みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

ジュニア・ターゲットスポーツの育成・強化 JSC委託事業

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

2015年世界ジュニアバドミントン選手権大会

2015年世界ジュニアバドミントン選手権大会 11/4-11/17 ペルー リマ市

 
 

 
 

 
 

 
 

 
 

個人戦結果

団体戦結果はこちら

【1日目 - 個人戦】
上記大会 個人戦1日目の結果を報告します。
本日から個人戦男女シングルス、混合ダブルスが、男女ダブルスが128drawで、15日まで行われます。
本日は、混合ダブルス1・2回戦と、男女シングルスの1回戦が行われました。
好発進、団体戦の雪辱を果たすべく全試合気持ちの入った試合で、混合の酒井・曽根組は、タイ選手にファイナル19本で敗れたが、他の試合は順調に勝ち上がりました。
2回戦より当たりのきつい試合が多く、接戦が予想されます。万全の態勢でサポートして一つでも多く上位進出できるよう頑張りたいと思います。
(コーチ:明神 憲一)
男子シングルス
1回戦
三 橋 健 也
(富岡)
21-17
21- 7
Martinez Ailton Josue Correa
(メキシコ)
小 倉 由 嵩
(東大阪大学柏原)
22-20
21-13
Lidman Morgan
(スウェーデン)
渡 辺 勇 大
(富岡)
21-10
21- 7
Gompertz Matias
(中国)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
21-14
21-7
Martinez Alfredo Correa
(メキシコ)
女子シングルス
1回戦
齊 藤 栞
(埼玉栄)
21- 7
21- 8
Ceylan Buse
(トルコ)
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
21-12
21-14
Ruutel Helina
(エストニア)
混合ダブルス
1回戦
志 田 千 陽
(青森山田)
森 岡 秀 斗
(埼玉栄)
21-17
21-12
Flynn Max
Liew Fee Teng
(イングランド)
小 野 寺 雅 之
(埼玉栄)
松 山 奈 未
(九国大付)
21-11
15-21
21- 2
Jassiel Guardado
Hernandez Mazee
(エル・サルバドル)
酒 井 健 登
(埼玉栄)
曽 根 夏 姫
(青森山田)
15-21
21-18
19-21
Tantianakul Krit
Katethong Supanida
(タイ)
2回戦
志 田 千 陽
(青森山田)
森 岡 秀 斗
(埼玉栄)
21- 9
21- 8
Artiga Uriel Francisco Canjura
Fuentes Fatima Beatriz Centeno
(ESA)
小 野 寺 雅 之
(埼玉栄)
松 山 奈 未
(九国大付)
21-11
21-18
Kweekel Joran
Aar Imke Van Der
(オランダ)
小 川 桂 汰
(埼玉栄)
高 畑 祐 紀 子
(大宮東)
21-17
22-20
Mortensen Fredrik Sogaard
Hansen Ditte Soby
(デンマーク)
【2日目 - 個人戦】
上記大会 個人戦2日目の結果を報告します。
本日男子シングルス2回戦、女子シングルス2・3回戦、男女ダブルス2・3回戦が行われました。
本日勝ち上がったのが、男子単ベスト32三橋、渡邉、小倉。女子シングルスベスト16川上・仁平・荒木。
男子ダブルスベスト16渡辺・三橋。女子ダブルスベスト16志田・松山、小野・高畑が勝ち残りました。
体調不良の選手も多く苦戦が強いられますが目標の5個のメダル獲得のため、全員で力を合わせ
頑張りたいと思いますので、ご声援よろしくお願いします。
(コーチ:明神 憲一)
男子シングルス
2回戦
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
棄権
×
Ho-Shue Jason Anthony
(カナダ)
三 橋 健 也
(富岡)
21-16
10-21
21-18
Kim Moon Jun
(韓国)
小 倉 由 嵩
(東大阪大学柏原)
21- 3
21- 2
Noguera Juan
(コロンビア)
渡 辺 勇 大
(富岡)
17-21
12-21
Leelavechabutr Kantawat
(タイ)
女子シングルス
2回戦
仁平 菜月
(富岡)
22-24
21-12
21-14
齊 藤 栞
(埼玉栄)
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
21-10
21- 8
Rivva Fernanda Saponara
(ペルー)
川 上 紗 恵 奈
(富岡)
21-19
21-13
Pan Crystal
(アメリカ)
3回戦
仁 平 菜 月
(富岡)
21-10
21-11
Li Yvonne
(ドイツ)
川 上 紗 恵 奈
(富岡)
21- 6
21-12
Ngan Miu Lin
(ENGイングランド)
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
21-10
21-11
Shreyanshi Pardeshi
(インド)
男子ダブルス
2回戦
三 橋 健 也
渡 辺 勇 大
(富岡)
21- 5
21- 8
Yuen Ronald Chang
Ramdhani Narayan
(ガイアナ)
酒 井 健 登
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
21- 9
21-13
Li Sebastian Ming
Veenstra Niels
(オランダ)
森 岡 秀 斗
小 川 桂 汰
(埼玉栄)
19-21
21-13
15-21
Eipe Joel Mortensen
Frederik Sogaard
(デンマーク)
3回戦
三 橋 健 也
渡 辺 勇 大
(富岡)
21- 4
21-10
Ibeas Alejo Javier
Vazquez Alvaro
(ESPスペイン)
酒 井 健 登
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
22-24
12-21
Chengkai Han
Haodong Zhou
(中国)
女子ダブルス
2回戦
小 野 菜 保
(金沢向陽)
高 畑 祐 紀 子
(大宮東)
21-13
21- 7
Chan Victoria
Lam Alicia
(アメリカ)
松 山 奈 未
(九国大付)
志 田 千 陽
(青森山田)
21-14
21-10
Hsu Wen Chi
Sung Shuo Yun
(台湾)
曽 根 夏 姫
(青森山田)
川 島 美 南
(埼玉栄)
21-13
21- 7
Fu Sally
Zhang Christine
(ニュージーランド)
3回戦
小 野 菜 保
(金沢向陽)
高 畑 祐 紀 子
(大宮東)
21-15
26-24
Cheong Anna Ching Yik
Teoh Mei Xing
(マレーシア)
松 山 奈 未
(九国大付)
志 田 千 陽
(青森山田)
21- 9
21-11
Cizelj Ema
Stovanje Nastja
(スロベニア)
曽 根 夏 姫
(青森山田)
川 島 美 南
(埼玉栄)
14-21
17-21
Kuuba Kristin
Ruutel Heling
(エストニア)
【3日目 - 個人戦】
上記大会個人戦3日目の結果を報告します。
本日、混合ダブルス・男子シングルスの3・4回戦と、女子シングルス・男女ダブルスの4回戦が行われ、男子シングルス渡邉(埼玉栄)、女子シングルス仁平(富岡)・荒木(西武台千葉)、男子ダブルス渡辺・三橋(富岡)組、女子ダブルス松山(九国大付)・志田(青森山田)組、混合ダブルス志田(青森山田)・森岡(埼玉栄)組が見事、ベスト8進出を決めました。
男子シングルス渡邉は、3回戦で第2シードのマレーシア選手と対戦し、1ゲーム目サービス場面で先手を取られ、ディフェンスに回りスピードで圧倒されました。2ゲーム目長めのショートサーブで対応し、中盤まで競ったが、後半持ち前のフライングレシーブを連発し、17本で取りました。ファイナルは、ほぼノーミスで11-1で折り返し、相手の反撃もあったが12本で勝利しました。その他の試合も接戦をものにしたり、落としたり、見ごたえのある試合が多く今まで以上に日本の競技力の向上を、この目で見ることができました。
あすは、各種目準々決勝が行われます。メダル5個を目標にしっかりサポートしたいと思います。
(コーチ:明神 憲一)
男子シングルス
3回戦
三 橋 健 也
(富岡)
23-21
22-20
Popov Toma Junior
(フランス)
小 倉 由 嵩
(東大阪大学柏原)
15-21
21-19
21-16
Sun Feixiang
(中国)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
15-21
21-17
21-12
Cheam June Wei
(マレーシア)
4回戦
小 倉 由 嵩
(東大阪大学柏原)
12-21
17-21
Lin Guipu
(CHN中国)
三 橋 健 也
(富岡)
7-21
14-21
R.Satheishtharan
(マレーシア)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
21-18
21- 9
Sen Chirag
(インド)
女子シングルス
4回戦
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
21-15
12-21
21-19
川上 紗恵奈
(富岡)
男子ダブルス
4回戦
三 橋 健 也
渡 辺 勇 大
(富岡)
21-19
21-15
Tan Jinn Hwa
Goh Sze Fei
(マレーシア)
女子ダブルス
4回戦
小 野 菜 保
(金沢向陽)
高 田 祐 紀 子
(大宮東)
11-21
12-21
Chen Qingchen
Jia Yifan
(中国)
松 山 奈 未
(九国大付)
志 田 千 陽
(青森山田)
21- 9
21- 9
Hansen Ditte Soby
Jakobsen Julie Dawall
(デンマーク)
混合ダブルス
3回戦
志 田 千 陽
(青森山田)
森 岡 秀 斗
(埼玉栄)
21-12
21- 9
Krapez Andraz
Cizelj Ema
(スロベニア)
小 野 寺 雅 之
(埼玉栄)
松 山 奈 未
(九国大付)
21-13
21-17
Ivanic Miha
Arih Nika
(スロベニア)
小 川 佳 汰
(埼玉栄)
高 畑 祐 紀 子
(大宮東)
14-21
12-21
Po Li-Wei
Chen Wan Ting
(台湾)
4回戦
志 田 千 陽
(青森山田)
森 岡 秀 斗
(埼玉栄)
21-13
21-11
Namkul Adulrach
Chochuwong Pornpawe
(タイ)
小 野 寺 雅 之
(埼玉栄)
松 山 奈 未
(九国大付)
10-21
11-21
He Jiting
Du Yue
(中国)
【4日目 - 個人戦】
上記大会 個人戦4日目の結果を報告します。
本日、各種目準々決勝が行われ、見事出場した6試合すべてに勝利し、6つのメダルを確定させました。
MSの渡邉航貴選手は、ノーシードから接戦を勝ち上がり、第13シードのシンガポール選手をストレートで破りました。MD第3シードの三橋健也・渡辺勇大組は、中国2番手ペアを大接戦の末、ストレートで勝ちました。
WS仁平菜月選手は、第1シードの中国選手と対戦し、迎えたファイナル中盤まで互角だったが、仁平がミスを連発し11-16とリードを許した。しかし、今日はここから違った。いつも諦めている厳しい球を神がかり的に返球し、19-17とリードしたがさすがチャンピオン、スピードをあげて襲い掛かって19オール会場のボルテージは最高潮に達したその時、仁平が長いラリーの末スマッシュをラインぎりぎりに決め、マッチポイント。最後は、相手がスマッシュをネットかけゲーム終了。飛び跳ねて喜ぶ仁平を見るのは久しぶりだった。
WDの松山奈未・志田千陽組は、中国ベアに圧勝。気持ちよかった。
XDの志田千陽・森岡秀斗組は、第3シードのイングランドペアをファインルで破り、本日の試合すべて勝利で終わりました。
明日、各種目準決勝が行われます。全種目決勝進出に向け準備して、サポートをしたいと思います。
(コーチ:明神 憲一)
男子シングルス
準々決勝
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
24-22
21-17
Loh Kean Yew
(シンガポール)
女子シングルス
準々決勝
仁 平 菜 月
(富岡)
12-21
21-13
21-19
He Bingiao
(中国)
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
21-16
21-18
Fangjie Gao
(中国)
男子ダブルス
準々決勝
三 橋 健 也
渡 辺 勇 大
(富岡)
21-19
21-19
Xiangyu Ren
Tan Qiang
(中国)
女子ダブルス
準々決勝
松 山 奈 未
(九国大付)
志 田 千 陽
(青森山田)
21-13
21- 9
Chen Lu
Zhou Chaomin
(中国)
混合ダブルス
準々決勝
志 田 千 陽
(青森山田)
森 岡 秀 斗
(埼玉栄)
21-17
17-21
21-12
Rane Ben
Pugh Jessica
(イングランド)
【5日目 - 個人戦】
上記大会 個人戦4日目の結果を報告します。
本日、各種目準決勝が行われ、MD第3シードの三橋・渡辺は、第1シードの中国選手と対戦し、団体戦の時は、速い攻撃をしのぎ、自分た
ちのペースで試合を進めたが、この試合では相手の気迫に圧倒され、攻め込まれストレートで敗れました。
WD第12シードの松山・志田は、第10シードの中国選手と対戦し、1ゲーム目相手の速いドライブに着いていけず取られました。2ゲーム目は、クリアーとカットをうまく使い相手を動かす戦法を取るとこれがはまり、14本で取り返す。ファイナルは、出だし5-2とリードするも、サービスを3回連続ミスし、流れを相手に渡してしまい12本で敗れた。
WS第11シードの仁平は、マレーシア選手と対戦しファイナル14-17までもつれたが、最後は足が止まり敗れました。WS荒木は、第4シードのマレーシア選手と対戦したが、相手の速い球回しについていけずストレートで敗れた。
XDの志田・森岡組は、第一シードの中国選手と対戦したか、序盤は点数を取るものの、中盤以降の相手の速いタッチと攻撃に対応できず、ストレートで敗れた。MSの渡邉は、第5シードの台湾選手対戦し、疲労からか思うようにシャトルをコントロールすることができず、ストレートで敗れました。
組合せがきつく、序盤で上位選手と対戦することも多く、体力もそうですが、精神的なスタミナがこの準決勝では足りなかったと感じました。
これで全日程終了しました。長い間ご声援ありがとうございました。
(コーチ:明神 憲一)
男子シングルス
準決勝
渡 邉 航 貴
(埼玉栄)
21-18
21-12
Lu Chia Hung
(チャイニーズタイペイ)
女子シングルス
準決勝
仁 平 菜 月
(富岡)
15-21
21-16
14-21
Lee Ying Ying
(マレーシア)
荒 木 萌 恵
(西武台千葉)
10-2110-21
Goh Jin Wei
(マレーシア)
男子ダブルス
準決勝
三 橋 健 也
渡 辺 勇 大
(富岡)
13-21
16-21
He Jiting
Zheng Siwei
(中国)
女子ダブルス
準決勝
松 山 奈 未
(九国大付)
志 田 千 陽
(青森山田)
17-21
21-14
12-21
Du Yue
Li Yinhui
(中国)
混合ダブルス
準決勝
志 田 千 陽
(青森山田)
森 岡 秀 斗
(埼玉栄)
8-21
12-21
Zheng Siwei
Chen Qingchen
(中国)