みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

インドオープン2016

インドオープン2016
(開催地:インド ニューデリー市 3/29-4/3)
 
 
 
 
【1日目】
本日は各種目の予選が行われました。
男子シングルス西本選手は予選1回戦でインド選手に第2ゲーム追い上げられたものの勝利。予選2回戦ではマレーシア選手に第1ゲーム中盤まで大きくリードを許したものの終盤で追い付き逆転でこのゲームを奪います。第2ゲームは序盤から勢いに乗り勝利。
坂井選手は予選1回戦でインド選手に第1・2ゲームともに終盤まで競り合ったものの奪い取ります。予選2回戦ではマレーシア選手に第1・2ゲームともに序盤からリードを奪い、勝利した。
田児選手は予選1回戦でインド選手に勝利したものの、予選2回戦でインド選手に敗れた。
明日は各種目の1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
予選1回戦
西 本 拳 太
(中央大学)
21-12
21-19
VERMA Sameer
(インド)
田 児 賢 一
(NTT東日本)
21-16
21-16
DANI Harsheel
(インド)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
21-18
22-20
JAISWAL Shreyansh
(インド)
予選2回戦
西 本 拳 太
(中央大学)
21-18
21-11
CHONG Wei Feng
(マレーシア)
田 児 賢 一
(NTT東日本)
18-21
12-21
VARMA Sourabh
(インド)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
21-18
21-17
ZULKIFFLI Zulfadli
(マレーシア)
【2日目】
本日は各種目の1回戦が行われました。
男子シングルス桃田選手は第3ゲーム序盤で2-8とリードを許す苦しい展開から、中盤で追い付き逆転勝利。
女子シングルス橋本選手はファイナルゲーム大激戦の末に勝利。山口選手はファイナルゲーム終盤の競り合いを奪い取りました。佐藤選手は安定して試合運びで相手を寄せ付けず快勝した。
男子ダブルス園田・嘉村ペアは第1・2ゲームともに序盤からリードを奪い、有利に試合を進めて勝利。
女子ダブルス髙橋・松友ペア、福万・與猶ペアともに安定した試合運びで快勝。ミックスダブルス園田・福万ペアは第1・2ゲームともに中盤から抜け出し、数野・栗原ペアは快勝でそれぞれ2回戦に進んだ。明日は各種目の2回戦が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
1回戦
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
11-21
17-21
LEE Chong Wei
(マレーシア)
西 本 拳 太
(中央大学)
15-21
21-15
16-21
JORGENSEN Jan O
(デンマーク)
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
17-21
16-21
VITTINGHUS Hans-Kristian
(デンマーク)
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21-23
17-21
NG Ka Long Angus
(ホンコンチャイナ)
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
15-21
21-16
21-15
OUSEPH Rajiv
(イングランド)
女子シングルス
1回戦
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
10-21
12-21
ONGBUMRUNGPHAN Busanan
(タイ)
橋 本 由 衣
(NTT東日本)
18-21
21-11
22-20
FANETRI Lindaweni
(インドネシア)
山 口 茜
(勝山高校)
12-21
21-5
21-19
WANG Iris
(アメリカ)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-11
21-16
CHEUNG Ngan Yi
(ホンコンチャイナ)
大 堀 彩
(NTT東日本)
8 -21
8 -21
LI Xuerui
(中国)
男子ダブルス
1回戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21- 9
21-14
RAJU Anilkumar M
PRASAD Venkat Gaurav
(インド)
女子ダブルス
1回戦
松 尾 静 香
内 藤 真 実
(NTT東日本  ヨネックス)
17-21
21-18
15-21
TANG Yuanting
YU Yang
(中国)
福 島 由 紀
廣 田 彩 花
(再春館製薬所)
14-21
13-21
HUANG Yaqiong
TANG Jinhua
(中国)
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-16
21-12
HSISH Pei Chen
WU Ti Jung
(チャイニーズタイペイ)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21-12
21-17
GADRE Pradnya
REDDY Nelakurihi Slikki
(インド)
混合ダブルス
1回戦
園 田 啓 悟
(トナミ運輸)
福 万 尚 子
(再春館製薬所)
21-18
21-18
VISHNU Arun
BALAN Aparna
(インド)
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-10
21-10
KASHKAL Abdelrahman
HOSNY Hadia
(エジプト)
【3日目】
本日は各種目の2回戦が行われました。
男子シングルス桃田選手は香港選手と対戦。第1ゲーム序盤はリードを奪われたものの中盤で逆転してこのゲームを奪います。第2ゲームは序盤から大きくリードして抜け出し有利に試合を進めてストレート勝ち。
女子ダブルス髙橋・松友ペアはブルガリアペアと対戦。第1ゲームを奪いますが、第2ゲームは中盤までリードを許し競り合います。しかし、終盤の競り合いを奪い取りストレート勝ち。
女子ダブルス福万・與猶ペアは第6シードの韓国ペアと対戦。第1ゲーム序盤の競り合いを抜け出し奪います。第2ゲームも12-8までリードを奪ったものの、そこから逆転され14-19までリードを奪われます。そこからさらに17-20までリードを広げられたものの20-20に追い付くと、最後は23-21で勝利した。
明日は各種目の準々決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
2回戦
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-16
21-11
NG Ka Long Angus
