公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントン香港オープン2017

開催地香港特別行政区
期間2017年11月21日~2017年11月26日

男子シングルス

予選1回戦
0
  • 18-21
  • 15-21
2
  • LEE Dong Keun(韓国)
2
  • 21-17
  • 21-15
0
  • THONGNUAM Pannawit(タイ)
予選2回戦
0
  • 20-22
  • 23-25
2
  • AVIHINGSANON Suppanyu(タイ)

混合ダブルス

予選1回戦
1
  • 15-21
  • 21-12
  • 15-21
2
  • RASMUSSEN Anders Skaarup(デンマーク)
  • KJAERSFELDT Line Hojmark(デンマーク)
2
  • 21-18
  • 18-21
  • 21-17
1
  • CHANG Tak Ching(ホンコンチャイナ)
  • NG Wing Yung(ホンコンチャイナ)
予選1回戦
0
  • 19-21
  • 12-21
2
  • NOHR Niclas(デンマーク)
  • THYGESEN Sara(デンマーク)
1回戦
2
  • 21-13
  • 21-10
0
  • SERASINGHE Sawan(オーストラリア)
  • MARASA Setyana(オーストラリア)
0
  • 16-21
  • 22-24
2
  • WANG Yilyu(中国)
  • HUANG Dongping(中国)
2
  • 17-21
  • 22-20
  • 21-13
1
  • TSENG Min Hao(チャイニーズタイペイ)
  • CHEN Hsiao Huan(チャイニーズタイペイ)

本日は各種目予選とXD本戦1回戦が行われました。

MS上田と西本は予選からの出場となりました。空調が強く効いておりシャトルが流されてしまう環境の中での試合は両名とも競り合いをものにすることができずに惜しくも敗退となりました。

続いて行われましたXD本戦では、保木廣田ペアがオーストラリアペアと対戦しました。序盤から安定したストロークを見せリードを奪うと相手の得点も最小限に抑え先制します。2ゲームに入ってもスーパーシリーズ大会慣れしている保木廣田ペアのペースは変わらず完勝となりました。また数野栗原ペアも前半はミスを多発してしまい敗退しますが、徐々に立て直し逆転でチャイニーズタイペイペアを破り明後日の2回戦に駒を進めました。

明日はXDを除く本戦1回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

1回戦
0
  • 10-21
  • 13-21
2
  • NG Ka Long Angus(ホンコンチャイナ)
2
  • 棄権
0
  • AXELSEN Victor(デンマーク)

女子シングルス

1回戦
2
  • 21-10
  • 14-21
  • 21-17
1
  • KIM Hyo Min(韓国)
2
  • 21-10
  • 21-9
0
  • CHOW King Ling(ホンコンチャイナ)
0
  • 14-21
  • 9-21
2
  • MARIN Carolina(スペイン)
2
  • 21-13
  • 21-19
0
  • KOSETSKAYA Evgeniya(ロシア)
2
  • 21-11
  • 11-21
  • 21-14
1
  • CHEUNG Ngan Yi(ホンコンチャイナ)

男子ダブルス

1回戦
0
  • 23-25
  • 16-21
2
  • ASTRUP Kim(デンマーク)
  • RASMUSSEN Anders Skaarup(デンマーク)
2
  • 21-19
  • 21-16
0
  • CHRISTIANSEN Mathias(デンマーク)
  • DAUGAARD David(デンマーク)
2
  • 21-17
  • 22-20
0
  • LAMSFUSS Mark(ドイツ)
  • SEIDEL Marvin Emil(ドイツ)

女子ダブルス

1回戦
2
  • 21-14
  • 21-17
0
  • CHALADCHALAM Chayanit(タイ)
  • MUENWONG Phataimas(タイ)
2
  • 15-21
  • 21-14
  • 23-21
1
  • FRUERGAARD Maiken(デンマーク)
  • THYGESEN Sara(デンマーク)
0
  • 16-21
  • 14-21
2
  • CHANG Ye Na(韓国)
  • JUNG Kyung Eun(韓国)
2
  • 21-15
  • 9-21
  • 22-20
1
  • BAEK Ha Na(韓国)
  • CHAE Yoo Jung(韓国)

本日は各種目本戦1回戦が行われました。WD永原松本ペアが韓国ペアと対戦しました。

攻撃力で勝る日本ペアでしたが韓国ペアの粘りに遭い大接戦となります。ファイナルゲームではマッチポイントを奪われる展開となりましたが、日本ペアが意地を見せ逆転し見事に勝利しました。また福島廣田ペアもデンマークペアに対しファイナルゲーム15-19まで追い込まれましたが、ここから盛り返します。最後は23-21で勝利しました。この試合の結果で米元田中ペアとならびスーパーシリーズファイナルズへの出場権を獲得しました。またMDでは保木小林ペアがパワーあるデンマークペアと対戦しましたが、スピードで勝りストレートで退けました。

WSでは5名中、4名の選手が1回戦を突破し層の厚さを見せました。明日は各種目2回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

2回戦
2
  • 11-21
  • 21-10
  • 21-15
1
  • PRANNOY H. S(インド)

女子シングルス

2回戦
2
  • 24-26
  • 21-16
  • 21-12
1
0
  • 14-21
  • 17-21
2
  • PUSARLA V. Sindhu(インド)
0
  • 17-21
  • 13-21
2
  • TAI Tzu Ying(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

