みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

第71回 全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

ベトナムオープン2015

ベトナムオープン2015
(ベトナム ホーチミン市 8/24-8/30)
【2日目】
上記大会2日目の結果を報告します。
昨日から始まっておりますベトナムグランプリ大会2日目は日本人選手の初戦が行われました。
まず初めに行われたWSでは高校生の川上、仁平が参戦。ファイナルゲームにもつれ込む試合はあったものの粘り強く戦い予選を勝ち抜きました。
次に行われたMDでは大学生の古賀齋藤ペアがタイのペアに対し2ゲームを大接戦の末に敗れるものの、3ゲームを取り返しこちらも予選突破となりました。
最後に行われましたMS本戦1回戦では西本が台北選手と対戦。長身からのスマッシュに対処しストレートで勝利しました。明日はすべての種目の本戦が行われます。

(コーチ:崔 相範)
男子シングルス
1回戦
西 本 拳 太
(中央大学)
21-12
21-17
SHIN Kuei Chun
(チャイニーズタイペイ)
女子シングルス
予選1回戦
仁 平 菜 月
(富岡高校)
21-10
21-14
AMIRIPOUR Negin
(イラン)
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
21-10
21- 8
WONG Julia Pei Xian
(マレーシア)
予選2回戦
仁 平 菜 月
(富岡高校)
16-21
22-20
21-12
SUWANNAKITBORIHAN Sarita
(タイ)
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
21- 8
21-14
TAM Jennifer
(オーストラリア)
男子ダブルス
予選1回戦
古 賀 輝
齋 藤 太 一
(早稲田大学)
21-18
21-13
LEE Jian Yi
LIM Zhen Ting
(マレーシア)
予選2回戦
古 賀 輝
齋 藤 太 一
(早稲田大学)
21-15
23-25
21-13
BURANAKUEA Watchara
THONGNUAM Parinyawat
(タイ)
【3日目】
上記大会 3日目の結果を報告します。
本日は本戦1、2回戦が行われました。
MSでは中央大学の西本がシード選手を大接戦の末に破り大きな勝利を挙げました。
またWS川上もファイナルゲームセティングまでもつれた僅差の勝負を制しました。
続いて行われたMDでは早稲田大学の古賀齋藤がチャイニーズタイペイのペアと対戦。1ゲームを落とす苦しい展開ではじまりますが、2ゲームを取り返し粘りを見せます。しかし3ゲームでリードを許してしまい敗退しました。
XDは危なげなく香港に勝利。
最後に行われましたWDでは唯一、社会人選手として出場した米元田中でしたが、ファイナルゲームで敗退しました。

(コーチ:崔 相範)
男子シングルス
2回戦
西 本 拳 太
(中央大学)
21-15
13-21
21-18
JAYARAM Ajay
(インド)
女子シングルス
2回戦
仁 平 菜 月
(富岡高校)
15-21
13-21
YAO Xue
(中国)
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
22-24
21-10
23-21
HSU Ya Ching
(チャイニーズタイペイ)
男子ダブルス
2回戦
古 賀 輝
齋 藤 太 一
(早稲田大学)
13-21
21-16
15-21
LIN Chia Yu
WU Hsiao Lin
(チャイニーズタイペイ)
女子ダブルス
1回戦
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
8-21
21-17
13-21
IMAWAN Gebby Ristiyani
NURAIDAH Tiara Rosalia
(インドネシア)
混合ダブルス
1回戦
古 賀 輝
(早稲田大学)
米 元 小 春
(北都銀行)
21-7
21-13
TANG Chun Man
POON Lok Yan
(ホンコンチャイナ)
【4日目】
上記大会4日目の結果を報告します。
本日は各種目ベスト8が出揃うまで行われました。
MS西本は混戦ゾーンを勝ち上がってきたインドネシアの選手と対戦し危なげなく勝利しました。またWS川上も高校生ながら落ち着いた試合を見せ一度対戦した経験もあるシンガポールの選手に貫録勝ちを収めました。残念ながらXDは強豪中国ペアの前に善戦しましたが、敗退となりました。
明日は各種目ベスト4まで行われます。

(コーチ:崔 相範)
男子シングルス
3回戦
西 本 拳 太
(中央大学)
21-13
21-16
AZIZAN Mahbub Thomi
(インドネシア)
女子シングルス
2回戦
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
21-12
21-11
CHEN Jiayuan
(シンガポール)
女子ダブルス
2回戦
古 賀 輝
(早稲田大学)
米 元 小 春
(北都銀行)
17-21
16-21
HUANG Kaixiang
HUANG Dongping
(中国)
【5日目】
上記大会5日目の結果を報告します。
本日は各種目準々決勝が行われました。MSでは西本がマレーシアのCHONG選手と対戦。
左利きから繰り出されるショットに苦しみストレートで敗退しました。
つづくWSでは高校生の川上がタイの強豪と対戦。1ゲームを奪われる苦しいスタートとなりますが、粘り強いラリーで逆転に成功し最後は大接戦の末に勝利をもぎ取りました。
明日は各種目準決勝が行われます。

(コーチ:崔 相範)
男子シングルス
準々決勝
西 本 拳 太
(中央大学)
20-22
15-21
CHONG Wei Feng
(マレーシア)
女子シングルス
準々決勝
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
16-21
21-16
23-21
BURANAPRASERTSUK
orntip
(タイ)
【6日目】
上記大会6日目の結果を報告します。
本日は各種目準決勝が行われました。日本選手団から準決勝まで進出したのはWS川上のみとなりました。その川上は準決勝で同年代のタイの選手と対戦。ここまで激戦を勝ち上がってきており疲れが心配されたが、本日の準決勝は序盤から軽い動きで相手を圧倒し見事に快勝しました。ニュージーランドGPG大会に続く決勝進出を決め国際大会での強さを改めて証明しました。
明日は第一シードの選手を下して決勝まで勝ち上がってきたインドネシアの若い選手との対戦となりました。

(コーチ:崔 相範)
女子シングルス
準決勝
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
21-14
21-10
KATETHONG Supanida
(タイ)
【7日目】
上記大会7日目の結果を報告します。
ベトナムグランプリ最終日の本日は各種目決勝が行われました。
日本選手の中で唯一決勝まで勝ち進んだ富岡高校の川上はインドネシアの選手と対戦。準決勝のタイの選手に引き続き十代
同士の対決となった決勝は序盤から激しい攻防となりました。延長ゲームにもつれ込んだ1ゲームを26-24で制しリードしますが、2ゲームを18点で取られファイナルゲームに突入します。
若い選手同士の決勝となった試合は終盤まで粘り強くラリーをした川上に軍配が上がり見事にニュージーランドGPG大会に続く優勝を飾りました。この試合を持ちましてベトナムGP大会の
全日程が終了いたしました。ご声援ありがとうございました。

(コーチ:崔 相範)
女子シングルス
決勝
川 上 紗 恵 奈
(富岡高校)
26-24
18-21
21-10
FITRIANI Fitriani
(インドネシア)