(ホンコンチャイナ)
女子シングルス
2回戦
橋 本 由 衣
(NTT東日本)
6 -21
10-21
BAE Yeon Ju
(韓国)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-19
11-21
14-21
WANG Shixian
(中国)
山 口 茜
(勝山高校)
16-21
19-21
TAI Tzu Ying
(チャイニーズタイペイ)
男子ダブルス
2回戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-10
8-21
18-21
PRATAMA Anngga
SUWARDI Ricky Karanda
(インドネシア)
女子ダブルス
2回戦
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-12
21-19
STOEVA Gabriela
STOEVA Stefani
(ブルガリア)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21-16
23-21
JUNG Kyung Eun
SHIN Seung Chan
(韓国)
混合ダブルス
2回戦
園 田 啓 悟
(トナミ運輸)
福 万 尚 子
(再春館製薬所)
13-21
14-21
FISCHER NIELSEN Jochim
PEDERSEN Christnna
(デンマーク)
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
18-21
17-21
KO Sung Hyun
KIM Ha Na
(韓国)
【4日目】
本日は各種目の準々決勝が行われました。
男子シングルス桃田選手はデンマーク選手と対戦。第1ゲーム出足から大きくリードを奪い、有利に試合を進めて奪います。第2ゲームも序盤で相手が積極的にプレーを仕掛けてくるも冷静に対応して、相手を寄せ付けず快勝した。
女子ダブルス髙橋・松友ペアは第8シードのオランダペアと対戦。第1ゲーム序盤から抜け出し、大きくリードをして奪います。第2ゲームは序盤こそリードを許したものの、追い付き中盤で引き離してストレート勝ち。
女子ダブルス福万・與猶ペアはインドペアと対戦。第1・2ゲームともに安定した試合運びで相手を寄せ付けず快勝した。
明日は各種目の準決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
準々決勝
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21- 8
21- 9
VITTINGHUS Hans-Kristian
(デンマーク)
女子ダブルス
準々決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-16
21-17
MUSKENS Eefje
PIEK Selena
(オランダ)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21- 8
21- 2
SAHDEV Mohita
SANTOSH Sanjana
(インド)
【5日目】
本日は各種目の準決勝が行われました。
男子シングルス桃田選手は2012年世界ジュニア選手権決勝でも対戦した、中国選手と対戦。第1ゲーム序盤から早いタッチでコースをついてくる相手に追いかける展開が続きこのゲームを奪われます。第2ゲームも序盤0-6とリードされ、2-6の場面で相手選手が膝を大怪我するアクシデントが起り、試合を続行する事ができず棄権で勝利した。
女子ダブルス髙橋・松友ペアは世界ランキング3位で第1シードのインドネシアペアと対戦第1ゲーム長いラリーの連続となったものの、序盤から抜け出し奪い取ります。第2ゲームも中盤までリードを奪い、有利に試合を進めます。中盤で追い付かれ競り合いとなったもののこのゲームを奪われます。第3ゲームも序盤から大きくリードを奪い、中盤で追い上げられながらも17点目までリードを保ちます。しかし、そこから追い付かれ1点を奪い合う攻防が20-20まで続きますが、最後は23-21で91分の大激戦を制した。
女子ダブルス福万・與猶ペアは第2シードで世界ランキング4位のデンマークペアと対戦。第1ゲームを奪われます。第2ゲームも中盤17-14まで離される苦しい展開から17-17に追い付きます。終盤は1点を奪い合う攻防となったものの20-20から2連続ポイントでこのゲームを奪い返します。第3ゲームは序盤で勢いに乗り、11-7で折り返します。
中盤で14-14に追い付かれたものの、そこから1点を奪い合う攻防が続きますが17-17から抜け出し見事勝利した。
この結果、明日の女子ダブルス決勝は髙橋・松友ペア対福万・與猶ペアの日本対決となり日本勢の優勝が決まりました。
明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
準決勝
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
17-21
3-6
棄権
×
XUE Song
(中国)
女子ダブルス
準決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-18
19-21
23-21
MAHESWARI Nitya Krishinda
POLII Greysia
(インドネシア)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
14-21
22-20
21-17
PEDERSEN Christinna
JUHL RYTTER Kamilla
(デンマーク)
【6日目】
本日は大会最終日、各種目の決勝が行われました。
男子シングルス桃田選手は第5シードで世界ランキング6位のデンマーク選手と対戦。
第1ゲーム序盤こそ競り合ったものの、中盤から一気に抜け出しこのゲームを奪います。
第2ゲームも序盤の競り合いから抜け出し、中盤大きく引き離しリードすると、終盤で追い上げられたものの勝利し、優勝を果たしました。桃田選手のスーパーシリーズ優勝は4回目の快挙となった。
日本勢対決となった女子ダブルスは第1ゲーム中盤まで福万・與猶ペアが中盤までリードしたものの、中盤で髙橋・松友ペアが追い付きます。そこから競り合ったものの、終盤で髙橋・松友ペアが抜け出し、このゲームを奪い取ります。第2ゲームは序盤から髙橋・松友ペアが大きく抜け出したものの、中盤で福万・與猶ペアが追い上げます。終盤で18-18となったものの、最後は髙橋・松友ペアが抜け出し見事優勝を果たしました。髙橋・松友ペアのスーパーシリーズ優勝は今季2勝目、通算5回目の優勝となった。
本日の試合をもちまして、本大会すべての試合が終了致しました。
ご声援ありがとうございました。

(日本選手団コーチ:舛田圭太)
男子シングルス
決勝
桃 田 賢 斗
(NTT東日本)
21-15
21-18
AXSLSEN Viktor
(デンマーク)
女子ダブルス
決勝
髙 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-18
21-18
福万 尚子
與猶 くるみ
(再春館製薬所)