公益財団法人日本バドミントン協会

結果

第107回全英オープンバドミントン選手権大会

開催地イギリス・バーミンガム
期間2017年3月7日~2017年3月12日

男子シングルス

予選1回戦
2
  • 21-14
  • 21-10
0
  • ROUXEL Thomas(フランス)
2
  • 21-17
  • 21-12
0
  • VERMA Sameer(インド)
1
  • 19-21
  • 21-13
  • 17-21
2
  • MUSTOFA Ihsan Maulana(インドネシア)
予選2回戦
0
  • 19-21
  • 15-21
2
  • ZHAO Junpeng(中国)
2
  • 21-10
  • 26-24
0
  • LIN Yu Hsien(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

予選1回戦
2
  • 21-14
  • 24-22
0
  • DIERICKX Matijs(ベルギー)
  • GOLINSKI Freek(ベルギー)
予選2回戦
2
  • 21-10
  • 21-13
0
  • CAMPBELL Martin(スコットランド)
  • MACHUGH Patrick(スコットランド)

本日より始りました第107回全英オープン2017大会初日の試合は各種目予選が行われました。

最初に行われましたMSでは西本が同年代のインドネシアの選手と対戦しました。相手の強打に苦しむ場面はあるものの必死のレシーブで粘り勝利への執念を見せます。ファイナルゲームも長いラリー勝負となりますが、ネット前での球に鋭さがあるインドネシア選手に軍配が上がり惜しくも敗退しました。一方、坂井は初戦から安定感をみせ2試合を勝ち抜き本戦まで進みました。

またMD遠藤、渡辺ペアは先週の疲れを見せることなく2試合ともストレート勝ちをおさめ明日の本戦1回戦まで駒を進めました。明日は各種目本戦1回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

1回戦
2
  • 22-20
  • 21-18
0
  • WONG Wing Ki Vincent(ホンコンチャイナ)

女子シングルス

1回戦
0
  • 15-21
  • 14-21
2
  • NEHWAL Saina(インド)
2
  • 21-16
  • 21-12
0
  • LIANG Xiaoyu(シンガポール)
0
  • 14-21
  • 9-21
2
  • INTANON Ratchanok(タイ)
2
  • 21-7
  • 21-11
0
  • CORRALES Beatriz(スペイン)

男子ダブルス

1回戦
0
  • 17-21
  • 14-21
2
  • LIU Xiaolong(中国)
  • XU Chen(中国)
2
  • 21-17
  • 21-18
0
  • CHEN Hung Ling(チャイニーズタイペイ)
  • WANG Chi Lin(チャイニーズタイペイ)
0
  • 15-21
  • 18-21
2
  • GHO V Shem(マレーシア)
  • TAN Wee Kiong(マレーシア)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 21-15
  • 21-13
0
  • HARIS Della Destiara(デンマーク)
  • SARI PUTRI Rosyita Eka(デンマーク)
2
  • 21-10
  • 21-9
0
  • MITSOVA Mariya(ブルガリア)
  • NEDELCHEVA Petya(ブルガリア)
2
  • 15-21
  • 28-26
  • 21-18
1
  • CHEN Qingchen(中国)
  • JIA Yifan(中国)
2
  • 21-18
  • 21-11
0
  • SEINEN Cheryl(オランダ)
  • TABELING Iris(オランダ)

混合ダブルス

1回戦
2
  • 21-17
  • 19-21
  • 21-12
1
  • JORDAN Praveen(インドネシア)
  • SUSANTO Debby(インドネシア)
2
  • 21-18
  • 21-18
0
  • CHISTIANSEN Mathias(デンマーク)
  • THYGESEN Sara(デンマーク)

本日は本戦1回戦が行われました。

WSでは山口、三谷がランキング的に格下の選手に対し付けいるスキを与えずに勝利しました。一方、復帰戦となった奥原と全日本チャンピオンの佐藤はシード選手に敗退しました。

MSで唯一本戦まで進出した坂井は香港の選手と対戦し、逆転に次ぐ逆転となった試合を制し2回戦まで駒を進めました。

またMDでは嘉村園田ペアが先週ドイツオープンで敗退した鬱憤を晴らす勝利をあげ順調にベスト16入りを果たしました。

WDでは米元田中ペアがスーパーシリーズファイナルズを制した現在1番勢いに乗っている中国ペアと対戦しました。序盤から長いラリーが続きパワーで押してくる相手の攻撃を粘り強いレシーブで対抗します。1ゲームは失いますが2ゲームを28-26の大接戦で奪い返すと最後は18点で勝負を決め大金星をあげました。

明日は各種目2回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

2回戦
2
  • 21-16
  • 21-13
0
  • O JORGENSEN Jan(デンマーク)

女子シングルス

2回戦
2
  • 21-19
  • 20-22
  • 21-15
1
  • CHIANG Mei Hui(チャイニーズタイペイ)
0
  • 25-27
  • 11-21
2
  • TAI Tzu Ying(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

