公益財団法人日本バドミントン協会

結果

バドミントンインドネシアオープン2017

開催地インドネシア・ジャカルタ
期間2017年6月12日~2017年6月18日

男子シングルス

予選1回戦
2
  • 21-13
  • 21-16
0
  • KUNCORO Sony Dwi(インドネシア)
2
  • 21-15
  • 21-11
0
予選2回戦
2
  • 21-16
  • 21-4
0
  • WEI Nan(ホンコンチャイナ)
0
  • 17-21
  • 13-21
2
  • ZHAO Junpeng(中国)

本日から始りましたインドネシアオープンスーパーシリーズプレミア大会初日は各種目予選が行われました。

男子シングルスでは日本人対決となり上田が空調が強くシャトルコントロールが難しい状況でありましたが、うまく制御しストレートで西本を下しました。

また坂井もインドネシアのベテラン選手をスピードで振り切り勝利しました。続く2回戦で上田は中国の左利きの長身選手と対戦しました。高い打点からくるスマッシュを必死にレシーブしますが一歩及ばず敗退しました。

一方、坂井はホンコンチャイナの選手と対戦し、1ゲームは接戦となりますが、このゲームを奪うと2ゲームは快勝し本戦に勝ち上がりました。

明日はWSとXDの本戦1回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

女子シングルス

1回戦
2
  • 21-12
  • 21-13
0
  • LI Michelle(カナダ)
2
  • 21-15
  • 21-19
0
  • LEE Jang Mi(韓国)
2
  • 21-17
  • 21-18
0
  • HE Bingjiao(中国)
0
  • 8-21
  • 12-21
2
  • TAI Tzu Ying(チャイニーズタイペイ)

混合ダブルス

1回戦
2
  • 21-18
  • 13-21
  • 21-17
1
  • SUBAKTIAR Edi(インドネシア)
  • WIDJAJA Gloria Emanuelle(インドネシア)
  • 数 野 拳 太(日本ユニシス)
  • 栗 原 文 音(日本ユニシス)
0
  • 14-21
  • 18-21
2
  • PRASETYA Alfian Eko(インドネシア)
  • SAUFIKA Annisa(インドネシア)

昨日から始りましたインドネシアオープンスーパーシリーズプレミア大会2日目はWSとXDの本戦1回戦が行われました。

XDでは渡辺東野がインドネシアペアと対戦しました。2ゲームを失い勝負は長期戦となりましたが、最後まで安定したラリーと粘り強いレシーブを見せた渡辺東野ペアに軍配があがり勝利しました。

またWSでは奧原がカナダ選手に、山口が韓国選手に対し強さを見せつけ快勝しました。最後に行われました佐藤はスディルマンカップメンバーの中国選手と対戦しました。相手のフェイントに惑わされる場面はありましたが、ラリー力で上回り見事にストレートで勝利しました。

明日はMS、MD、WDの本戦1回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

1回戦
2
  • 21-18
  • 21-8
0
  • CHONG Wei Feng(マレーシア)

男子ダブルス

1回戦
2
  • 21-18
  • 14-10
  • 棄権
0
  • CHEN Hung Ling(チャイニーズタイペイ)
  • WANG Chi Lin(チャイニーズタイペイ)
1
  • 21-10
  • 24-26
  • 21-23
2
  • SETIAWAN Hendra(インドネシア)
  • TAN Boon Heong(マレーシア)
0
  • 16-21
  • 13-21
2
  • CHRISTIANSEN Mathias(デンマーク)
  • DAUGGARD David(デンマーク)

女子ダブルス

1回戦
0
  • 7-21
  • 20-22
2
  • HUANG Yaqiong(中国)
  • YU Xiaohan(中国)
2
  • 21-10
  • 21-14
0
  • KANI Serena(インドネシア)
  • SUGIARTO Jauza Fadhila(インドネシア)
2
  • 21-18
  • 14-21
  • 21-12
1
  • LIM Yin Loo(マレーシア)
  • YAP Cheng Wen(マレーシア)
2
  • 21-10
  • 21-14
0
  • HANADIA Keshya Nurvita(インドネシア)
  • PERMATASARI Devi Tika(インドネシア)

本日はMS、MD、WDの本戦1回戦が行われました。最初に行われましたWDでは第1シードの髙橋松友ペアが中国ペアと対戦しました。序盤から空調の影響からかミスが増えてしまい1ゲームを落とします。2ゲームに入り積極的な姿勢をみせ盛り返しますが、勝負所の終盤で再びエラーが出てしまい惜しくも敗退となりました。

残る3ペアは競り合う場面はあるものの、地力の差を見せ勝利し明日の2回戦に駒を進めました。またMDでは嘉村園田ペアが対戦相手の棄権がありましたが内容的には本来の力をみせ快勝しました。遠藤渡辺ペアは実績抜群のインドネシア、マレーシアの混成ペアと対戦しましたが、大接戦をものにできず悔しい敗戦となりました。

最後に行われましたMSでは坂井が同じく予選から勝ち上がってきたマレーシアの選手と対戦しました。序盤からキレのある攻撃で圧倒し2回戦進出を果たしました。

明日は各種目2回戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

2回戦
2
  • 26-24
  • 21-14
0
  • HOLST Emil(デンマーク)

女子シングルス

2回戦
2
  • 15-21
  • 21-19
  • 21-15
1
2
  • 21-14
  • 16-21
  • 21-12
1
  • LEE Chia Hsin(チャイニーズタイペイ)

男子ダブルス

2回戦
2
  • 21-17
  • 21-16
0
  • CHRISTIANSEN Mathias(デンマーク)
  • DAUGGARD David(デンマーク)