2回戦
1
  • 21-18
  • 13-21
  • 14-21
2
  • GIDEON Marcus Fernaldi(インドネシア)
  • SUKAMULJO Kevin Sanjaya(インドネシア)
2
  • 21-18
  • 17-21
  • 21-19
1
  • LIU Cheng(中国)
  • ZHANG Nan(中国)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 21-15
  • 21-7
0
  • HOO Vivian(マレーシア)
  • WOON Khe Wei(マレーシア)
2
  • 21-19
  • 21-13
0
  • LEE Yu Rim(韓国)
  • SHIN Seung Chan(韓国)
2
  • 21-15
  • 21-12
0
  • KIM Hye Rin(韓国)
  • LEE So Hee(韓国)

混合ダブルス

2回戦
2
  • 21-19
  • 18-21
  • 21-17
1

本日は各種目2回戦が行われました。MSでは坂井がインドネシアオープン以来の再戦となったインド選手と対戦しました。1ゲーム序盤は硬さが見られフットワークがスムーズに行かず先制を許しましたが、2ゲームから立て直すと後半は勢いあふれる積極的なプレーを見せ勝利しました。

またWDでは永原松本ペアが韓国ペアと対戦しましたが、こちらは終始リードを保ち快勝しました。また日本人対決となったWS山口と佐藤の試合はファイナルゲームにもつれ込む接戦となりましたが、最後は山口が振り切り準々決勝進出を決めました。

またXDでも日本人対決となりましたが、保木廣田ペアが勝利しました。

最後におこなわれましたMDでは井上金子ペアが今年の世界選手権金メダリストの中国ペアと対戦しました。1ゲーム序盤から相手の強打を警戒しノーロブ展開での勝負に徹します。中国ペアをほとんどトップ&バックの攻撃の態勢にさせることなく日本ペアのストローク技術が上回り見事に金星をあげました。

明日は各種目準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準々決勝
0
  • 15-21
  • 13-21
2
  • ANTONSEN Anders(デンマーク)

女子シングルス

準々決勝
0
  • 12-21
  • 19-21
2
  • PUSARLA V. Sindhu(インド)

男子ダブルス

準々決勝
2
  • 21-17
  • 21-13
0
  • AHSAN Mohamad(インドネシア)
  • SAPUTRO Rian Agung(インドネシア)

女子ダブルス

準々決勝
1
  • 21-15
  • 16-21
  • 13-21
2
  • HUANG Dongping(中国)
  • LI Wenmei(中国)
0
  • 12-21
  • 19-21
2
  • KITITHARAKUL Jongkolphan(タイ)
  • PRAJONGJAI Rawinda(タイ)
1
  • 21-17
  • 18-21
  • 13-21
2
  • CHEN Qingchen(中国)
  • JIA Yifan(中国)

混合ダブルス

準々決勝
2
  • 21-16
  • 21-13
0
  • HEE Yong Kai Terry(シンガポール)
  • TAN Wei Han(シンガポール)

最初に行われました昼からのセッションではWDで米元田中ペア、福島廣田ペア、永原松本ペアの3ペアの試合がありました。日本のお家芸とも言える種目でしたが、会場の風にも悩まされすべてのペアが敗退する結果となりました。

またMS坂井も序盤からスピードをあげ戦いを挑みましたが、デンマーク選手に冷静に対応されストレートで敗退しました。夜からのセッションではWS山口がインド選手と対戦しました。フランスオープンで快勝していた相手との再戦でしたが、この日は高さのある攻撃を受けてしまい残念ながら敗退しました。

昨日世界チャンピオンを破り勢いに乗るMD井上金子ペアの準々決勝の相手は今年の世界選手権銀メダリストのインドネシア選手となりました。試合開始直後から安定したラリーで相手のミスを誘うといきなり4-0とリードします。一度は同点となりますが、終始相手に気持ちよく打たせることをさせずストレートで快勝し、2日連続の金星となりました。

最後に行われましたXDでも保木廣田が、シンガポールペアに勝利しベスト4進出を決めました。明日は各種目準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子ダブルス

準決勝
1
  • 22-20
  • 20-22
  • 15-21
2
  • CONRAD PETERSEN Mads(デンマーク)
  • KOLDING Pieler Mads(デンマーク)

混合ダブルス

準決勝
0
  • 15-21
  • 20-22
2
  • CHRISTIANSEN Mathias(デンマーク)
  • PEDERSEN Christinna(デンマーク)

本日は各種目準決勝が行われました。昨日、一昨日と世界選手権大会のメダリストを破り勢いに乗る井上金子ペアはランキング上位のデンマークペアと対戦しました。1ゲーム序盤は相手のサーブ周りの高さに戸惑いリードを許します。徐々にラリーゲームに持ち込み互角の展開になります。終盤相手にもミスが出て逆転でこのゲームを奪いました。しかし2ゲームを20点で落とすと3ゲームは集中力が切れて大量リードを許します。最後まで粘りましたが15点で力尽き惜しくも敗退となりました。

夜のセッションで行われましたXDではペアリングの実績は多くはありませんが、スーパーシリーズ大会で多くの実績を残している保木廣田ペアがデンマークペアと対戦しました。序盤はチャンスボールのミスなどがあり1ゲームを先制されます。2ゲームに入り守備が安定してきた日本ペアのペースになり16-13までリードを広げましたが、最後はネット前に落としたヘアピンをミスしてしまい惜しくも22-20で敗退となりました。

この試合をもちまして日本選手団の全日程が終了致しました。ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:中西洋介)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター