みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

第29回世界男子バドミントン選手権(トマス杯)大会
第26回世界女子バドミントン選手権(ユ-バ-杯)大会

決勝トーナメント

※日程・タイムスケジュ-ルなど決まり次第、随時掲示します。

第29回世界男子バドミントン選手権(トマス杯)大会
第26回世界女子バドミントン選手権(ユ-バ-杯)大会
(開催地:中国 崑山市 5/15-5/22)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 pdf版

 pdf版

【1日目】
世界国別団体戦「トマス杯・ユーバー杯2016」大会1日目の試合結果をご報告致します。 本日はトマス杯(男子)グループリーグ第1戦でフランスと対戦しました。
第1シングルス佐々木選手
第1ゲームを簡単に奪ったものの、第2ゲームを奪われます。第3ゲームは中盤までリードを奪ったものの、終盤で逆転されマッチポイントを奪われます。20-20に追い付き、21点目を先に奪われたものの、最後は23-21で大激戦を奪い取りました。
第1ダブルス早川・遠藤ペア
第1ゲームを奪い、第2ゲームも終盤まで大きくリードを奪い有利に試合を進めます。20-17とマッチポイントを奪った場面から追い付かれ競り合ったものの、最後は25-23で勝
利した。
第2シングルス上田選手
第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、有利に試合を進めて快勝した。
第2ダブルス園田・嘉村ペア
第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、有利に試合を進めて勝利した。
第3シングルス武下選手
第1・2ゲームともに中盤までリードを許したものの、中盤で追い付きます。そこから終盤で抜け出しストレート勝ちした。
この結果、日本が5-0で勝利し、グループリーグ1勝目を挙げた。
明日はトマス杯(男子)グループリーグ第2戦でメキシコ、ユーバー杯(女子)グループリーグ第1戦でドイツとそれぞれ対戦します。
グループリーグ第1戦
日本
5-0
×
フランス
第1シングルス
男子第1戦
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
21- 6
17-21
23-21
ROUXEL Thomas
(フランス)
第1ダブルス
男子第1戦
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
21-18
25-23
CAREME Baptiste
LABAR Ronan
(フランス)
第2シングルス
男子第1戦
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21- 7
21- 8
CLAERBOUT Lucas
(フランス)
第2ダブルス
男子第1戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21-18
21-13
KERSAUDY Bastian
MITTELHEISSER Gaetan
(フランス)
第3シングルス
男子第1戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-17
21-17
CORVEE Lucas
(フランス)
【2日目】
世界国別団体戦「トマス杯・ユーバー杯2016」大会2日目の試合結果をご報告致します。
本日はトマス杯(男子)グループリーグ第2戦でメキシコ、ユーバー杯(女子)グループリーグ第1戦ドイツとそれぞれ対戦しました。

トマス杯(男子)グループリーグ第2戦
第1シングルス(上田選手)
第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、危なげない試合運びで快勝した。
第2シングルス(坂井選手)
トマス杯デビュー戦となったものの、第1・2ゲームともに持ち前の攻撃力を生かし、快勝のストレート勝ち。
第3シングルス(武下選手)
第1ゲームを奪い、第2ゲーム中盤競り合ったもののストレート勝ち。
第1ダブルス(園田・嘉村ペア)
第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、危なげない試合運びで快勝した。
第2ダブルス(保木・小林ペア)
トマス杯デビュー戦となったものの、第1・2ゲームともに冷静な試合運びで快勝した。
この結果、日本はグループリーグ2勝目を挙げ、中国がフランスに勝利したため、日本の決勝トーナメント(準々決勝)進出が確定した。

ユーバー杯(女子)グループリーグ第1戦
第1シングルス(奥原選手)
ユーバー杯デビュー戦となったものの、第1・2ゲームともに冷静な試合運びで快勝した。
第1ダブルス(髙橋・松友ペア)
第1ゲーム序盤こそやや競り合ったものの、その後は相手は寄せ付けず快勝した。
第2シングルス(山口選手)
第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、危なげない試合運びで快勝した。
第2ダブルス(福万・與猶ペア)
第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、危なげない試合運びで快勝した。
第3シングルス(佐藤選手)
第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、危なげない試合運びで快勝した。
明日はユーバー杯(女子)グループリーグ第2戦オーストラリアと対戦します。
グループリーグ第2戦
日本
5-0
×
メキシコ
第1シングルス
男子第2戦
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
21- 8
21- 9
MUNOZ Lino
(メキシコ)
第2シングルス
男子第2戦
坂 井 一 将
(日本ユニシス)
21-12
21- 9
CASTILLO Job
(メキシコ)
第3シングルス
男子第2戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-10
21-18
GARRRIDO Luis Ramon
(メキシコ)
第1ダブルス
男子第2戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
21- 8
21- 6
CASTILLO Job
MUNOZ Lino
(メキシコ)
第1ダブルス
男子第2戦
保 木 卓 郎
小 林 優 吾
(トナミ運輸)
21- 8
21-10
ANDRES Lopez
GARRRIDO Luis Ramon
(メキシコ)
グループリーグ第1戦
日本
5-0
×
ドイツ
第1シングルス
女子第1戦
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21- 8
21-11
DEPREZ Fabienne
(ドイツ)
第1ダブルス
女子第1戦
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-13
21- 3
HERTTRICH Isabel
KAEPPLEIN Lara
(ドイツ)
第2シングルス
女子第1戦
山 口 茜
(再春館製薬所)
21-10
21-14
HEIM Luise
(ドイツ)
第2ダブルス
女子第1戦
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(再春館製薬所)
21- 9
21-12
EFLER Linda
KARNOTT Jennifer
(ドイツ)
第2シングルス
女子第1戦
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21-11
21-15
LI Yvonne
(ドイツ)
【3日目】
世界国別団体戦「トマス杯・ユーバー杯2016」大会3日目の試合結果をご報告致します。
本日はユーバー杯(女子)グループリーグ第2戦オーストラリアと対戦しました。
ユーバー杯(女子)グループリーグ第1戦
第1シングルス(奥原選手)

