公益財団法人日本バドミントン協会

結果

タイオープン2017

開催地タイ・バンコク
期間2017年5月30日~2017年6月4日

女子シングルス

予選1回戦
2
  • 21-18
  • 21-19
0
  • Zhiyi WANG(中国)
予選2回戦
2
  • 21-15
  • 21-10
0
  • Piramon CHAMNAKTAN(タイ)

本日は各種目予選と男子シングルス1回戦が行われました。

鈴木選手は予選1回戦で中国選手との対戦。1ゲーム目は前半からリードし、終盤で追い上げられますが、このゲームを奪います。2ゲーム目は前半リードするものの、相手の粘りにミスが出てしまい、中盤で逆転されますが18-18で追いつき、相手のミスからリードすると最後は攻め切り、勝利しました。

予選2回戦は地元タイ選手との対戦。1ゲーム目は序盤からリードしますが相手のキレのあるショットに対応できずに追い上げられますが、このゲームを奪います。2ゲーム目は相手のショットに対応し、相手を寄せ付けず勝利致しました。

明日は男子シングルス2回戦とその他種目の1回戦が行われます。

(日本選手団代表:松浦翔)

女子シングルス

1回戦
2
  • 21-6
  • 21-8
0
  • Febby ANGGUNI(インドネシア)
2
  • 25-23
  • 16-21
  • 21-6
1
  • Fabienne DEPREZ(ドイツ)

本日は男子シングルス2回戦とその他種目の1回戦が行われました。

女子シングルスの高橋選手はインドネシア選手との対戦。1ゲーム目の序盤から積極的に攻め込み、大量リード奪いこのゲームを取ります。2ゲーム目も効果的に攻め込み、相手を寄せ付けず勝利致しました。

鈴木選手は第8シードのドイツ選手との対戦。1ゲーム目の序盤から相手の打ち分けに対応できず、リード奪われますが、終盤で追いつき、20-20となります。お互い譲らない展開でしたが最後はラリーで相手のミスを誘いこのゲームを奪います。2ゲーム目はコントロールに苦しみこのゲームを奪われます。3ゲーム目は序盤から先に仕掛けてリードを奪い、そのまま勝利致しました。

明日は男子シングルス3回戦とその他種目の2回戦が行われました。

(日本選手団代表:松浦翔)

女子シングルス

2回戦
1
  • 22-24
  • 21-10
  • 18-21
2
  • Ratchanok INTANON(タイ)
2
  • 21-8
  • 17-21
  • 21-17
1
  • Supanida KATETHONG(タイ)

本日は男子シングルス3回戦とその他種目の2回戦が行われました。

女子シングルスの高橋選手は第1シードの地元ラチャノック選手との対戦。1ゲーム目は序盤から、お互いに1歩も譲らない展開となり、先にゲームポイントを奪いますが、相手の粘りにミスが出てしまい、このゲームを奪われます。2ゲーム目は前半から積極的に攻め込み、このゲームを奪います。3ゲーム目は相手の粘り強いラリーに10-17とリードされますが、18-19まで追いつきます。しかし、最後はミスが出てしまい、惜しくも敗退致しました。

鈴木選手は地元タイ選手との対戦。1ゲーム目は相手のミスもあり、序盤からのリードを奪いこのゲームを奪います。2ゲーム目は11-6で折り返しますが、地元タイの応援と相手の攻撃力に押されてしまい、逆転でこのゲームを奪われます。3ゲーム目は序盤からスピードを上げリード奪いそのリードを守り、勝利致しました。

明日は各種目、準々決勝が行われます。

(日本選手団代表:松浦翔)

女子シングルス

準々決勝
1
  • 15-21
  • 22-20
  • 11-21
2
  • Saina NEHWAL(インド)

本日は各種目の準々決勝が行われました。

女子シングルスの鈴木選手は第2シードのインド選手との対戦。1ゲーム目の前半は相手の力のある攻撃に対してミスが出てしまい、このゲームを奪われます。2ゲーム目は序盤から相手の攻撃を封じ込めて、お互いに1歩の譲らない展開から、最後は我慢強くラリーを繋ぎ、このゲームを奪います。3ゲームは序盤にミスが続き、徐々に相手のペースになり、追いつくことができずに敗退致しました。

本日で日本選手団のタイオープン全日程が終了致しました。

応援ありがとうございました。

(日本選手団代表:松浦翔)

日本代表オフィシャルサプライヤー


日本代表オフィシャルスポンサー


日本代表オフィシャルサポーター