みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントン韓国オープン2016 

バドミントン韓国オープン2016 
(開催地:韓国 ソンナム市 9/27-10/2)
 
 
 
【1日目】
本日は男子シングルスの予選とミックスダブルス1回戦が行われました。
男子シングルス坂井選手は予選1回戦でアメリカ選手に快勝。予選2回戦で日本の武下選手に第1ゲームを奪い、第2ゲームも中盤までリードしたものの奪われます。第3ゲームは中盤から抜け出して本戦進出となりました。
ミックスダブルス数野・栗原ペアは1回戦でイングランドペアと対戦。第1・2ゲームともに危なげない試合運びで勝利した。渡辺・東野ペアは昨日の練習中に渡辺選手が腰を痛め残念ながら棄権となりました。
明日はミックスダブルス以外の種目の1回戦が行われます。

(日本選手団コーチ : 舛田圭太)
男子シングルス
予選1回戦
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21-15
21-19
XUE Song
(中国)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
21- 7
21- 4
CHAN Yan Tuck
(アメリカ)
予選2回戦
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
16-21
15-21
SEO Seung Jae
(韓国)
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
21-15
17-21
21-16
武下 利一
(トナミ運輸)
混合ダブルス
1回戦
渡 辺 勇 大
東 野 有 紗
(日本ユニシス)
×
棄権
BAE Kwon Young
KONG Hee Yong
(韓国)
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-16
21-13
LANE Ben
PUGH Jessica
(イングランド)
【2日目】
本日はミックスダブルス以外の1回戦が行われました。
女子シングルス佐藤選手はインドネシア選手に快勝。山口選手は韓国選手に第2ゲームを奪われたものの、第3ゲームは序盤から立て直し勝利。
男子ダブルス園田・嘉村ペアは韓国ペアに第1ゲーム17-20から追い付き、7度のゲームポイントを奪ったものの奪われます。しかし、第2ゲームの競り合いを奪い取ると、第3ゲームは冷静な試合運びで勝利した。保木・小林ペアは第1ゲームの競り合いを奪われたものの、第2・3ゲームを奪い返し勝利。井上・金子ペアはイングランドペアを寄せ付けず快勝した。
明日は各種目の2回戦が行われます。

(日本選手団コーチ : 舛田圭太)
男子シングルス
1回戦
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
11-21
12-21
LEE Hyun II
(韓国)
女子シングルス
1回戦
大 堀 彩
(トナミ運輸)
16-21
15-21
TAI Tzu Ying
(チャイニーズ タイペイ)
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-12
21- 6
MAINAKY Lyanny Alessandra
(インドネシア)
山 口 茜
(再春館製薬所)
21-18
16-21
21-13
LEE Min Ji
(韓国)
男子ダブルス
1回戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
29-30
21-19
21- 9
KIM Jae Hwan
KO Sung Hyun
(韓国)
保 木 卓 朗
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
19-21
21-12
21-11
BAE Kwon Yonug
KIM Dae Eun
(韓国)
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-10
21-17
NOTTINGHAM Matthew
TOWLER Harley
(イングランド)
【3日目】
本日は各種目の2回戦が行われました。女子シングルス三谷選手は先週のヨネックスオープンジャパン優勝の中国選手と対戦。第1ゲームの競り合いを奪われたものの、第2ゲームは終盤で追い上げられながらも奪い返します。第3ゲームは序盤からリードを奪い見事勝利した。山口選手は佐藤選手に快勝した。
男子ダブルス園田・嘉村ペアは危なげない試合運びで勝利。保木・小林ペアは第3ゲームの大激戦を奪い取ってスーパーシリーズ初のベスト8入りを果たした。
女子ダブルス福万・與猶ペアは第1ゲームの競り合いを奪われたものの、第2・3ゲームは中盤から抜け出し勝利。松尾・内藤ペアは第1ゲームの競り合いを奪い取り勝利した。明日は各種目の準々決勝が行われます。

