公益財団法人日本バドミントン協会

結果

第108回全英オープンバドミントン選手権大会

開催地イギリス・バーミンガム
期間2018年3月13日~2018年3月18日

男子シングルス

1回戦
2
  • 21-8
  • 21-18
0

女子シングルス

1回戦
2
  • 21-10
  • 21-14
0
  • LEE Chia Hsin(チャイニーズタイペイ)
2
  • 21-15
  • 21-8
0
  • PAI Yu Po(チャイニーズタイペイ)
2
  • 21-10
  • 21-14
0
  • CHEUNG Ngan Yi(ホンコンチャイナ)
2
  • 21-16
  • 21-17
0
  • SUNG Ji Hyun(韓国)
2
  • 21-9
  • 21-11
0
  • KOSETSKAYA Evgeniya(ロシア)

男子ダブルス

1回戦
0
  • 13-21
  • 17-21
2
  • GOH V Shem(マレーシア)
  • TAN Wee Kiong(マレーシア)
0
  • 19-21
  • 18-21
2
  • RANKIREDDY Satwiksairaj(インド)
  • SHETTY Chirag(インド)
0
  • 10-21
  • 15-21
2
  • CHEN Hung Ling(チャイニーズタイペイ)
  • WANG Chi Lin(チャイニーズタイペイ)
2
  • 21-8
  • 24-22
0
  • KEDREN KittinupongPUAVARANUKROH
  • echapol(タイ)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 21-14
  • 21-13
0
  • PONNAPPA Ashwini(インド)
  • REDDY N. Sikki(インド)
0
  • 20-22
  • 14-21
2
  • CHEN Qingchen(中国)
  • JIA Yifan(中国)
2
  • 21-12
  • 21-16
0
  • DELRUE Delphine(フランス)
  • PALERMO Lea(フランス)
2
  • 21-14
  • 21-11
0
  • JAKKAMPUDI Meghana(インド)
  • SRAM Poorvisha(インド)
2
  • 21-17
  • 21-5
0
  • CHERVYAKOVA Anastasia(ロシア)
  • MOROZOVA Olga(ロシア)

混合ダブルス

1回戦
2
  • 18-21
  • 21-18
  • 21-16
1
  • TAN Chun Man(ホンコンチャイナ)
  • TSE Ying Suet(ホンコンチャイナ)

本日から始まりました全英オープンの初日の試合は各種目1回戦が行われました。

WSでは第6シードの韓国選手と対戦した大堀が前回の対戦に引き続きストレートで勝利する金星を挙げた他、全5選手が勝ち上がる好スタートを切りました。

またWDでは福万與猶ペアは第1シードに敗れましたが、ナショナルAチームの4ペアは快勝し明日の2回戦に駒を進めました。

XDでは渡辺東野ペアが昨年デンマークオープンなどを制覇した実績のあるホンコンチャイナペアと対戦しました。1ゲームを失い2ゲームも11-17まで引き離されますが、後半驚異の粘りを見せ追い上げます。このゲームを逆転で奪うと3ゲームも取り見事に大金星をあげました。

また日本人対決となったMSでは西本が常山を破りました。最後に行われましたMDでは遠藤渡辺ペアが世界ジュニア選手権を制したこともある小柄なタイペアをストレートで破りベスト16入りを決めました。

明日は各種目2回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

2回戦
2
  • 21-12
  • 21-15
0
  • NG Ka Long Angus(ホンコンチャイナ)

女子シングルス

2回戦
2
  • 18-21
  • 21-10
  • 21-12
1
2
  • 21-13
  • 21-15
0
  • FITRIANI Fitriani(インドネシア)
2
  • 24-22
  • 21-18
0
  • GOH Jin Wei(マレーシア)
0
  • 13-21
  • 17-21
2
  • MARIN Carolina(スペイン)

男子ダブルス

2回戦
2
  • 16-21
  • 21-16
  • 24-22
1
  • LEE Jhe Huei(チャイニーズタイペイ)
  • LEE Yang(チャイニーズタイペイ)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-12
  • 21-14
0
  • HARIS Della Destiara(インドネシア)
  • PRADIPTA Rizki Amelia(インドネシア)
2
  • 21-13
  • 21-13
0
  • KIM So Yeong(韓国)
  • KONG Hee Yong(韓国)
2
  • 21-18
  • 21-15
0
  • AWANDA Anggia Shitta(インドネシア)
  • ISTARANI Ni Ketut Mahadewi(インドネシア)
2
  • 21-10
  • 21-12
0
  • STOEVA Gabriela(ブルガリア)
  • STOEVA Stefani(ブルガリア)

混合ダブルス

2回戦
2
  • 21-17
  • 21-19
0
  • ARENDS Jacco(オランダ)
  • PIEK Selena(オランダ)

本日は各種目2回戦が行われました。

最初に行われましたXDではシード選手を下し勢いに乗る渡辺東野ペアがオランダの強豪ペアと対戦し見事に接戦をものにし、勝利致しました。

またMDでは遠藤渡辺ペアがチャイニーズタイペイペアと対戦しました。強打がある相手選手の攻撃で押される場面もありましたが粘り強く戦い第2ゲームを奪い返すとファイナルゲームは大接戦となります。最後は僅差で勝ちこのペアとしては初めてのベスト8進出を決めました。

続くMSでは西本がホンコンチャイナの選手と対戦しました。世界ランキング9位の選手との対戦でしたが、終始安定したラリーをみせた西本が快勝し、こちらも自身初のベスト8入りを果たしました。

最後に行われましたWSでは日本人対決となりましたが山口が佐藤を下し明日の準々決勝に駒を進めました。

明日は各種目準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準々決勝
1
  • 18-21
  • 21-9
  • 14-21
2
  • SON Wan Ho(韓国)

女子シングルス

準々決勝
2
  • 21-15
  • 21-18
0
  • MARIN Carolina(スペイン)
1
  • 22-20
  • 18-21
  • 18-21
2
  • PUSARLA V. Sindhu(インド)
0
  • 12-21
  • 13-21
2
  • TAI Tzu Ying(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

準々決勝
2
  • 21-14
  • 21-19
0
  • LIAO Min Chun(チャイニーズタイペイ)
  • SU Ching Heng(チャイニーズタイペイ)

女子ダブルス

準々決勝
2
  • 21-17
  • 25-23
0
2
  • 21-16
  • 21-18
0
  • KITITHARAKUL Jongkolphan(タイ)
  • PRAJONGJAI Rawinda(タイ)
2
  • 14-21
  • 21-17
  • 21-15
1
  • CHEN Qingchen(中国)
  • JIA Yifan(中国)

混合ダブルス

準々決勝
2
  • 18-21
  • 21-15
  • 21-15
1
  • ADCOCK Chris(イングランド)
  • ADCOCK Gabrielle(イングランド)

本日は各種目準々決勝が行われました。

午前に行われたセッションではWD米元田中ペアが昨年の世界選手権優勝ペアと対戦しました。1ゲームを取られる苦しいスタートとなりましたが堅いレシーブで相手のミスを誘うと徐々に体力を奪うことに成功し見事に逆転勝ちをおさめました。

またMD遠藤渡辺もここまで強豪を次々と破り勢いに乗るチャイニーズタイペイペアと対戦しましたが、安定したレシーブで相手の強打を封じると付けいる隙を与えずストレートで勝利し準決勝進出を決めました。

午後のセッションで行われた試合では山口がスペインの選手と対戦しました。相手のスピードに苦しめられリードを奪われる展開にはなりましたが、しぶとくラリーする作戦が功を奏し逆転すると、そのまま勝利し昨年に引き続きベスト4入りを決めました。

またXD渡辺東野は地元イングランド選手と対戦しましたが、地元の大声援に負けず強気でプレーした渡辺東野に軍配があがり準決勝進出となりました。

明日は各種目準決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

女子シングルス

準決勝
2
  • 19-21
  • 21-19
  • 21-18
1
  • PUSARLA V. Sindhu(インド)

男子ダブルス

準決勝
0
  • 17-21
  • 17-21
2
  • BOE Mathias(デンマーク)
  • MOGENSEN Carsten(デンマーク)

女子ダブルス

準決勝
2
  • 15-21
  • 21-10
  • 21-12
1
0
  • 15-21
  • 20-22
2
  • JUHL Kamilla Rytter(デンマーク)
  • PEDERSEN Christinna(デンマーク)

混合ダブルス

準決勝
2
  • 21-14
  • 21-18
0
  • ZHANG Nan(中国)
  • LI Yinhui(中国)

本日は各種目準決勝が行われました。

午前のセッションで行われたXD渡辺東野は強豪中国選手と対戦しました。対戦相手のストローク技術が高くミスを誘われる場面はありましたが、スピードとパワーで勝る日本ペアが先手を取る展開となり見事に勝利しXDでは日本勢初となる歴史ある全英オープンのファイナリストとなりました。

午後のセッションで行われましたWSでは山口が第4シードのインド選手と対戦しました。序盤から全力で攻めてくる相手に押され1ゲームを失いますが、2ゲームから長いラリー勝負となり山口に流れが傾き始めます。3ゲームはスタートから2,3点リードされる苦しい展開となり一時は7-13まで追い込まれましたが、そこから挽回に成功します。最後は18-18からスピードを更に上げ相手を突き放し見事に79分の試合を制しました。

また日本人対決となったWDでは福島廣田ペアが米元田中ペアを逆転でくだし、自身初となる全英オープンで決勝進出を果たしました。

一方、MD遠藤渡辺はデンマークのベテランペアに敗れました。

明日は大会最終日で各種目決勝戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

女子シングルス

決勝
0
  • 20-22
  • 13-21
2
  • TAI Tzu Ying(チャイニーズタイペイ)

女子ダブルス

決勝
0
  • 19-21
  • 18-21
2
  • JUHL Kamilla Rytter(デンマーク)
  • PEDERSEN Christinna(デンマーク)

混合ダブルス

決勝
2
  • 15-21
  • 22-20
  • 21-16
1
  • ZHENG Siwei(中国)
  • HUANG Yaqiong(中国)

本日は各種目決勝が行われました。

権威ある全英オープンのXD決勝の舞台に初めて日本人選手として進出した渡辺東野ペアは、組み替えて間もない為、世界ランキングは高くありませんが実質世界トップの実力を持っている中国選手と対戦しました。序盤は落とされてからスマッシュを打たれるパターンで1ゲームを失いますが、2ゲーム以降プレーに躍動感が出始め相手の上を行くスピードでペースを掴みます。物怖じしない強心臓を見せ逆転に成功すると3ゲームはさらに攻撃の勢いが増し見事に優勝を果たしました。

続いて行われましたWSでは山口が世界ランキング1位のチャイニーズタイペイ選手と対戦しました。1ゲームは一進一退の攻防となりハイレベルな戦いとなります。しかし勝負強さをみせた相手選手に押され1ゲームを接戦で落とすと2ゲームは疲れが見え始め惜しくも準優勝となりました。

最後に行われましたWD決勝は福島廣田ペアとデンマークペアとの対戦となりました。序盤から相手が攻勢をかけてきたためリードを許してしまった日本ペアでしたが徐々に追いつき19-19となります。しかしここで不運もあり21-19と先制を許します。2ゲームも攻守に激しいラリーとなりますが、一発の決定力と長いラリーでの粘り強さで上回られ惜しくも敗退し準優勝となりました。

この試合をもちまして今大会における日本選手団のすべての試合が終わりました。

ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:中西洋介)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター