みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

2016年アジア選手権大会

2016年アジア選手権大会
(開催地:中国 武漢市 4/26-5/1)
 
【1日目】
本日は各種目の予選とミックスダブルス1回戦が行われました。
日本勢は全員本戦からとなり、ミックスダブルス1回戦に2ペアが出場しました。
数野・栗原ペアは第1・2ゲームともに中盤から引き離され、追いかける展開が続き、ストレートで敗退した。
園田・福万ペアは第1ゲームを奪われ、第2ゲームも中盤までリードを許したものの、追い付きます。しかし、終盤の競り合いから20-20に追い付いたものの、奪い取る事ができず敗退した。
明日はミックスダブルス以外の種目の1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田 圭太)
混合ダブルス
1回戦
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
14-21
15-21
TAN Kian Meng
PEI Jing Lai
(マレーシア)
園 田 啓 悟
(トナミ運輸)
福 万 尚 子
(再春館製薬所)
18-21
22-24
ISSARA Bodin
AMITRAPAI Savitree
(タイ)
【2日目】
本日はミックスダブルスを除いた種目の1回戦が行われました。男子シングルス上田選手は第1ゲームの競り合いを奪い取り勝利。
女子シングルス山口選手は第2ゲームの競り合いを奪い勝利。佐藤選手は第1・2ゲームともに序盤からリードを奪い快勝。奥原選手は第2ゲームを奪われたものの、第3ゲーム序盤リードされた場面から15連続ポイントで引き離し勝利。
男子ダブルス園田・嘉村ペアは第3シードで世界ランキング5位の中国ペアに第1ゲームの競り合いを奪い勝利。早川・遠藤ペアは危なげない試合運びでストレート勝ち。
女子ダブルスは3ペアすべて危なげない試合運びで2回戦に進み、髙橋・松友ペアは明日
2回戦から出場します。明日は各種目の2回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田 圭太)
男子シングルス
1回戦
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
23-21
21-18
SAENSOMBOONSUK Tanongsak
(タイ)
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
17-21
17-21
HU Yun
(ホンコンチャイナ)
女子シングルス
1回戦
山 口 茜
(再春館製薬所)
21-16
23-21
GOH Jin Wei
(マレーシア)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-12
21-12
RAMADHINI Hana
(インドネシア)
橋 本 由 衣
(NTT東日本)
21-17
17-21
18-21
PAI Yu Po
(チャイニーズ  タイペイ)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-18
15-21
21-7
ONGBUMRUNGPHAN Busanan
(タイ)
男子ダブルス
1回戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
27-25
21-17
CHAI Biao
HONG Wei
(中国)
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-15
21-13
ATTRI Manu
REDDY B Sumeeth
(インド)
女子ダブルス
1回戦
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
21-16
21-16
CHAYANIT Chaladchalam
MUENWONG Phataimas
(タイ)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
21- 8
21- 7
RATNASIRI Achini
WEERASINGHE Upuli Samanthika
(スリランカ)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21-15
21- 9
CHAN Kaka Tsz Ka
THI Trang Vu
(ホンコンチャイナ)
【3日目】
本日は各種目の2回戦が行われました。女子シングルス佐藤選手は第4シードで世界ランキング2位のタイ選手と対戦。第1ゲームを奪われたものの、第2・3ゲームは中盤から抜け出して見事勝利しました。奥原選手は韓国選手を第1・2ゲームともに相手を寄せ付けず快勝した。男子ダブルス園田・嘉村ペアはマレーシアOPで敗れていたマレーシアペアにストレート勝ち。
女子ダブルス髙橋・松友ペアは中国ペアと対戦。第1ゲームの競り合いを奪い、ストレート勝ち。福万・與猶ペアはタイペアに長いラリーとなったものの、終始リードを保ち勝利した。
明日は各種目の準々決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田 圭太)
男子シングルス
2回戦
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
18-21
13-21
CHOU Tien Chen
(チャイニーズタイペイ)
女子シングルス
2回戦
山 口 茜
(再春館製薬所)
16-21
21-18
19-21
LI Xuerui
(中国)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
17-21
21-16
21-17
INTANON Ratchanok
(タイ)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21- 9
21- 5
BAE Yeon Ju
(韓国)
男子ダブルス
2回戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-13
21-18
KOO Kien Keat
TAN Boon Heong
(マレーシア)
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
14-21
21-
7
11-21
LING Chen Hung
WANG Chi Lin
(チャイニーズタイペイ)
女子ダブルス
2回戦
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
22-20
21-18
CHEN Qingchen
JIA Yifan
(中国)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
17-21
13-21
CHANG Ye Na
LEE So Hee
(韓国)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
11-21
21-18
22-24
JUNG Kyung Eun
SHIN Baek Cheol
(韓国)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21-10
21-18
AMITRAPAL Savitree
CHOCHUWONG Pacharapun
(タイ)
【4日目】
本日は各種目の準々決勝が行われました。
男子ダブルス園田・嘉村ペアは4月のインドOP優勝のインドネシアペアと対戦。第1ゲームを奪い、第2ゲームも中盤17-15とリードしたもののこのゲームを奪われます。第3ゲームは中盤から抜け出して勝利した。
女子ダブルス髙橋・松友ペアはタイペアと対戦。第1・2ゲームともに序盤から抜け出し、安定した試合運びで相手を寄せ付けずストレートで勝利した。
女子ダブルス福万・與猶ペアは第2シードで世界ランキング7位の中国ペアと対戦。第1ゲーム終盤で抜け出され先にゲームポイントを奪われたものの20-20に追い付き、このゲームを奪います。第2ゲームは中盤15-13までリードしたものの、そこから連続失点で奪い返されます。第3ゲームは序盤で抜け出し、リードを保ち117分の大激戦を制した。
明日は各種目の準決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田 圭太)
女子シングルス
準々決勝
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
15-21
21-16
13-21
SUNG Ji Hyun
(韓国)
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21- 8
13-21
19-21
WANG Yihan
(中国)
男子ダブルス
準々決勝
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-18
17-21
21-16
FERNALDI Gideon Markus
SUKAMULJOKevin Sanjaya
(インドネシア)
女子ダブルス
準々決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-12
21-15
SUPAJIRAKUL Puttita
TAERATTANACHAI Sapsiree
(タイ)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
22-20
18-21
21-14
LUO Ying
LUO Yu
(中国)
【5日目】
本日は各種目の準決勝が行われました。
女子ダブルス髙橋・松友ペアは世界ランキング8位の韓国ペアと対戦。第1ゲーム序盤でリードを許したものの、中盤から引き離し奪います。第2ゲームは終盤まで追いかける展開となったものの、19-19から抜け出し勝利した。
女子ダブルス福万・與猶ペアは第3シードで世界ランキング2位のインドネシアペアと対戦第1ゲーム序盤から引き離され奪われます。第2ゲームは終盤の競り合いを抜け出し奪い返します。第3ゲームは序盤で大きくリードを奪われ、8-12までリードを許したものの13-13に追い付きます。そこから1点を奪い合う競り合いが終盤まで続き20-20から最後は24-22で見事勝利した。この試合の試合時間が159分の大激戦となり過去最長試合となった。
男子ダブルス園田・嘉村ペアは第1シードで世界ランキング1位の韓国ペアと対戦。第1・2ゲームともに中盤まで競り合ったものの終盤で離され敗退した。
明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田 圭太)
男子ダブルス
準決勝
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
17-21
18-21
LEE Yong Dae
YOO Yeon Seong
(韓国)
女子ダブルス
準決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-16
21-19
CHANG Ye Na
LEE So Hee
(韓国)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
13-21
21-19
24-22
MAHESWARI Nitta Krishinda
POLII Greysia
(インドネシア)
【6日目】
本日は大会最終日、各種目の決勝が行われました。
女子ダブルス日本対決となった決勝は、第1ゲーム序盤の競り合いから抜け出した髙橋・松友ペアがこのゲームを奪います。第2ゲームは中盤まで競り合ったものの髙橋・松友ペアが抜け出しリードを広げて勝利し、髙橋・松友ペアが優勝を果たしました。
髙橋・松友ペア、福万・與猶ペアの試合後の表彰式前に、前日の準決勝での福万・與猶ペアとインドネシアペアに159分の大激戦に対しての特別賞がアジア連盟から贈られた。
本日の試合をもちまして本大会すべての試合が終了致しました。
ご声援ありがとうございました。

(日本選手団コーチ:舛田 圭太)
男子ダブルス
決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-13
21-15
福万 尚子
與猶 くるみ
(再春館製薬所)