2回戦
2
  • 21-18
  • 21-15
0
  • KIM Astrup(デンマーク)
  • ASMUSSEN Anders Skaarup(デンマーク)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-16
  • 19-21
  • 21-16
1
2
  • 14-21
  • 21-13
  • 21-11
0
  • AWANDA Anggia Shitta(インドネシア)
  • RAHAYU Apriyani(インドネシア)
2
  • 24-22
  • 21-8
0
  • POLII Greysia(インドネシア)
  • PRADIPTA Rizki Amelia(インドネシア)

混合ダブルス

2回戦
0
  • 13-21
  • 11-21
2
  • FISCHER NIELSEN Joachim(デンマーク)
  • PEDERSEN Christinna(デンマーク)
2
  • 21-13
  • 21-18
0
  • MATEUSIAK Robert(ポーランド)
  • ZIEBA Nadiezda(ポーランド)

本日は各種目2回戦が行われました。

WSでは先週のドイツオープンを制した山口が勢いそのままにタイペイの選手を破りベスト8入りを決めました。

またMDでは嘉村園田ペアがデンマークの強豪をストレートで下し世界ランキング2位の貫禄を見せました。

日本人対決となったWD髙橋松友対福島廣田の試合時間は76分間という長期戦になりましたが、終盤抜け出した福島廣田ペアが勝ち初の全英で準々決勝まで進出しました。その他の2ペアも順当に勝ち上がり日本の女子ダブルス陣の層の厚さを見せました。

XDでは昨日インドネシアのシードペアを破って勢いに乗る渡辺東野ペアが年齢20歳ほど差のあるポーランドの大ベテランペアに快勝しました。

最後に行われましたMSでは予選から勝ち上がっている坂井が第2シードのデンマーク選手と対戦しました。身長の高い選手との対戦でしたのでロビングを高くし強打を打たせない作戦がはまり見事に勝利し価値あるベスト8入りを果たしました。

明日は準決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準々決勝
0
  • 13-21
  • 4-21
2
  • SHI Yuqi(中国)

女子シングルス

準々決勝
2
  • 21-23
  • 21-14
  • 22-20
1
  • SUN Yu(中国)

男子ダブルス

準々決勝
1
  • 23-21
  • 15-21
  • 19-21
2
  • LIU Cheng(中国)
  • ZHANG Nan(中国)

女子ダブルス

準々決勝
0
  • 11-21
  • 14-21
2
  • BAO Yixin(中国)
  • YU Xiaohan(中国)
0
  • 19-21
  • 17-21
2
  • JUNG Kyung Eun(韓国)
  • SHIN Seung Chan(韓国)
0
  • 12-21
  • 11-21
2
  • JUHL Kamilla Rytter(デンマーク)
  • PEDERSEN Christinna(デンマーク)

混合ダブルス

準々決勝
2
  • 21-17
  • 18-21
  • 22-20
1
  • YOO Yeon Seong(韓国)
  • KIM Ha Na(韓国)

本日は各種目準々決勝が行われました。最初に行われましたMDでは嘉村園田ペアが中国のZHAN選手が組み替えしたペアと対戦しました。1ゲームから高さを武器に攻撃してくる相手に対し、堅い守備で対抗する日本ペアは序盤リードします。シャトルが飛びにくくラリーが長く続き我慢勝負となり70分を超えた試合は最後に中国ペアに軍配が上がり残念ながら敗退となりました。

つづくWSでは山口がSUN選手と対戦しました。身長差が大きくある相手との対戦は山口がフットワークでコートを必死に駆け回る展開となりましたが、こちらの試合は90分近く動いてもスピードがほとんど落ちなかった山口が勝利し明日の準決勝に駒を進めました。

またXDでは若い渡辺東野が韓国の新しいミックスペアと対戦しました。運動量に勝る日本ペアが躍動感ある攻撃でリードしますが韓国も必死のレシーブで粘ってきます。19-20とマッチポイントを握られますが、そこから逆転し見事に全英初挑戦でベスト4まで勝ち進みました。

明日は各種目準決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

女子シングルス

準決勝
0
  • 20-22
  • 16-21
2
  • INTANON Ratchanok(タイ)

混合ダブルス

準決勝
0
  • 17-21
  • 15-21
2
  • CHAN Peng Soon(マレーシア)
  • GOH Liu Ying(マレーシア)

本日は各種目準決勝が行われました。日本選手団の中で栄えある第107回全英オープン大会の準決勝のコートに立つのは先週の優勝から勢いに乗るWS山口と、ジュニア時代から組みコンビネーション抜群のXD渡辺東野という若い3人の選手となりました。

その山口はタイの強豪インタノン選手と対戦しました。互いに昨日激しい準々決勝となったため体力の消耗具合が懸念されましたが序盤からハイレベルなラリーの応酬となります。16-12と山口がリードしますが、相手にキレのあるショットを決められてしまい逆転されます。2ゲームに入っても、決定打の質が落ちなかったインタノン選手に軍配が上がり惜しくも決勝進出とはなりませんでした。

XD渡辺東野はリオ五輪銀メダリストのマレーシア選手と対戦しました。序盤から相手に先行され苦しい展開が続きますが、日本ペアもスピードある攻撃で必死に食らいつきます。しかしマレーシアペアの攻撃は角度があるため守備から攻撃に移ることが次第にできなくなり逆転することなく惜しくも敗退となりました。本日の試合をもちまして日本選手団のすべての試合が終了致しました。ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:中西洋介)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター