ゲームから動きが落ち佐藤に逆転を許す形となりました。つづくWDでは栗原篠谷ペアが今大会第4シードのインド選手と対戦しましたが、スピードで上回り快勝しました。福万與猶ペアは中国の強豪ペアに敗退しました。
最後に行われたMDでは園田嘉村ペアがインドペアと対戦しましたが、流れに乗ることができず悔しい敗戦となりました。またあたらしくナショナルメンバーに昇格した保木小林ペアも健闘したしたものの、中国ペアに惜敗しました。
最終日の明日は各種目決勝が行われます。

(コーチ:中西 洋介)
女子シングルス
準決勝
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-18
21-10
高橋 沙也加
(日本ユニシス)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
22-24
21-11
21- 8
山口 茜
(勝山高校)
男子ダブルス
準決勝
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
17-21
17-21
ATTRI Manu
.Sumeeth Reddy
(インド)
保 木 卓 郎
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
17-21
21-18
11-21
JUNHUI Li
UCHEN Liu
(中国)
女子ダブルス
準決勝
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
21-17
21-11
GUTTA Jwala
ONNAPPA Ashwini
(インド)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
18-21
5-21
YU Yang
HONG Qianxin
(中国)
【6日目】
上記大会6日目の結果を報告します。
最終日の本日は各種目決勝戦が行われました。
日本からはWS2名、WD1ペアの4名が決勝戦を戦いました。日本人対決となりましたWSではナショナルAの奥原対ナショナルBの佐藤の戦いとなりました。互いにここまで順調に勝ち上がってきたもの同士の対決となりましたが、ラリー力に勝る奥原が自分のペースを守る展開で試合が始まると、佐藤に付け入る隙を与えずストレートで勝利しました。今年に入りマレーシアマスターズに続くグランプリゴールド大会優勝となりました。
またWDでは栗原篠谷ペア対オリンピックでの金メダルを取ったこともあるYU選手ペアとの対戦となりました。こちらはサーブからの展開で先手を許すとペースを乱されてしまい惜しくも敗戦となりましたが、立派な準優勝という結果でした。
この試合をもちまして今大会の日本人選手の全試合が終了いたしました。ご声援ありがとうございました。

(コーチ:中西 洋介)
女子シングルス
決勝
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-16
21-14
佐藤 冴香
(ヨネックス)
女子ダブルス
決勝
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
14-21
10-21
YU Yang
HONG Qianxin
(中国)