みんなの輝き、つなげていこう。

TOKYO 2020 ID チケット申込事前登録キャンペーン

JOC - JOCについて | JOCスポンサー一覧

日本代表オフィシャルサプライヤー

スポーツごころを世界に | ヨネックス(YONEX)

日本代表オフィシャルスポンサー

ダイハツ工業株式会社 企業情報サイト

スポーツ参加・観戦ツアーはJTBスポーツ!

リンナイ株式会社 | キッチン、リビング、バスルームなど、多様化する生活シーンに適した商品やサポート情報をご紹介

クレジットカードはライフカード

ANA|航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線

Tournametsoftware

Tournametsoftware

平成30年度第72回全日本総合バドミントン選手権大会

ダイハツ・ヨネックスジャパンオープン2018バドミントン選手権大会 Part of the HSBC BWF World Tour Super 750

ヨネックス秋田マスターズ2018

ヨネックス大阪インターナショナルチャレンジバドミントン選手権大会2018

世界ランキング

次世代ターゲットスポーツの育成・強化

総合バドミントン情報サイト バド×スピ!

チャイニーズタイペイオープン2018

チャイニーズタイペイオープン2018
(開催地:台湾 台北市  10/2-10/7)
 
【1日目】
本日は各種目の予選とミックスダブルス1回戦が行われました。
日本選手は全員本戦から参加となりました。ミックスダブルス権藤・栗原ペアは1回戦でマレーシアペアと対戦。第1ゲーム序盤はリードを奪われたものの、中盤で追い付きこのゲームを奪います。第2ゲームは序盤から大きくリードを奪い有利に試合を進めて2-0で勝利した。
明日はミックスダブルス以外の種目の1回戦が行われます。
(日本選手団代表 : 舛田 圭太)
混合ダブルス
1回戦
権 藤 公 平
(トナミ運輸)
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-16
21-17
HOO Pang Ron
CHEAH Yee See
(マレーシア)
【2日目】
本日はミックスダブルス以外の種目の1回戦が行われました。男子シングルス武下選手は第2シードタイペイ選手を第1・2ゲームともに中盤から抜け出してストレート勝ち。
男子ダブルス竹内・松居ペアは第1ゲームを奪われたものの、第2・3ゲームは冷静な試合運びで勝利。古賀・齋藤ペアは危なげない試合運びでストレート勝ち。
女子ダブルス櫻本・髙橋ペアは第2ゲームの競り合いを奪われたものの、第3ゲームは立て直して勝利。荒木・今井ペアは第2ゲーム18-20のマッチポイントを奪われてからの逆転勝ち。川島・尾崎ペアは第7シードのタイペイペアを第1ゲームの競り合いを奪いストレート勝ち。栗原・篠谷ペアは快勝した。
明日は各種目の2回戦が行われます。
(日本選手団代表 : 舛田 圭太)
男子シングルス
1回戦
下 農 走
(トナミ運輸)
21-18
17-21
9 -21
JAYARAM Ajay
(インド)
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-17
21-17
WANG Tzu Wei
(チャイニーズタイペイ)
女子シングルス
1回戦
髙 橋 明 日 香
(ヨネックス)
20-22
21-23
LEE Chia Hsin
(チャイニーズタイペイ)
鈴 木 温 子
(ヨネックス)
21-16
14-21
15-21
HUNG Yi Ting
(チャイニーズタイペイ)
男子ダブルス
1回戦
竹 内 義 憲
松 居 圭 一 郎
(日立情報通信エンジニアリング)
15-21
21-15
21-17
KAN Chao Yu
LIAO Chi Hung
(チャイニーズタイペイ)
金 子 真 大
久 保 田 友 之 祐
(トナミ運輸)
17-21
17-21
LU Ching Yao
YANG Po Han
(チャイニーズタイペイ)
古 賀 輝
齋 藤 太 一
(NTT東日本)
21-18
21-13
CHANG Tak Ching
YEUNG Ming Nok
(ホンコンチャイナ)
女子ダブルス
1回戦
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
21-10
23-25
21- 8
BARKAH Yulfira
SUGIARTO Jauza Fadhila
(インドネシア)
荒 木 茜 羽
今 井 莉 子
(岐阜トリッキーパンダース)
17-21
22-20
21-12
TSENG Yu Chi
YE Jing Ya
(チャイニーズタイペイ)
志 田 千 陽
松 山 奈 未
(再春館製薬所)
21-13
16-21
21-18
HUNG Shih Han
HUNG Yi Ting
(チャイニーズタイペイ)
川 島 里 羅
尾 崎 沙 織
(NTT東日本)
21-19
21-14
CHEN Hsiao Huan
HU Ling Fang
(チャイニーズタイペイ)
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
21-15
21-10
LIU Chiao Yun
WU Yu Chen
(チャイニーズタイペイ)
【3日目】
本日は各種目の2回戦が行われました。男子シングルス武下選手はインド選手と対戦。
第1ゲームを奪われ、第2ゲームも中盤まで大きくリードを奪われます。終盤マッチポイントを奪われ、第3ゲームも序盤でリードされたものの逆転勝ち。
男子ダブルス竹内・松居ペアは第3ゲーム15-19から1ポイントも奪われず逆転勝ち。
女子ダブルス櫻本・髙畑ペア、荒木・今井ペア、志田・松山ペア、福万・與猶ペアは危なげない試合運びでストレート勝ち。
栗原・篠谷ペアは第1ゲームの競り合いを奪い取った。ミックスダブルス権藤・栗原ペアは第2ゲーム終盤で追い上げれたものの逃げ切りストレート勝ち。
明日は各種目の準々決勝が行われます。
(日本選手団代表 : 舛田 圭太)
男子シングルス
2回戦
武 下 利 一
(トナミ運輸)
19-21
23-21
21-16
VERMA Sourabh
(インド)
男子ダブルス
2回戦
竹 内 義 憲
松 居 圭 一 郎
(日立情報通信エンジニアリング)
21-16
16-21
21-19
ARIF Mohamad Arif Ab
AZRIYN Nur Mohd Azriyn Ayub
(マレーシア)
古 賀 輝
齋 藤 太 一
(NTT東日本)
15-21
14-21
LEE Jhe Huei
LEE Yang
(チャイニーズタイペイ)
女子ダブルス
2回戦
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
21- 9
21- 9
CHANG Hsin Tien
CHENG Chi Ya
(チャイニーズタイペイ)
荒 木 茜 羽
今 井 莉 子
(岐阜トリッキーパンダース)
21-11
21-16
KUSUMA Febriana Dwipuji
SUGIARTO Ribka
(インドネシア)
志 田 千 陽
松 山 奈 未
(再春館製薬所)
21-13
21-18
CHANG Yen Ting
WEN Hao Yun
(チャイニーズタイペイ)
川 島 里 羅
尾 崎 沙 織
(NTT東日本)
21-15
21-12
NG Shiu Yee
WU Yi Ting
(ホンコンチャイナ)
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
22-20
21-15
NG Wing Yung
YEUNG Nga Ting
(ホンコンチャイナ)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ヨネックス)
21-14
21-10
KUSUMAH Tania Oktaviani
SUKOCO Vania Arianti
(インドネシア)
混合ダブルス
2回戦
権 藤 公 平
(トナミ運輸)
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
21-13
21-19
CAHYONO Akbar Bintng
RAMADHANTI Siti Fadia Silva
(インドネシア)
【4日目】
本日は各種目の準々決勝が行われました。
男子シングルス武下選手はマレーシア選手と対戦。第1・2ゲームともに我慢のラリーとなったものの、終始リードを保ちストレート勝ち。
女子ダブルス櫻本・髙畑ペアは荒木・今井ペアに第1ゲームを奪われ、第2ゲームも17-19から逆転で奪い返します。第3ゲームは20-18から追い付かれたものの勝利した。
志田・松山ペアは香港ペアに危なげない試合運びでストレート勝ち。栗原・篠谷ペアは尾崎・川島ペアは序盤からリードを奪い、有利に試合進めてストレート勝ち。福万・與猶ペアもインドネシアペアを寄せ付けず快勝。女子ダブルスはベスト4をすべて日本が独占した。
明日は各種目の準決勝が行われます。
(日本選手団代表 : 舛田 圭太)
男子シングルス
準々決勝
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-15
21-11
CHONG Wei Feng
(マレーシア)
男子ダブルス
準々決勝
竹 内 義 憲
松 居 圭 一 郎
(日立情報通信エンジニアリング)
15-21
17-21
LIAO Min Chun
SU Ching Heng
(チャイニーズタイペイ)
女子ダブルス
準々決勝
櫻 本 絢 子
髙 畑 祐 紀 子
(ヨネックス)
15-21
21-19
23-21
荒木 茜羽
今井 莉子
(岐阜トリッキーパンダース)
志 田 千 陽
松 山 奈 未
(再春館製薬所)
21-15
21-11
NG Tsz Yau
YUEN Sin Ying
(ホンコンチャイナ)
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
21-18
21-17
川島 里羅
尾崎 沙織
(NTT東日本)
福 万 尚 子
與 猶 く る み
(ヨネックス)
21-12
21- 6
IMANUELA Agatha
RAMADHATI Siti Fadia Silva
(インドネシア)
混合ダブルス
準々決勝
権 藤 公 平
(トナミ運輸)
栗 原 文 音
(日本ユニシス)
12-21
19-21
RONALD Ronaid
SAUFIKA Annisa
(インドネシア)
【5日目】
本日は各種目の準決勝が行われました。男子シングルス武下選手は第5シードのデンマーク選手と対戦。第1ゲーム15-17から逆転で奪ったものの、第2ゲームを奪われます。第3ゲームは序盤でリードを奪ったものの、中盤で追い付かれ、終盤の競り合いから19-20とマッチポイントを奪われます。21・22点と先にマッチポイントを奪われたものの、24-
24から抜け出して大激戦を制した。
女子ダブルス志田・松山ペアは櫻本・髙畑ペアを寄せ付けずストレート勝ち。栗原・篠谷ペアは福万・與猶ペアに第2ゲーム終盤で追い上げられたものの逃げ切りストレート勝ち。
明日は大会最終日、各種目の決勝が行われます。
(日本選手団代表 : 舛田 圭太)
男子シングルス
準決勝
武 下 利 一
(トナミ運輸)
21-17
16-21
26-24
JORGENSEN O Jan
(デンマーク)
女子ダブルス
準決勝
志 田 千 陽
松 山 奈 未
(再春館製薬所)
21-15
21-12
櫻本 絢子
髙畑 祐紀子
(ヨネックス)
栗 原 文 音
篠 谷 菜 留
(日本ユニシス)
21-16
21-19
福万 尚子
與猶 くるみ
(ヨネックス)
【6日目】
本日は大会最終日、各種目の決勝が行われました。
女子ダブルス志田・松山ペア対栗原・篠谷ペアの対戦は、第1ゲーム序盤から大きくリードした志田・松山ペアが奪います。第2ゲームは中盤16-16まで一進一退の競り合いとなったものの、そこから志田・松山ペアが抜け出して見事優勝を果たした。
男子シングルス武下選手は昨日、第1シードを破って勝ち上がってきたマレーシア選手と対戦。第1ゲームを奪われますが、第2ゲームは中盤の競り合いから抜け出して奪い返します。しかし、第3ゲームは序盤からリードを奪われ残念ながら敗れ準優勝となった。
本日の試合をもちまして本大会すべての試合が終了しました。
ご声援ありがとうございました。
(日本選手団代表 : 舛田 圭太)
男子シングルス
決勝
武 下 利 一
(トナミ運輸)
17-21
21-16
11-21
LEE Zii Jia
(マレーシア)
女子ダブルス
決勝
志 田 千 陽
松 山 奈 未
(再春館製薬所)
21-10
21-17
栗原 文音
篠谷 菜留
(日本ユニシス)