みんなの輝き、つなげていこう。

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2017バドミントン選手権大会

大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会

世界ランキング

第70回 全日本総合バドミントン選手権大会

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

バドミントンベトナムオープン2016

バドミントンベトナムオープン2016
(開催地:ベトナム ホーチミン市 7/18-7/24)
 
【1日目】
上記大会1日目の結果を報告します。
本日から始まりましたベトナムグランプリ大会初日の本日は各種目予選が行われました。
日本人選手の中で予選から戦ったのはMS五十嵐とXD高階江藤でしたが、両種目とも高いレベルを見せ相手に付け入る隙を与えずに勝利し明日の予選2回戦に駒を進めました。
日本選手団からはナショナルBチーム、各所属自費派遣チームとあわせ22名がエントリーしております。ひとつでも上位まで勝ちすすめれるよう全力で戦います。ご声援宜しくお願い致します。

(日本選手団代表:中西 洋介)
男子シングルス
予選1回戦
五 十 嵐 優
(中央大学)
21- 9
21-12
PO Li Wei
(台北)
混合ダブルス
予選1回戦
高 階 知 也
(トリッキーパンダース)
江 藤 理 恵
(岐阜トリッキーパンダース)
21- 7
21- 8
MAUNGLAI Sukrit
CHATUPORNKARNCHANA
Natchpapha
(タイ)
【2日目】
上記大会2日目の結果を報告します。
本日は各種目予選とMS本戦1回戦が行われました。
まず最初に行われましたMSでは五十嵐が予選を難なく突破しましたが本戦で台湾の同年代の選手と対戦し接戦に持ち込む健闘を見せるものの力で押し切られ敗退しました。また高校生の渡邉が香港の世界ランク上位の選手と対戦し、こちらはファイナルゲームに及ぶ大接戦の末に19本で逃げ切り大金星を挙げました。
つづくWSでは仁平が先週のアジアジュニアの疲れを感じさせない動きを見せ2試合を勝ち抜き本戦に勝ち進みました。
その他の種目では危なげなく勝利しました。明日は各種目ベスト16まで行われます。

(日本選手団代表:中西 洋介)
男子シングルス
予選2回戦
五 十 嵐 優
(中央大学)
21-16
21-14
REN Zhijun
(中国)
1回戦
五 十 嵐 優
(中央大学)
21-23
16-21
WANG Tzu Wei
(台北)
小 野 寺 裕 介
(日本ユニシス)
20-22
21-23
KHOLIK Firman Abdul
(インドネシア)
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
21-16
14-21
21-19
WEI Nan
(ホンコンチャイナ)
下 農 走
(トナミ運輸)
21-18
21-12
CHIANG Jiann Shiarng
(マレーシア)
女子シングルス
予選1回戦
仁 平 菜 月
(富岡高校)
19-21
23-21
21-11
GHANIYU Ghaida Nurul
(インドネシア)
仲 井 由 希 乃
(再春館製薬所)
21-14
18-21
13-21
CHEAH Sonila Su Ya
(マレーシア)
予選2回戦
仁 平 菜 月
(富岡高校)
21-13
21-14
AIMSAARD Nuntakarn
(タイ)
女子ダブルス
予選1回戦
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
21- 9
21- 9
NGUYEN Thi Anh Duyen
NGUYEN Thi Hong
(ベトナム)
混合ダブルス
予選2回戦
高 階 知 也
(トリッキーパンダース)
江 藤 理 恵
(岐阜トリッキーパンダース)
21- 8
21-13
LIN Chia Hsuan
LEE Wei Tzu
(台北)
【3日目】
上記大会3日目の結果を報告します。
本日は各種目ベスト16が出揃うまで行われました。まず最初に行われましたXDでは高階江藤ペアが第1シードのシンガポールペアと対戦。終盤まで競り合う展開に持ち込み最後はしぶとくラリーし見事に金星をあげました。
つづくWSでは仁平、峰ともに完勝し強さを見せました。
またMSでは高校生の渡邉がシニアの選手相手に昨日と同じような展開で勝利しベスト16入りを決めました。
MDでは2ペアの出場となりましたが、どちらのペアも本来の力を出せないまま悔しい1回戦負けとなりました。
最後に行われましたWDでは4つのペアが勝ち進み明日のベスト8入りをかけた試合に挑みます。

(日本選手団代表:中西 洋介)
男子シングルス
2回戦
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
22-20
17-21
21-17
NUGRAHA Krishna Adi
(インドネシア)
下 農 走
(トナミ運輸)
21-16
19-21
15-21
WONG Wing Ki Vincent
(ホンコンチャイナ)
女子シングルス
1回戦
仁 平 菜 月
(富岡高校)
21- 8
21-15
RIODINGIN Rusydina Antardayu
(インドネシア)
峰 歩 美
(再春館製薬所)
23-21
21-10
YANG Li Lian
(マレーシア)
男子ダブルス
1回戦
井 上 拓 斗
金 子 祐 樹
(日本ユニシス)
19-21
21-8
18-21
GUNAWAN Hendra Aprida
KIDO Markis
(インドネシア)
竹 内 義 憲
島 田 大 輝
(ヨネックス)
8-21
10-21
LIAO Min Chun
SU Cheng Heng
(台北)
女子ダブルス
1回戦
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
21-10
17-21
21-19
CHIANG Kai Hsin
HUNG Shih Han
(台北)
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
21-10
21- 5
HERLOARDJO Natasha
PUTRI Rofahadah Supriadi
(シンガポール)
福 島 由 紀
志 田 千 陽
(再春館製薬所)
21- 6
21-12
CHATUPORNKARNCHANA Natchpapha
CHUMNIBANNAKARN Sanicha
(タイ)
廣 田 彩 花
小 野 菜 保
(再春館製薬所)
21-15
21-13
CHOW Mei Kuan
MENG Yean Lee
(マレーシア)
江 藤 理 恵
松 田 蒼
(岐阜トリッキーパンダース)
17-21
14-21
CHENG Shu
SUN Xiaoli
(中国)
混合ダブルス
1回戦
高 階 知 也
(トリッキーパンダース)
江 藤 理 恵
(岐阜トリッキーパンダース)
21-15
15-21
22-20
HEE Yong Kai Terry
TAN Wei Han
(シンガポール)

【4日目】
上記大会4日目の結果を報告します。
本日は各種目ベスト8が出揃うまで行われました。午前中に行われましたMSWSでは高校生の渡邉・仁平の両名が各上の選手相手に果敢に挑みます。しかし連戦の疲れもありストレートで敗れました。
またXDでは勢いに乗る高階江藤ペアが長身の台北選手と対戦。攻撃力に押され苦戦が続きますが、粘り強く対応し接戦に持ち込みます。最後まで競り合った試合でしたが惜しくもあと2点が奪えず敗退しました。
また4ペアが勝ち残っていたWDでしたが、日本人対決もあり2ペアのみがベスト8に進出したにとどまりました。明日は各種目準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西 洋介)

男子シングルス
3回戦
渡 邉 航 貴
(埼玉栄高校)
16-21
12-21
CHONG Wei Feng
(マレーシア)
女子シングルス
2回戦
仁 平 菜 月
(富岡高校)
14-21
16-21
FITRIANI Fitriani
(インドネシア)
峰 歩 美
(再春館製薬所)
21-17
15-21
21-15
KATETHONG Supanida
(タイ)
女子ダブルス
2回戦
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
21-17
21-17
LESTARI Nisak Puji
SAHPUTRI Merisa Cindy
(インドネシア)
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
21-17
21-11
廣田 彩花
小野 菜保
(再春館製薬所)
福 島 由 紀
志 田 千 陽
(再春館製薬所)
12-21
22-20
19-21
CHAYANIT Chaladchalam
MUENWONG Phataimas
(タイ)
混合ダブルス
2回戦
高 階 知 也
(トリッキーパンダース)
江 藤 理 恵
(岐阜トリッキーパンダース)
17-21
21-12
19-21
LU Ching Yao
CHANG Kai Hsin
(台北)

【5日目】
上記大会5日目の結果を報告します。
本日は各種目準々決勝が行われました。
WSでは峰がスペインIC、USオープンGPGと連勝した勢そのままに香港の実力者相手に得意の粘りを見せ快勝しました。
またWDでは櫻本髙畑ペアが対戦相手が先に行われたシングルスの際に怪我をしダブルスを棄権したため不戦勝にて準決勝進出を決めました。最後に行われました米元田中の試合ですが、相手の攻撃に対処することが出来ずに残念ながら敗退しました。明日は各種目準決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西 洋介)

女子シングルス
準々決勝
峰 歩 美
(再春館製薬所)
21-18
21-16
CHEUNG Ngan Yi
(ホンコンチャイナ)
女子ダブルス
準々決勝
米 元 小 春
田 中 志 穂
(北都銀行)
15-21
11-21
HARIS Della Destiara
(インドネシア)
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
棄権
NGUYEN Thi Sen
VU Thi Trang
(ベトナム)

【6日目】

上記大会 6日目の結果を報告します。
本日は各種目準決勝が行われました。日本からベスト4まで進出したのはWS峰とWD櫻本髙畑です。
まず最初に行われましたWSでは第1シードの台北の選手相手に素晴らしい立ち上がりを見せ先制します。中盤以降ミスがでてしまい2ゲームを失いますが3ゲームは再度立て直し見事に勝利しました。
またWDでは昨日米元田中ペアを破って勢いに乗るインドネシアペアと対戦しました。相手のするどい攻撃をしのぎ1ゲームは快勝しますが、次第に相手の勢いにのまれミスが増えます。相手のテンポの速い攻撃に対処することが出来ずに残念ながら敗退しました。明日は各種目決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西 洋介)

女子シングルス
準決勝
峰 歩 美
(再春館製薬所)
21-16
8-21
21-12
HSU Ya Ching
(台北)
女子ダブルス
準決勝
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
21-13
19-21
15-21
HARIS Della Destiara
SARI PUTRI Rosyita Eka
(インドネシア)

【7日目】
上記大会7日目の結果を報告します。
本日は各種目決勝が行われました。日本選手団からベトナムグランプリ大会の決勝に進出したのはWSの峰のみとなりました。その峰の対戦相手は弱冠17歳のシンガポール選手となりました。
スペインIC、USオープンGPG大会に続く3大会連続優勝が期待された峰でしたが、相手の若い勢いからくるスピードに押されストレートで敗れ惜しくも準優勝となりました。
この試合をもちまして今大会の日本人選手団のすべて試合が終了いたしました。
ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:中西 洋介)

女子シングルス
決勝
峰 歩 美
(再春館製薬所)
14-21
17-21
YAO Jia Min
(シンガポール)