みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンシンガポールインターナショナルシリーズ2016

バドミントンシンガポールインターナショナルシリーズ2016
(開催地:シンガポール シンガポール市 8/30-9/3)
 
【1日目】
本日は各種目の予選と男子シングルスの1回戦が行われました。
男子シングルスは五十嵐優、渡邉航貴の2名が出場渡邉航貴選手はタイ選手と対戦、1ゲーム目は序盤は慎重になりミスが出てまうものの11-9で折り返す。13-13とい互いに大きく引き離せないまま16-16、2点差リードされるものの、落ち着いて相手を動かしミスを誘うと、21-19で1ゲーム目をとる。 2ゲーム目は序盤るリードを保ちつつ7-3.11-6とリードするものの、11-11と追いつかれてしまう。11-13と逆転されるがその後は攻勢に出ると18-13と大きくリードし、21-14で勝利し明日の2回戦へ進出した。
五十嵐優選手もタイの選手と対戦。序盤から相手を大きく引き離すと、21-12で1ゲーム目を先取。
2ゲーム目も終始リードを奪い試合を有利に進めると21-10で勝利し、2回戦へ。
明日は、男子シングルス・ダブルスの2・3回戦と他の種目の2回戦が行われます。

(日本選手団代表:藤本 ホセマリ)
男子シングルス
1回戦
五 十 嵐 優
(中央大学)
21-12
21-10
KEAWAN Teerapat
(タイ)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-19
21-14
JARASJINDAWONG Pollakorn
(タイ)
【2日目】
本日は各種目の2回戦と男子シングルス・ダブルスの2・3回戦が行われました。
男子シングルスは五十嵐優、渡邉航貴の2名が出場。
渡邉航貴選手は2回戦で地元シンガポール選手と対戦、終始相手を圧倒しストレートで3回戦へ進出。 3回戦ではシード選手のマレーシア選手と対戦。スタートからミスが続き2-8とリードされる。
追い上げるが6-11で折り返す。10-18とリードを広げられる中、相手の攻撃をしっかりと拾いラリーをつないで追い上げるものの18-21で1ゲーム目を落とす。2ゲーム目は21-7で取り返すとファイナルゲームは点の取り合いとなり7-7。リードされるも4連続ポイントで11-9とリードして折り返す。15-10とリードを広げるが攻勢に出る相手に押され15-13と追い上げられる。しかし落ち着いてネット前で相手にプレッシャーをかけると21-16でこのゲームをとり、2-1で勝利し明日準々決勝へと進んだ。
五十嵐優選手はインドネシア選手と対戦。序盤からラリーで相手を動かしに行くが、相手もしっかりと対応してきて点差が開かない中、ミスをせずにポイントを重ねストレートで勝利。 3回戦はインド選手と対戦。1ゲーム目から長身の相手に苦しみながらも6-6とついていくが、次第に相手の角度をつけたショットに苦しむと9-21でこのゲームを落とすと、2ゲーム目も甘くなったところを叩かれてポイントを奪われると14-21で落としストレートで敗退した。
明日は、各種目の準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:藤本 ホセマリ)
男子シングルス
2回戦
五 十 嵐 優
(中央大学)
21-15
21-15
Enzi SHAFIRA
(インドネシア)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-11
21-15
Wei Hong LEE
(シンガポール)
3回戦
五 十 嵐 優
(埼玉栄高校)
9-21
14-21
Shreyansh JAISWAL
(インド)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
18-21
21-7
21-16
Yee Han CHONG
(マレーシア)
【3日目】
本日は各種目の準々決勝が行われました。 男子シングルスは渡邉航貴が出場。
渡邉航貴選手はインドネシア選手と対戦。スタートはリードするものの5-5でならばられると7-9と追いかける展開となり8-11で折り返すが12連続ポイントで逆転すると、21‐12で勝利した。 2ゲーム目はスタートから強打で押してくる相手に4-9とリードされるが連続ポイントで9-9と追い上げる。
その後は一進一退の展開となり2点差以上ひらかないまま試合は進む。中盤まで粘り強く相手の攻撃を拾うと、相手にミスが増え始め終盤抜けだし、ストレートで勝利した。
明日は、各種目の準決勝が行われます。

(日本選手団代表:藤本 ホセマリ)
男子シングルス
準々決勝
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-12
21-18
NIRWANDA Vega Vio
(インドネシア)
【4日目】
本日は各種目の準決勝が行われました。 男子シングルスは渡邉航貴が出場。
渡邉航貴選手はマレーシア選手と対戦。序盤から丁寧にシャトルを運びラリーを仕掛けていくが、強い打球で押してくる相手に逆に動かされてしまい、終始リードを許してしまい追いかける展開が続くと14-21で1ゲーム目を落とす。 2ゲームもラリーで相手に揺さぶりをかけてミスを誘うが、追い込んだところからも強打で押し返され、4-11で折り返す。中盤以降8-12と長いラリーから相手に揺さぶりをかけ追い上げるが、疲れが見え始めた終盤以降はミスが増え13-21で敗れ、準決勝敗退となった。
本日をもちまして全日程を終了いたしました。ご声援まことにありがとうございました。

(日本選手団代表:藤本 ホセマリ)
男子シングルス
準決勝
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
14-21
13-21
R. Satheishtharan
(マレーシア)