第1ゲーム序盤こそやや競り合ったものの中盤から抜け出し奪います。第2ゲームは序盤から大きくリードを奪い勝利した。
第2ダブルス(松尾・内藤ペア)
第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、終始リードを保ち、相手を寄せ付けず快勝した。
第2シングルス(佐藤選手)
第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、相手を寄せ付けず快勝のストレート勝ち
第1ダブルス(髙橋・松友ペア)
第1・2ゲームともに序盤から大きくリードを奪い、相手を寄せ付けず快勝のストレート勝ち
第3シングルス(大堀選手)
第1ゲーム序盤から大きくリードしてこのゲームを奪います。第2ゲームは中盤で追い上げられる場面はあったものの、中盤から一気に抜け出しストレート勝ち。
この結果、日本は2勝目を挙げ、同組のドイツ・オーストラリアが2敗したため、日本の決勝トーナメント(準々決勝)進出が決まった。
明日はトマス杯(男子)グループリーグ第3戦中国、ユーバー杯(女子)グループリーグ第3戦インドとそれぞれ対戦します。
グループリーグ第3戦
日本
5-0
×
オーストラリア
第1シングルス
女子第2戦
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
21-16
21-15
CHEN Hsuan Yu Wendy
(オーストラリア)
第2ダブルス
女子第2戦
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
21- 8
21-13
CHOO Leanne
SOMERVILLE Gronya
(オーストラリア)
第2シングルス
女子第2戦
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21- 9
21- 6
LAI Joy
(オーストラリア)
第2ダブルス
女子第2戦
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21- 7
21- 5
CHEN Hsuan Yu Wendy
HO Tiffany
(オーストラリア)
第3シングルス
女子第2戦
大 堀 彩
(トナミ運輸)
21- 6
21-14
TAM Jennifer
(オーストラリア)
【4日目】
世界国別団体戦「トマス杯・ユーバー杯2016」大会4日目の試合結果をご報告致します。
本日はトマス杯(男子)グループリーグ第3戦で中国、ユーバー杯(女子)グループリーグ第3戦インドとそれぞれ対戦しました。
トマス杯(男子)グループリーグ第3戦
第1シングルス(佐々木選手)
世界ランキング1位の選手と対戦。第1ゲーム終盤の競り合いから抜け出しゲームポイントを奪います。そこから20-20に追い付かれたものの、このゲームを奪います。第2ゲームも序盤8-5とリードしたものの、中盤で抜け出され奪い返されます。第3ゲームは序盤から離され追いかける展開が続き85分の大激戦となったものの敗退した。
第1ダブルス(早川・遠藤ペア)
世界ランキング3位ペアと対戦。第1ゲーム中盤までリードしたものの、終盤で追い付かれ奪われます。第2ゲームは序盤でリードを許したものの、中盤で追い付き、終盤の競り合いを奪い取ります。第3ゲームは序盤でリードを許したものの、中盤で追い付き逆転します。
しかし、追い付かれると終盤で抜け出され82分の激戦の末に敗れた。
第2シングルス(上田選手)
世界ランキング3位の選手と対戦。第1ゲーム序盤で大きくリードを奪われたものの、中盤で追い付きますが奪われます。第2ゲームは序盤から離され敗退した。
第2ダブルス(園田・嘉村ペア)
第1ゲーム序盤の競り合いから抜け出され奪われます。第2ゲームは中盤までリードしたものの追い付かれ敗退した。
第3シングルス(武下選手)
世界ランキング6位の選手と対戦。第1ゲーム序盤で抜け出し、中盤で追い付かれ逆転されたものの、20-20に追い付き奪います。第2ゲームは序盤から追いかける展開が続き奪われます。第3ゲームは序盤から大きくリードを許し敗退した。深夜1時まで6時間の試合となったものの残念ながら敗退したものの、日本はグループリーグ2位で決勝トーナメント進出を果たした。
ユーバー杯(女子)グループリーグ第3戦
第1シングルス(奥原選手)
世界ランキング8位の選手と対戦。第1ゲーム中盤から抜け出し18-15とリードしたもののそこから逆転でこのゲームを奪われます。第2ゲームは序盤から大きく離され敗退した。
第2シングルス(山口選手)
世界ランニング10位の選手と対戦。第1ゲーム序盤から大きくリードを許し奪われます。
第2ゲームは終盤まで競り合うものの、追いかける展開が続き敗退した。
第1ダブルス(髙橋・松友ペア)
0-2で追い込まれ場面での試合となったものの、第1・2ゲームともに冷静な試合運びで相手を寄せ付けず快勝した。
第3シングルス(佐藤選手)
第1・2ゲームともに安定した試合運びで終始リードを保ち快勝した。
第2ダブルス(松尾・内藤ペア)
第1ゲーム序盤から攻め込まれこのゲームを奪われます。第2ゲームは中盤から抜け出し奪い返します。第3ゲームは序盤リードを許したものの、中盤から抜け出し勝利した。
この結果、日本はグループリーグ1位で決勝トーナメント進出を果たした。
本日の全試合終了後に行われた、決勝トーナメント組み合わせ抽選の結果、明日の準々決勝は男女ともにデンマークと対戦します。
グループリーグ第3戦
日本
×
0-5
中国
第1シングルス
男子第3戦
佐 々 木 翔
(トナミ運輸)
22-20
17-21
12-21
CHEN Long
(中国)
第1ダブルス
男子第3戦
早 川 賢 一
遠 藤 大 由
(日本ユニシス)
19-21
27-25
15-21
FU Haifeng
ZHANG Nan
(中国)
第2シングルス
男子第3戦
上 田 拓 馬
(日本ユニシス)
18-21
8 -21
LIN Dan
(中国)
第2ダブルス
男子第3戦
園 田 啓 悟
嘉 村 健 士
(トナミ運輸)
18-2118-21
LI Junhui
ZHENG Siwei
(中国)
第3シングルス
男子第3戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
23-21
17-21
11-21
TIAN Houwei
(中国)
グループリーグ第3戦
日本
3-2
×
インド
第1シングルス
女子第3戦
奥 原 希 望
(日本ユニシス)
18-21
6 -21
NEHWAL Saina
(インド)
第2シングルス
女子第3戦
山 口 茜
(再春館製薬所)
11-21
18-21
PUSARLA V Sindhu
(インド)
第1ダブルス
女子第3戦
高 橋 礼 華
松 友 美 佐 紀
(日本ユニシス)
21-11
21- 8
GUTTA Jwala
NELAKURIHI Sikki Reddy
(インド)
第3シングルス
女子第3戦
佐 藤 冴 香
(ヨネックス)
21- 7
21-14
GADDE Ruthvika Shivani
(インド)
第2ダブルス
女子第3戦
松 尾 静 香
(NTT東日本)
内 藤 真 実
(ヨネックス)
15-21
21-19
21-16
PONNAPPA Ashwini
PUSARLA V Sindhu
(インド)