みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

ポーランドオープン2017

ポーランドオープン2017
(開催地:ポーランド ワルシャワ市 3/23-3/26)
 
【2日目】
上記大会2日目の結果を報告します。 本日は、各種目1,2回戦が行われました。
女子シングルスに橋本選手が出場。1回戦は、リトアニア選手と対戦。終始自分のペースで試合を 運び、2−0で勝利しました。
続く2回戦は、チャイニーズタイペイの選手と対戦。序盤、4−9と大きく リードされます。そこから、我慢強くラリーし18オールと追いつくと、最後は21点で1ゲーム目を奪 います。2ゲーム目は序盤からリードし、危なげなく勝利しました。
明日は、各種目準々決勝,準決勝が行われます。

(日本選手団代表:佐藤 翔治)
女子シングルス
1回戦
橋本 由衣
(NTT東日本)
21 - 9
21 - 2
VOITECHOVSKAJA Gerda
(リトアニア)
2回戦
橋本 由衣
(NTT東日本)
23 - 21
21 - 12
SUNG Shuo Yun
(チャイニーズタイペイ)
【3日目】
上記大会3日目の結果を報告します。 本日は、各種目準々決勝,準決勝が行われました。
準々決勝は、第5シードのロシア選手と対戦。1ゲーム目は競り合いとなるものの終盤で抜け出し 17本で先取します。2ゲーム目に入ると相手選手のスピードが上がり、自らのミスが増えファイナ ルゲームへ。ファイナルゲームに入っても相手選手のペースで4−8とリードされます。ここから、橋本選手もスピードをあげ、先に攻撃を仕掛けていきます。積極的な攻撃でプッシャーを与え、次第 に相手選手のミスも増え、最後は9点で勝利します。
準決勝は、第1シードのインドネシア選手と対戦。1ゲーム目は序盤から我慢強い粘りとキレのあ るショットで相手のミスを誘い第1ゲームを11点で奪います。2ゲーム目に入ってもペースを落とす ことなく一方的な展開となり、11点で勝利しました。
明日は、各種目決勝が行われます。

(日本選手団代表:佐藤 翔治)
女子シングルス
準々決勝
橋本 由衣
(NTT東日本)
21 - 17
8 - 21
21 - 9
PERMINOVA Natalia
(ロシア)
準々決勝
橋本 由衣
(NTT東日本)
21 - 11
21 - 11
RAMADINI Hanna
(インドネシア)
【4日目】
上記大会4日目の結果を報告します。
本日は、各種目決勝が行われました。
橋本選手はマレーシアの選手と対戦。スタートからお互い積極的に攻め合い、試合は10ー10まで拮抗した展開が続きます。しかし相手選手の粘り強いプレーに6連続失点を許し一気に離される と、13本でこのゲームを落とします。2ゲーム目に入ると橋本選手も我慢強いプレーを見せます。
長いラリーが続き、19ー19と競りあいますが最後は2本連続でポイントを重ね第2ゲームを奪い返します。ファイナルに入っても橋本選手の勢いそのままに、終始リードを保ち優勝致しました。
本日をもちまして大会全日程が終了致しました。ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:佐藤 翔治)
女子シングルス
決勝
橋本 由衣
(NTT東日本)
13 - 21
21 - 19
21 - 10
LEE Ying Ying
(マレーシア)