(日本選手団コーチ : 舛田圭太)
女子シングルス
2回戦
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
18-21
21-19
21-16
HE Bingjiao
(中国)
山 口 茜
(再春館製薬所)
21- 6
21-17
佐藤 冴香
(ヨネックス)
男子ダブルス
2回戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-11
21-10
CHRISTIANSEN Mathias
DAUGAARD David
(デンマーク)
保 木 卓 朗
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
21-10
20-22
26-24
LEE Sheng Mu
WU Hsiao-Lin
(チャイニーズ タイペイ)
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
21-17
15-21
10-21
CHAI Biao
HONG Wei
(中国)
女子ダブルス
2回戦
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21-23
21-17
21-17
CHIANG Kai Hsin
HUNG Shih Han
(チャイニーズ タイペイ)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
21-19
21-11
GO Ah Ra
KIM Hyang Im
(韓国)
栗 原 文 音
東 野 有 紗
(日本ユニシス)
21-11
13-21
12-21
PEDERSEN Christinna
JUHL RYTTER Kamilla
(デンマーク)
混合ダブルス
2回戦
数 野 健 太
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-17
19-21
17-21
RASMUSSEN Anders Skaarup
THYGESEN Sara
(デンマーク)
【4日目】
本日は各種目の準々決勝が行われました。
女子シングルス三谷選手は昨日、シード選手を破って勝ち上がってきた中国選手と対戦。第1ゲームを奪われたものの、第2ゲームは終盤の競り合いを奪い取ります。第3ゲームは序盤から有利に試合を進めて勝利した。山口選手は韓国選手と対戦。第1・2ゲームともに危なげない試合運びでリードを広げて快勝した。明日の女子シングルス準決勝は三谷選手対山口選手の対戦となりました。
明日は各種目の準決勝が行われます。

(日本選手団コーチ : 舛田圭太)
女子シングルス
準々決勝
三 谷 美 菜 津
(NTT東日本)
14-21
21-19
21-16
CHEN Yufel
(中国)
山 口 茜
(再春館製薬所)
21-13
21-13
KIM Hyang Im
(韓国)
男子ダブルス
準々決勝
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
15-21
21-18
18-21
LEE Yong Dae
YOO Yeon Seong
(韓国)
保 木 卓 朗
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
17-21
16-21
HUANG Kaixiang
WANG Yilyu
(中国)
女子ダブルス
準々決勝
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
12-21
13-21
JUNG Kyung Eun
SHIN Seung Chan
(韓国)
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
10-21
23-25
CHANG Ye Na
LEE So Hee
(韓国)
【5日目】
本日は各種目の準決勝が行われました。
女子シングルスの準決勝は三谷選手対山口選手の日本対決となりました。
第1ゲーム序盤の競り合いから山口選手が抜け出し、中盤で三谷選手が追い上げたものの山口選手がこのゲームを奪います。
第2ゲームは序盤から抜け出した山口選手が有利に試合を進めて奪い取り勝利した。
明日の決勝は第5シードの韓国選手と対戦します。
明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。

(日本選手団コーチ : 舛田圭太)
女子シングルス
準決勝
山 口 茜
(再春館製薬所)
21-17
21-11
三谷 美菜津
(NTT東日本)
【6日目】
本日は大会最終日、各種目の決勝が行われました。
女子シングルス山口選手は第5シードで世界ランキング7位の韓国選手と対戦。
第1ゲーム序盤からリードし、中盤までリードしたものの終盤で追い付かれこのゲームを20-22で奪われます。
第2ゲームは序盤から抜け出し有利に試合を進めて奪い返します。
第3ゲームは序盤でリードを許し、7-11で折り返します。中盤で追い上げるものの終盤までリードされますが、17-17でようやく追い付くと一気に逆転すると、最後は21-18で見事優勝を果たした。
山口選手のスーパーシリーズ優勝は2013年ヨネックスオープンジャパン以来2度目の優勝となった。
本日の試合をもちまして本大会すべての試合が終了致しました。
ご声援ありがとうございました。

(日本選手団コーチ : 舛田圭太)
女子シングルス
決勝
山 口 茜
(再春館製薬所)
20-22
21-15
21-18
SUNG Ji Hyun
(韓国)