女子ダブルス

2回戦
2
  • 19-21
  • 21-16
  • 21-15
1
  • HUANG Yaqiong(中国)
  • YU Xiaohan(中国)
2
  • 21-9
  • 21-16
0

混合ダブルス

2回戦
0
  • 14-21
  • 20-22
2
  • ZHENG Siwei(中国)
  • CHEN Qingchen(中国)

本日は各種目2回戦が行われました。まず最初に行われましたMSでは予選から勝ち上がっている坂井がデンマーク選手と対戦しました。1ゲームは35分に及ぶ大接戦となりますが6度目のゲームポイントをものにし先制すると、2ゲームは安定したプレーをみせ見事に勝利しました。

またMDでは嘉村園田ペアが前回の対戦で敗れているデンマークペアにリベンジを果たし、ベスト8入りを決めました。

WSでは日本人対決となり山口が奧原を下し明日の準々決勝に駒を進めた他、佐藤も勝利致しました。

WDでは福島廣田ペアが前日髙橋松友ペアを破り勝ちあがってきた中国ペアを80分に及ぶ長期戦の末に撃破しました。また米元田中ペアと福万與猶ペアの対戦となった試合は米元田中ペアがストレートで勝利しました。

最後に行われましたXDでは深夜1時を超えスタートするという厳しいスケジュールになりました。渡辺東野ペアは第1シードの中国ペアに果敢に挑みますが、惜しくも敗退しました。

明日は各種目準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準々決勝
2
  • 13-21
  • 21-16
  • 21-10
1
  • OUSEPH Rajiv(イングランド)

女子シングルス

準々決勝
2
  • 21-17
  • 18-21
  • 21-18
1

男子ダブルス

準々決勝
0
  • 15-21
  • 15-21
2
  • LIU Cheng(中国)
  • ZHANG Nan(中国)

女子ダブルス

準々決勝
2
  • 19-21
  • 21-14
  • 21-14
1

本日は各種目準々決勝が行われました。

最初に行われましたMDでは嘉村園田ペアが中国ペアと対戦しました。序盤から勢いある攻撃を見せますが、シャトルが遅い設定の為、思うように決定打になりません。逆に長身の相手に角度ある攻撃を見せられ惜しくも敗退しました。

続くMSでは予選から勝ち上がっている坂井がイングランドの選手と対戦しました。リーチのある相手の守備が堅くスマッシュが決まらずに1ゲームを落としますが、2ゲームから長いラリーを制しはじめリードを奪うと逆転で勝利しました。

また日本人対決となったWDでは福島廣田ペアが1ゲームを逆転で奪い先制しますが、2ゲームから守備を安定させた米元田中ペアが再逆転し勝利しプレミア大会初のベスト4まで進出しました。

WSでも日本人対決となりましたが、佐藤が山口をファイナルゲームの末に下し勝利しました。

明日は各種目準決勝が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

準決勝
2
  • 17-21
  • 28-26
  • 21-18
1
  • PRANNOY H.S.(インド)

女子シングルス

準決勝
2
  • 13-21
  • 21-18
  • 21-14
1
  • JINDAPOL Nitchaon(タイ)

女子ダブルス

準決勝
1
  • 14-21
  • 21-12
  • 11-21
2
  • CHANG Ye Na(韓国)
  • LEE So Hee(韓国)

本日は各種目準決勝が行われました。

5試合を戦い抜き準決勝まで勝ち上がった坂井は、ここまで強豪を破ってきたインド選手と対戦しました。序盤から相手のラリーについて行けず1ゲームを先制されますが、2ゲームに入ると風を利用し相手のミスを誘うプレーでリードすると、このゲームを28-26という大接戦で奪い返します。3ゲームに入り連続した攻撃でプレッシャーをかけ続けた坂井は疲れが出るものの18点で勝利し初の決勝進出を決めました。

続いて行われたWSでは佐藤がタイの選手と対戦しました。1ゲームを失うもののフィジカルゲームに持ち込み相手を疲れさせ見事に逆転勝利を収めました。

最後に行われましたWDでは米元田中ペアが韓国ペアと対戦しました。1-1で迎えたファイナルゲーム序盤で流れを掴みリードしますが、後半は運動量が落ちてしまい惜しくも敗退しました。

明日は大会最終日、各種目決勝戦が行われます。

(日本選手団代表:中西洋介)

男子シングルス

決勝
0
  • 11-21
  • 19-21
2
  • KIDAMBI Srikanth(インド)

女子シングルス

決勝
2
  • 21-13
  • 17-21
  • 21-14
1
  • SUNG Ji Hyun(韓国)

本日は各種目決勝戦が行われました。

まず最初に行われましたMSでは坂井が昨日に引き続きインド選手と対戦しました。風上からコートに入った坂井でしたが、思う様に攻撃することができずに1ゲームを落とします。2ゲームに入り積極的な球回しすることができ11-6までリードしますが、中盤からスピードを上げて前に詰めてくる相手選手のペースになってしまい惜しくも敗退し準優勝に終わりました。

続いて行われましたWSでは佐藤が同年代の韓国の選手と対戦しました。ここまで1勝12敗と大きく負け越している選手との対戦でしたが、序盤からコートを大きく使う戦法で相手の体力を消耗させると2ゲームは相手の抵抗により失いますが3ゲームは再び加速し振り切ることに成功し嬉しい初優勝となりました。

本日のこの試合をもちまして今大会の日本選手団の全日程が終了致しました。ご声援ありがとうございました。

(日本選手団代表:中西洋介)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター